エアモビリティサービス開始?!VolocopterとGrabが航空タクシー事業の可能性を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドイツのスタートアップ企業であるVolocopterが、東南アジアを中心に利用されている乗用車アプリの会社Grabと提携して、航空タクシーの実証実験を開始しました。両社は「東南アジアで航空タクシーを展開するのに、最適な都市とルートを検討する」方針で、共同飛行試験などを行い、航空タクシー事業実現の可能性を調査するとのことです。

空飛ぶタクシー、シンガポールで飛ぶ

Volocopterは2019年10月22日にシンガポールで空飛ぶタクシーの有人試験飛行に成功。同社は過去にドイツやドバイなどで実証実験を実施しているものの、都市部で有人飛行を行ったのは初めてだといいます。シンガポールの実験ではパイロットが機体を操縦したものの、将来的には自動運転による自律飛行を見込んでいます。

同社は本格的なエアタクシーを、2035年までにシンガポールに数十ほど設置し、1日あたり10,000人の乗客に対応できるようになることを目指しています

Grabとパートナーシップを結ぶ

Grabとのパートナーシップは、Volocopterが空飛ぶタクシー事業の出発点を東南アジアに見込んでいる可能性が高いことを示しています。シンガポールに本社を置くGrabは、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジアなどでも利用されています。

Grab Venturesのクリス・ヨーCEOは「このパートナーシップにより、東南アジアの通勤者に適した都市型エアモビリティソリューションの開発が可能になり、通勤者は予算や時間的制約、そのほかのニーズに応じた移動方法をシームレスに選択できる」とプレスリリースで述べています。

エアタクシーに注目が集まる

航空タクシー事業は世界中で注目されています。近年では自動車配車アプリなどを手がけるUberが2023年に航空タクシー事業を開始すると発表しました。UberはVTOLのスタートアップ企業や大手自動車メーカーを含む多くパートナーと協力しながら、サービスの実現を目指しています。

空飛ぶタクシーを共同開発!!『Uber』『ヒュンダイ』が強力タッグ

Googleを創ったラリー・ページ氏とUdacityの共同創業者であるセバスチアン・スラン氏が支援する航空ベンチャー企業のキティホークが、大手航空宇宙企業ボーイングと契約を結んだというニュースも。

キティホークは「Cora(コーラ)」という小型の電動エアモビリティを開発中で、Coraは全ての操縦をコンピューターで行い、パイロットを必要としないのだとか。実証実験は主にニュージーランドで行われており、ヘリコプターと飛行機のちょうど中間とも言える見た目です。

Coraは個人向けの販売はせず、企業の「空飛ぶタクシー」サービスや、カーシェアのような形での利用を想定しているとのことです。

編集後記

世界で注目が集まるエアタクシー事業。国内外で様々な企業が開発を進めています。エアモビリティサービスをどこよりも早く実現するのはどの企業なのか?今後の動向に注目です。

話題のエアモビリティ比較! 世界のエアモビリティを比較してみた!




2020.03.03