【2021年版】スマートウォッチ購入ガイド決定版!最新おすすめ7選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマートウォッチで毎日の生活がより便利に

時計タイプのウェアラブル端末であるスマートウォッチ。普段使いはもちろん、ビジネスシーンやスポーツシーンで役に立つ、便利な機能を多数搭載しています。近年、スマートウォッチは各メーカーから様々なモデルが登場。数千円で購入できるものや、老舗時計メーカーが細部までこだわった高級モデルも登場しています。

決済機能や心拍モニター、活動量計などご自身のニーズに合わせた機能を搭載しているモデルを選びましょう。日々の生活をよりスマートに過ごすことができる最新ガジェット。今回の記事では、2021年おすすめの最新モデルをご紹介します。

<おすすめ記事>

・活動量計購入ガイド決定版!最新おすすめ5選

スマートウォッチを選ぶポイント5つ

OSを確認する

スマートウォッチ

スマートウォッチをご自身のスマホと連携して使用するには、スマホが搭載しているOSに合わせてスマートウォッチを選ぶ必要があります

OSの種類によっては連携ができなかったり、一部の機能が使えない場合もあるので購入の際は注意が必要です。

スマホに搭載されているOSは大きく分けてiOSとAndroidの2種類があります。iOSはAppleのiPhoneに搭載されており、AndroidはiPhone以外のスマホに広く採用されているOSです。

OS独自のOS通知機能電話着信などを搭載している製品もあります。iOSもAndroidもバージョンによっては連携できない場合もあるので、都度ご自身のスマホに対応しているかOSのチェックが必要です。

ちなみに、Apple社のスマートウォッチであるApple Watchは「Watch OS」を搭載。これはiPhoneと連携させるためにAppleが独自開発したウェアラブルOSのため、Apple Watchを使用するにはiPhoneが必要です。

デザインで選ぶ

スマートウォッチ

スマートウォッチは常に腕につけておくもの。通常の腕時計のように、デザイン面でもこだわりたいですよね。

メーカーによってそのデザインは様々で、リストバンド型のものや、先進的でロボティクスなデザインなもの、通常の腕時計のような上品なデザインまで多種多様!

バンド交換ができる製品もあるので、ご自身のファッションに合う、お気に入りの一台を選びましょう。

ニーズに合っている機能を搭載しているかチェックする

スマートウォッチ

スマートウォッチを主にスポーツや健康管理目的で活用したい方は、歩数計機能や活動量計、心拍数や血圧を測定してくれる心拍モニター搭載のものを選ぶと良いでしょうランニングなどを日常的にされる方は加速度センサーや消費カロリーなどを表示できるものを選ぶと、日々のワークアウトに活用できます。

アウトドアでも活用したい方は防水や防塵に優れたものがおすすめいざという時に活用できるようなLEDライト機能なども搭載されていると様々な場面で活用できそうです。

日々の生活をスマートに過ごすために使用されたい方は、電子決済機能やSuica機能が搭載されているものを選びましょうスマホや財布を取り出す必要がなく、腕時計のみでお出かけやお買い物できるのは想像以上に快適です!

これらの機能の他、発汗計測機能付きのスマートウォッチなども登場しています。発汗計測機能は、これからの季節によく引き起こされる「熱中症」の予防にも一役買ってくれます。

お子様から高齢の方まで、スマートウォッチは健康管理の必須アイテムともいえるでしょう。

充電方法を確認

スマートウォッチ

スマートウォッチは主に「ケーブル充電タイプ」、「ボタン電池タイプ」、「ソーラータイプ」の3種類あります。

ケーブル充電タイプ

「ケーブル充電タイプ」には本体USB、マグネットタイプ、挟み込みタイプの3種類あります。

・本体USBタイプはスマートウォッチ本体にUSBポートが内蔵されおり、USBアダプターを直接差し込む形式です。

・マグネットタイプは磁石タイプの充電器をスマートウォッチに装着することにより充電が可能です。

・挟み込みタイプは、USBアダプターに差し込んだ充電器とスマートウォッチ本体を挟むことにより充電ができます。

ボタン電池タイプ

充電の必要がなく、数ヶ月〜数年使用できます。電池が無くなったら、メーカーや時計店などで交換が可能。

ソーラータイプ

ボタン電池同様に充電の必要ありません。太陽光や自然灯りで充電が可能なため、充電をしながら使用することが可能。

防水性を確認

スポーツで使用するスマートウォッチは、汗や雨などをしっかりカバーできる防水機能の高いモノを選びましょう。防水機能は「防水機能IPX4」などと表記されています。数字が防水機能の高さを表記しており、「防水機能IPX4」以上のものを選ぶと良いでしょう。

水泳など水中で使用する際はIPX7以上を選びましょう。

2021最新版スマートウォッチ おすすめ7選

Xiaomi Mi Band 5

 

主なスペック
■計測可能なデータ
睡眠、心拍数、消費カロリー、生理周期予測、ストレス、血圧、歩数
■バッテリー駆動時間

14日以上
■防水性能
シャワーや水泳で使用可能

■主な機能
圧力評価、呼吸トレーニング、PAIインデックス、リモートシャッター制御、11種類のスポーツモード、スマートフォンを探す

 

Xiaomiが発売したコスパ最強のモデル。低価格にも関わらず、様々な機能が搭載されています。

サイクリングやスイミングをはじめ、エクササイズやヨガなど11種類のスポーツで心拍数やカロリー消費量の計測が可能。健康管理やダイエットなど目的に合わせた使い方ができます。

