ソニー、ドローンプロジェクト「Airpeak」開始!2021年春の事業開始を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ソニー株式会社が、AIロボティクス領域におけるドローンの新たなプロジェクトを開始しました。

ソニーは自社の持つイメージング&センシング技術や、リアリティ、リアルタイム、リモートの「3Rテクノロジー」を活用した、新たなブランド「Airpeak(エアピーク)」を定め、2021年春の事業開始を目指しています。

ドローンの更なる発展に貢献する

昨今のドローンの普及はこれまでの手法では見ることのできなかった映像を私たちに届け、産業分野の業務効率化などに貢献しています。ソニーはドローンの更なる発展や最高峰の価値創出に貢献するという志を新ブランドに込めたといいます。

ソニーの新ブランド「Airpeak(エアピーク)」は「映像クリエイターの創造力を支援し、エンタテインメントの更なる発展に加え、各種産業においても一層の効率化や省力化に寄与することを目指す」とのこと。これまでドローンの活用が困難だった環境においても最高水準の安全性と信頼性を保ちながら安心してドローンを利用できるようなプロジェクトを推進していくとしています。

今後はプロジェクトの最新情報を継続的に発信するとともにAirpeakを体験できる機会や、ドローンユーザーからのフィードバックを得る共創活動を重ね、2021年春の事業開始に向けて準備を進めています。近日中には、この活動に参画するプロフェッショナルサポーターの募集開始を予定しています。

今後も「Airpeak」の最新動向をお知らせしていきます。




2020.11.20