「東京ゲームショウ 2021 オンライン」!BenQブースにお邪魔しました!【PR】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今年も開催されている「東京ゲームショウ」。コロナの影響により、オンラインでの開催となっています。

プレスやインフルエンサーを対象にオフラインで開催されているブースがあり、BenQ様にご招待いただいたので9月30日に「東京ゲームショウ 2021 オンライン」に参加してきました。

本記事では、BenQ様のブースをレポートしていきます。ブースの様子や製品に関するインタビューも行いましたので、参考になれば幸いです。

もくじ

「東京ゲームショウ 2021 オンライン」とは

出典:TOKYO GAME SHOW 2021 – 東京ゲームショウ2021

東京ゲームショウは、家庭用ゲーム機、スマートフォン、PCなどさまざまなプラットフォームに向けた新作タイトルや、幅広いゲーム関連情報を発信するイベントです。

今年は「それでも、僕らにはゲームがある」をテーマに開催。
「東京ゲームショウ2021 オンライン(略称:TGS2021 ONLINE)」と題して、ゲーム関連情報の発信や公式番組(主催者番組/公式出展社番組)の配信、Amazon特設会場にてゲーム関連商品やグッズ販売などを実施します。

さらに、体験版を無料ダウンロードして遊べる「体験版無料トライアル」や、仮想空間で東京ゲームショウを体感できる「TGSVR2021」、オンラインコンサート「TOKYO GAME MUSIC FES」など、今回が初となる企画も数多く実施予定です。

またプレスやインフルエンサーを対象に、取材や実際に新作ゲームが試遊できるオフライン会場(リアル会場)もあります。

ゲームファン向けに、実際の会場を疑似体験できるオンライン体験ツアー(参加料は有料)も行われる予定です。

ゲームが持つ魅力をオフライン・オンラインを通して発信される本イベント。

生活様式の変化や制限がある中で、ゲームだからこそ実現できることとは何なのか。
新たな形で開催される東京ゲームショウに期待が高まります。

開催期間:2021年9月30日(木)~10月3日(日)

名称:東京ゲームショウ2021オンライン
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:株式会社日経BP 株式会社電通
後援:経済産業省(予定)
参加企業数:200社(予定)
参加料:無料(一部除く)

 

BenQとは?

BenQ Corporationは1984年に設立。「Bringing Enjoyment and Quality to Life」をビジョンに掲げ、生活に楽しさやクオリティを届けるべく、最新のテクノロジーとライフスタイルを結びつける製品を数多く生み出しています。

現在は、ライフスタイル、ビジネス、ヘルスケア、教育の4つの事業領域を軸に、生活の価値を高めるアイテムやサービスを提供しています。

「東京ゲームショウ 2021 オンライン」では、ゲーム生配信や視聴者参加型企画、プレゼントキャンペーンをはじめ、幅広いプレイヤーに最高のゲーム体験を届ける製品群を展示する予定です。

BenQの出展内容

BenQの出展ブランドは以下のとおり

  • ゲームの勝敗にこだわるユーザー向けのゲーミングブランド「ZOWIE」
  • 高品質なゲーム体験を楽しみたいユーザー向けのゲーミングモニターブランド「MOBIUZ」
  • 日本初の4Kゲーミングプロジェクター「TK700STi」

また、「東京ゲームショウ 2021 オンライン」の期間中は、ゲーム生配信や視聴者参加型企画、プレゼントキャンペーンも実施しています。
企画の詳細は下記公式サイトをチェック。

■BenQ
http://benq.jp/tgs2021/

BenQブースにお邪魔します!

「東京ゲームショウ 2021 オンライン」に到着し、早速、BenQ様のブースにお邪魔しました。

黒を基調した高級感のあるブースでした。ゲーミングモニターやゲーミングプロジェクターなどゲーム好きにはたまらない製品が展示されていました。

ここからは各製品の担当者に行ったインタビュー内容をご紹介します

ZOWIEシリーズ インタビュー  |  ZOWIEシリーズであれば、勝ち負けにこだわるゲームプレイヤーに最高級のパフォーマンスを提供できる!?

