• カテゴリ一覧を見る

完全無料の編集ソフト「VideoProc Vlogger」をご紹介!動画編集初心者にオススメ!【PR】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

動画編集をしたいけど、編集ソフトはお金がかかる。。。と思っていませんか?

そんな方におすすめなのが「VideoProc Vlogger」。「VideoProc Vlogger」は完全無料で使える編集ソフトなので、お財布を気にせず動画編集ができます。

今回の記事ではそんな「VideoProc Vlogger」についてご紹介します。

VideoProc Vloggerの主な特長

完全無料!初心者でも扱いやすい動画編集ソフト「VideoProc Vlogger」

製品と無償テクニカルサポートが永久無料。基本的な編集はもちろんのこと、高度な編集も可能です。

直感的なUIなので、初心者でも簡単に編集できます。

多彩な機能搭載

動画の分割、字幕の追加、豊富なトランジションとエフェクトで自分好みに動画編集ができます。

ピクチャーインピクチャー(PIP)

ピクチャーインピクチャー機能搭載。動画の中に動画を配置することができます。画像やGIFも貼り付けることも可能。

クロマキー合成

クロマキー合成(グリーンバック)が使用可能。「人物」と「背景」を別にして動画を合成することもできます。

レンズ補正

魚眼レンズや超広角レンズなどで撮影した映像の歪みを綺麗に補正することができます。

4K動画の編集も可能

4K/60fps対応。また、3D/360度動画も編集可能と無料にも関わらず非常にハイスペックです。

実際に使ってみました!

まずはVideoProc Vloggerをダウンロード

VideoProc Vloggerの公式サイトよりダウンロードできます。

ダウンロードするだけで、特に難しい設定などを行う必要はありませんでした。

プロジェクトの作成

一般的な編集ソフトと同様、プロジェクトを作成することで編集ファイルを作成することができます。

メディアファイルの読み込み

左上にメディアファイルを読み込む項目があるので、そこに動画素材をドロップするとデータがアップロードされます。

動画素材をカット

読み込んだ動画素材をタイムラインに反映しました。タイムラインの上にある「ハサミマーク」のボタンを押すとカットツールを使用することができます。

カットしたい箇所は上記画像のように選択できます。選択した箇所は移動や削除が可能。

エフェクト

エフェクトは約60種類あります。動画内容に合ったエフェクトが選べますね。

エフェクトのグリッチを使ってみました。簡単にドラマチックな動画に編集できますね。

エフェクトだけではなく、トランジションも多数用意されていますので、自分の好みに合わせた編集が可能。

その他の機能

このようにクロップもできます。アスペクト比も幅広く選択可能。

カラーフィルターや再生速度をはじめ、逆再生やレンズ補正など無料にも関わらず多彩な機能が搭載されている点がポイント。

動画を作ってみました!

*音声ありで視聴をおすすめします

エフェクトやトランジションなど様々な機能を使って動画を制作してみました。他の編集ソフトでは作成に時間がかかってしまう内容でも比較的簡単に編集することができました。

編集後記

有料の編集ソフトに遜色ない機能が搭載されているので、プロはもちろんのこと初心者でも簡単に映像編集ができます。

VlogやYoutubeなど様々な動画で役立つこと間違いなしです。

ぜひ一度は使ってみてください!

VideoProc Vlogger 公式サイト

動作環境

動作環境 推奨
CPU 2GHz Intel®或いはAMD® Intel i5またはそれ以降、
2GHz またはそれ以上
OS Windows:Windows 7/Windows 8.1/Windows 10(64bit)またはそれ以降
Mac:Mac OS X 10.11またはそれ以降
メモリ(RAM) 1GB RAM 2GBまたはそれ以降
4GB(HDメディアの場合)
8GB(4K 8Kメディアの場合)
GPU 512MB GPU VRAM 2 GB GPU VRAM(HD 4Kまたはそれ以上)
必要ディスク容量 インストールのため、最低600MBのHDD空き容量が必要 HDまたは4K 8K動画を編集する場合、SSD-ソリッド・ステート・ドライブ
インターネット接続 ソフトウェアの登録やログファイルの送信には、インターネット接続が必要です。

 

無料/格安:商用利用可能なストック動画のダウンロードサイト7選 #映像制作

 

 




2022.04.19