どれを買っていいか悩む時はこちらのモデルがおすすめです。

<対応OS>

【Android】Android5.0以降、【iOS】iOS 10.0以降

Xiaomi Mi Smart Band 6

 

主なスペック
■計測可能なデータ
睡眠、心拍数、消費カロリー、生理周期予測、ストレス、血圧、歩数、血中酸素飽和濃度計測機能
■バッテリー駆動時間

最大14日
■防水性能
50メートルの耐水性能(水泳などで使用可能)
■主な機能
圧力評価、呼吸トレーニング、PAIインデックス、リモートシャッター制御、30種類のスポーツモード、スマートフォンを探す、GPS、Amazon Alexa

 

XiaomiのMi Bandシリーズの最新モデル。「GPS搭載」や「血中酸素飽和濃度計測機能」をはじめ、「Amazon Alexa対応」などがMi Band 5との主な違いです。

また、ディスプレイの画面が約50%大きくなり、有機ELが採用されているため、操作性や視認性も向上しています。

<対応OS>

【Android】Android5.0以降、【iOS】iOS 10.0以降

【Apple】Apple Watch Series 6 GPSモデル

 

主なスペック
■計測可能なデータ
睡眠、心拍数、消費カロリー、血中酸素濃度、ストレス、歩数
■バッテリー駆動時間

最大18時間
■防水性能
50メートルの耐水性能(水泳などで使用可能)
■主な機能
GPS、ワークアウトアプリ、アクティビティリング、ファミリー共有設定

 

iOSと最良のシナジーがあるのは、やはりApple Watch で間違いないでしょう

第5世代から変わった点がいくつかあります。ヘルスケア機能として、「血中酸素飽和度センサー」と「高心拍数と低心拍数の通知」が追加。また、1台のiPhoneで複数のApple Watchを利用可能な「ファミリー共有設定」や「常時表示Retinaディスプレイ」が搭載。

他にも「1.5時間以内にフル充電可能」と大幅に進化しました。

iPhoneユーザーにおすすめのモデルです。

<対応OS>

iOS 14以降を搭載したiPhone 6s

Apple Music

GARMIN(ガーミン) Venu Sq

 

主なスペック
■計測可能なデータ
睡眠、心拍数、消費カロリー、整理周期、ストレス、体のエネルギー、歩数
■バッテリー駆動時間
最大6日間
■防水性能
50メートルの耐水性能(水泳などで使用可能)
■主な機能
GPS、SUICA決済、水分補給トラッキング、20種類以上のスポーツモード、セーフティ

 

SUICA決済が可能なスマートウォッチです。通勤や通学で使用したい方におすすめのモデル。

SUICA決済以外にも様々な機能が搭載されています。歩数や心拍数をもとに体のエネルギー残量などを可視化することが可能。また、自分のストレスレベルを計測することもできます。

<対応OS>

【Android】Android6.0以降、【iOS】iOS 12.0以降

Apple Watch SE(GPSモデル) 44mm

 

主なスペック
■計測可能なデータ
睡眠、心拍数、消費カロリー、ストレス、歩数
■バッテリー駆動時間
最大18時間
■防水性能
50メートルの耐水性能(水泳などで使用可能)
■主な機能
GPS、ワークアウトアプリ、アクティビティリング、ファミリー共有設定

 

Apple Watch初心者におすすめのモデルです。

Apple Watch Series 6との違いは、血中酸素飽和度センサーの非搭載やRetinaディスプレイが常時表示されないなどです。

基本的な性能はApple Watch Series 6に劣りません。

<対応OS>

iOS 14以降を搭載したiPhone 6s

Apple Music

HUAWEI HONOR GS Pro スマートウォッチ  KAN-B19

 

主なスペック
■計測可能なデータ
睡眠、心拍数、消費カロリー、血中酸素濃度、立ち上がり回数、歩数、ストレス
■バッテリー駆動時間
最大25日間
■防水性能
50メートルの耐水性能(水泳などで使用可能)
■主な機能
GPS、100種類以上のワークアウトモード、ジャイロスコープ、地磁気、気圧センサー、スピーカーとマイク内臓

 

スピーカーとマイクが内蔵されているため、電話通話や音楽再生が可能なHUAWEIのスマートウォッチ。

耐温湿度や耐高度をはじめ、塩水噴霧や防砂などに対応など耐久性に優れており、最長25日間使用可能なので、アウトドアなどにおすすめのモデル。

天気予報はもちろんのこと、気圧や月と潮の満ち欠けなども分かるなど非常に高性能です。

<対応OS>

【Android】Android4.4以降、【iOS】iOS 9.0以降

Amazfit GTS

 

主なスペック
■計測可能なデータ
睡眠、心拍数、消費カロリー、歩数
■バッテリー駆動時間
約2週間
■防水性能
50メートルの耐水性能(水泳などで使用可能)
■主な機能
GPS、12種類の運動モード、スマホ探し、健康管理システムPAI

 

機能性とデザイン性兼ね備えたスマートウォッチです。

秒針タイプやデジタルタイプをはじめ、アニメーションタイプなど100種類の文字盤が搭載。文字盤は自由にカスタマイズ可能なので、自分の好みやファッションに合わせて調整することができます。

<対応OS>

【Android】Android5.0以降、【iOS】iOS 10.0以降

編集後記

スマートウォッチを日々の生活に取り入れると、想像以上に毎日を快適に過ごすことができます。スポーツを定期的に行う方は、健康や体型管理に一役買ってくれること間違いなし!この記事が、お気に入りも一台を見つけるキッカケになれば幸いです。

 

 





2021.07.15