ZOWIEシリーズとは

ZOWIEは、プレイヤーのパフォーマンスと楽しさを真に高める、最上級のプロ向けゲーミング製品を展開するBenQのゲーミングブランドです。2008年の設立以来、プロプレイヤーと密接に協力し、競争力の高いゲーミング製品の開発に専心してきました。試合に参戦するプレイヤーが最高の結果を達成するために、プレイヤー個人の好みに合わせたさまざまな製品を開発し、e-Sportsを愛するプレイヤーのパフォーマンスの改善を図っています。

引用元:BenQ

出展商品は以下のとおりです。

・XL2546K
https://zowie.benq.com/ja/product/monitor/xl-k/xl2546k.html

・XL2411K
https://zowie.benq.com/ja/product/monitor/xl-k/xl2411k.html

・XL2731K
https://zowie.benq.com/ja/product/monitor/xl-k/xl2731k.html

・XL2746K
https://zowie.benq.com/ja/product/monitor/xl-k/xl2746k.html

・EC3-C
https://zowie.benq.com/ja/product/mouse/ec/ec3-c.html

ECシリーズインタビュー

インタビューをするのはZOWIEシリーズ担当の柴さんです。

-EC シリーズマウスの小型モデル「EC3-C」の特長は?

ECシリーズは人間光学に基づいた右利き設計のマウスです。

指先でマウスを操作しやすく、かぶせ持ちに最適な軽量化マウスとなっていて、「EC3-C」においては、ちょうど10年の節目を迎えるZOWIEシリーズの一つとして最高級のパフォーマンスを提供しています。

「EC3-C」はケーブルの部分が編み込みになっていることが特長。ケーブルの上向きを維持する設計により、摩擦係数を減らすことができ、持続的にマウスをスムーズに動かすことが可能。

-どのようなゲームにおすすめしたい商品ですか?

縦軸の動きがしやすい設計のため、‎ヘッドショットのような細かなエイミングが必要とされるApex Legendsなどにおすすめです。

-今後ワイヤレスは発売する予定はあるのか?

ワイヤレス製品が市場にでていることは十分に理解しておりますが、ZOWIEはゲームプレイヤーにとって最高級のパフォーマンスを提供することをモットーとしておりますことから、特にプロユースとして、大会でのサポート役として重要なデバイスとなるマウスにおいて、バッテリーの問題や接続性の問題は確実に避けなければなりません。

そのような理由から、現状は有線のみを展開させていただいています。

XL-K シリーズインタビュー

引き続き、担当の柴さんにインタビューします。

-XL-K シリーズの特長は?

実は私自身も15年前からゲームプレイヤーとしての経験を持ってはいるのですが、その当初から、そしてZOWIEシリーズの担当となった今でもZOWIEシリーズ製品を継続していることは先ほどご案内したZOWIEのモットーにあると考えています。

液晶モニターにおいては、「DyAc⁺」が大きな特長となっていて、わかりやすく言えば、「目の錯覚」をリセット効果をもたらします。

人間の目は速い映像を追うのが難しく、ゲームプレイ中は敵の残像が残ってしまうことがあります。そこで、LEDバックライト点灯を適切に調節することで、映像がはっきり見えるようになります。

敵との迎撃戦などでの見え方が全然違います。

銃が跳ね上がってしまうのを制御する「リコイルコントロール」など画面が揺れる際に便利です。

次に最新版のKシリーズのモデル限定にはなりますが、コンパクトな台座が特長。

コンパクトな台座にすることにより、キーボードの置き場所を柔軟に変更できます。キーボードの置き方は人それぞれ異なると思うのですが、好みに応じて調整できるのが魅力。

次の特長は、「XL Setting to Share」。最近はYoutubeなどでプロゲーマーやインフルエンサーさんが「使っている」機能。

ゲームの設定を抽出することができ、プロゲーマーやインフルエンサーさんと同じ設定をしたい視聴者やファンにSNSやドライブで簡単に配布できます。

これはZOWIE独自の機能ということもあって、非常に高い評価を得ております。

-XL-K シリーズの課題は?

ZOWIEは常に集大成。常に自分たちのベストを尽くして商品を開発するのが私たちの理念です。今できる最高のモノを常に提供しているのがZOWIEなのです。

-e-sports業界では、今後どのよう製品がトレンドになっていきそうでしょうか?

