ドローンを活用したトンネル検査を東京メトロが開始!操縦士も順次育成。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)は、東京大学大学院情報環境ユビキタス情報社会基盤研究センターの協力のもと、非GPS環境下でのトンネル検査におけるドローンの運用を2020年2月6日から半蔵門線で開始しました。

ドローンの運用を開始するとともに、本郷飛行機株式会社と共同で自律飛行型ドローンの開発に着手します。

トンネル検査にドローンを導入

トンネルの維持管理は、検査・計画・補修を基本サイクルとし、必要に応じて補強等の大規模修繕を行います。

東京メトロは従来、トンネル内において構造物の状態を確認する検査を目視で行なっていましたが、今後はその検査の一部にドローンを活用していきます。ドローンを運用することにより、高い場所での構造物を従来の目視より効果的に確認できるほか、ドローンによる検査データの蓄積等により質の高いトンネル検査が可能になります。

今回、ドローンを活用する場所は非GPS環境下かつ複雑な構造の地下鉄トンネル内であることから、自社でパイロットを育成し、共同制作したドローンを東京メトロ社員が自ら操縦します。

自律飛行型ドローンの開発

この検査で活用する自律飛行型ドローンの開発については、画像認識技術やAI技術を活用。GPS電波の届かない地下空間において、操縦者を必要としないドローンを飛行させることを目指しています。

一般に発売されているドローンは屋外をラジコンで飛行するものが多い中、本郷飛行機が開発を進めるドローンは自動飛行の技術開発を中心に行なっています。機体の最適な部品設計から運用システムまで幅広い技術開発領域に精通しており、トータルソリューションとしての開発が可能です。

東京メトロはドローンの共同開発と並行して鉄道施設の点検検査の更なる効率化や巡回警備などへの適用について検討しているとのことです。将来的にはドローンを飛ばすだけでなく、そこで取得されたデータを処理し、業務に組み込むまでの研究開発の取り組みを進めていくとのことです。

実証実験で得られた結果

今回のデモンストレーションでは、人では検査が困難な場所にもドローンが進み、天井に貼られた写真を鮮明にモニターへ映し出していました。従来であれば人がはしごを登り確認していた場所でも、ドローンであれば検査対象物に接近し、多角的に対象物を確認することを容易に行うことができ、作業を省力化することができます。

天井付近の通風孔へドローンはスムーズに入っていき、高画質な撮影を行いました。ライトをドローンに取り付けることで、暗い場所での撮影も可能に。コントローラーから発せられる電波は1000m離れても通信可能な仕様で、自由自在に動けるドローンであれば、通風孔のような狭くて複雑な場所でも検査をすることが可能だといいます。

ドローンを使用すれば、足場の悪い線路上で検査をする作業員の負担も軽減することができ、操縦さえマスターすれば自由自在に点検することが可能になります。東京メトロはパイロットの育成にも力を入れていく方針で、現在5名の社員を育成しドローン操縦士として認定。順次、全路線のトンネル検査にドローンを導入するとともに、2020年度以降、操縦士を増やしていくとのことです。

ドローンレースから基礎知識まで。効率的に学べるオンライン講座が販売開始




2020.02.27