今私たちが展開している製品がベストなパフォーマンスを提供しているものだと理解していると同時に、製品にあたっては、単にスペック的なもので選択するだけではなく、より緻密にゲーマー向けに考えられた設計が選択されていくのだと思います。

MOBIUZシリーズ インタビュー  |  圧倒的なゲームの没入感が楽しめます

MOBIUZシリーズとは?

「MOBIUZ」は、無限に続くメビウスリングから由来された「ゲームの世界に没入する」の意味持ち、BenQ独自の技術である高画質「HDRi」と高音質「treVoloオーディオシステム」を搭載した製品を展開しています。BenQがこれまで培った技術力をもとに、幅広いプレイヤーへ視覚や音響の両方で「極上のゲーム体験を実現する」をコンセプトとしたゲーミングモニターブランドです。

引用元:BenQ

出展商品は以下のとおりです。

・EX2510S
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex2510s.html

・EX2710S
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex2710s.html

・EX2710Q
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex2710q.html

・EX2710R
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex2710r.html

・EX3210R
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex3210r.html

・EX3415R
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex3415r.html

ECシリーズインタビュー

インタビューをするのはMOBIUZシリーズ担当の北川さんです。

-MOBIUZシリーズの特長は?

MOBIUZシリーズは、ゲームを気軽に楽しむライトプレイヤーからミドルプレイヤーをターゲットにしています。
ゲームの世界に没入しやすい作りになっているのが特長です。
ゲーム機の進化に合わせて、画質や音質をアップデートしました。

例えば、スピーカーの搭載位置です。
前側と後ろ側の2か所に設置してあることで、ゲームの世界に入り込んだような感覚を味わえます。

幅広いジャンルのゲームタイトルでお使いいただけると思います。

-BenQ独自のHDRi技術の説明をお願いします

BenQ独自のHDRi技術の特徴は「輝度自動調整ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)」と呼ばれる技術が組み合わさっていることです。HDRiの画質を維持しながら、周囲の照明環境に合わせて画面の明るさを自動で調節します。

 

本モニターのHDRi機能では3種類のモード切替ができます。

・ディスプレイ
ディスプレイHDRが最もノーマルな状態です。

・ゲーム
ゲームHDRiでは、黒い部分の視認性を高めるためにコントラストをはっきり出すようにしています。

・シネマ
シネマHDRiは、オープンワールド系やRPG系のゲームプレイに特化しておりカラーコントラストがしっかり出されるよう調整されています。色の魅力が最大限に引き出されることで、コンテンツをより楽しみやすくなっているはずです。

▼参考
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex2710.html

-「treVolo オーディオシステム」の説明をお願いします

treVoloスピーカーは、もともと海外の一部の地域で展開されているモデルでした。
treVoloオーディオシステムは、treVoloスピーカーの技術を参考に開発しています。

今までモニターにスピーカーを設置する際、十分なスペースが確保できないため高音質な設計にするのが困難でした。

しかしtreVoloオーディオシステムでは、優れた品質のHi-FIサウンドを生成する大きな表面積を持つ長いコーンを採用、これにより音をしっかり響かせることができるようになり、低音から高音までクリアに出せるようになっています。

従来はかき消されていた音もしっかり拾って表現できるようになったことで、ゲームへの没入感もより高められたはずです。

-MOBIUZシリーズの各製品ごとのターゲットユーザーやプレイにおすすめのゲームは?

FPSはもちろんのこと、オープンワールドやRPGもおすすめです。
音質やグラフィックを重視したいゲームタイトルは特に適していると思います。

オールインワンな対応力を兼ね備えているため、幅広い方が満足してご利用いただけるのではないでしょうか。

ちなみにフラットタイプのモニターは、FPS。湾曲しているモニターにはオープンワールドなゲームプレイを推奨しています。

またEX3415Rなど画面が大きいサイズモデルはレーシングゲーム。
EX3415Rはゲーム画面と別のウィンドウの二分割できるため、ゲーム実況などにも便利です。

▼参考
https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex3415r.html

-9月にデザインを一新されましたがどのような経緯で変更したのか

モニター周りのデザインを変更したのは、ゲームの没入感を追求するためです。
ゲーム部屋にはネオンライトなどスタイリッシュな形や色味のものがマッチします。パフォーマンス・見た目ともにゲーム世界に近づけるようこだわりました。

TK700STi インタビュー  |  オールインワンモデルの4Kゲーミングプロジェクター

TK700STiとは?

日本初の4KUHD解像度ゲーミングプロジェクター「TK700STi」は、細部まで鮮明に映し出し迫力あるゲームプレイをお楽しみいただけます。FPS、SPG、RPGという3つのゲームモードを搭載し、各ゲームジャンルにおける適切なビジュアルおよびオーディオ、応答速度に対応しています。

引用元:BenQ

・TK700STi
https://www.benq.com/ja-jp/projector/home-entertainment/tk700sti.html

インタビュー

インタビューをするのは担当の横山さんです。

-TK700STiの特長は?

特長としては、4K解像度の美しい映像で、ラグのないゲームプレイがお楽しみいただける、日本初、業界初のゲーミングに特化した4Kプロジェクターということです。一番の特長は、低入力遅延で、4K 60Hzで16ms、フルHDでは240Hz、4msの低入力遅延を実現しているところです。

また、「FPS」・「SPG」・「RPG」というBenQ独自の3つのゲームモードが搭載されています。

・FPSモード
暗所がはっきり見える

・SPGモード
肌の色やチームカラーがくっきり見える

・RPGモード
正確な色とグラデーションで圧倒的な映像美を実現

スピーカーが搭載されているオールインワンモデルとしても楽しめます。

さらにAndroid TVも搭載しているのでAmzon PrimeやYoutube等、プロジェクター単体でワンクリックでお楽しみ頂けます。

3000ルーメンの高輝度のため、日中のあかるい部屋でもゲーム、動画やアニメ等大画面でお楽しみ頂けます。

あと、3D台形補正も搭載されているので、投写が傾いてしまう場所でも補正できるのがポイントです。

-TK700STiでプレイするのにおすすめのゲーム機やゲームソフトは。

グラフィックの美しいRPGやパーティーゲーム、友達とわいわい楽しむスポーツゲームなどがおすすめ。

また、ドローンのフライトシュミレーターなどにもぴったりです。

【関連記事】

エンターテイメントが楽しめるプロジェクターの決定版!BenQ「TK700STi」の魅了を徹底レビュー【PR】

実施中のキャンペーン

家電のレンタルサービス「レンティオ(Rentio)」( https://www.rentio.co.jp/ )にて、日本初の 4K ゲーミングプロジェクター「TK700STi」を 2,500 円でレンタルできるキャンペーンを、「東京ゲームショウ 2021 オンライン(TGS2021)」の開催に合わせて期間限定、数量限定にて開催。

レンタル価格は今年で25周年を迎える東京ゲームショーにちなんで2500円(3泊4日)。
*通常レンタル料金16,000 円(7 泊 8 日)

開催期間中に「TGS2021」の BenQ ブースへご来場いただいた出演ゲストの方の SNS やストリーミング、メディアのブースレポート記事、SNS などから発信される特別クーポンコードを入手し、決済前画面で入力していただくと、特別価格でレンタルが可能になります。

その特別クーポンコードはこちらです↓
tgs2021benq-rentio

■キャンペーン期間
TGS2021開催期間の2021 年 9 月 30 日(木) ~ 10 月 3 日(日)のレンタルご注文完了分まで

■機種
「TK700STi」 3 泊 4 日レンタル料金 2,500 円(税/送料込)  ※通常7 泊 8 日 16,000 円(税/送料込)

・レンティオ TK700STi レンタルページ
https://www.rentio.jp/products/tk700sti

・TK700STi 公式製品ページ
https://www.benq.com/ja-jp/projector/home-entertainment/tk700sti.html

※数量限定のキャンペーンにつき、対象台数に達した場合やその他状況によっては、期間中にキャンペーンを終了させていただく可能性がございます

©2002-2021 CESA/Nikkei Business Publications, Inc.

投写角度が自由自在!ミニシアターにおすすめのモバイルプロジェクター BenQ「GV30」【PR】

 

 

 




2021.10.02