格安スマホはとは??選び方のポイントとおすすめスマホ端末5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


格安スマホとは?

大手通信会社が販売しているスマートフォンと比べて、端末の価格が安いスマートフォンを一般的に『格安スマホ』と言います。「格安SIM」を使用したり、シンプルな機能設定などで、大手携帯電話会社と比較すると月額料金を大幅に抑えることができるのが魅力です。

格安スマホがおすすめな理由3つ

とにかく利用料金を安く抑えられる

大手携帯電話会社と比較すると月額料金をグッと安く抑えることができます。大手キャリアと比較するとその費用はおよそ半額以下になると言われています。自分が必要なデータ容量のみで良いので、無駄なお金を払わずに費用を抑えてスマホを使用できます。

余分な費用を払わなくても良い

大手会社と比較すると、格安スマホは自分の使用頻度やスタイルに合わせて料金プランを細かく選ぶことができますWi-Fiに接続している時間が長かったり、毎月データ通信量を使いきれない方は格安スマホに変更することで毎月の料金を大幅に下げることができます。

2台目に格安スマホは最適

格安スマホはインターネットに接続できる「データSIM」があり、こちらは電話番号が持てないぶん格安スマホの中でも更に料金を抑えて使用することができます。通話とデータ通信ができ、電話番号を持てるのは「音声通話SIM」といいます。

メインのスマホの他に2台目を検討されている方は格安スマホを使用し、自分のスタイルに合わせた料金プランを設定すれば月額料金をグッと抑えることができます。

格安スマホを選ぶときのポイント5つ

端末の機能で選ぶ

コスパの高い格安スマホは海外製のものも多く、パスモやSuicaの機能、お財布ケータイなどの日本でよく使用されている機能をを搭載していないことも多々あります。格安スマホを選ぶ際は、搭載されている機能をよく見ましょう。

データ量で選ぶ

格安スマホは使用するデータ量に合わせてプランを選ぶことができます。一般的に使用できるデーや量が多くなればなるほど料金も高くなるので、ご自身の必要なデータ量を見極めて利用しましょう。

通信速度で選ぶ

格安スマホの通信速度は大きく分けて高速と低速の2種類あります。低速でもだいたい200kbps前後の速度なので、普通にWebサイトを見たりLINEやSNSを使用するなどの使い方をされる場合は気にならないでしょう。

デザインで選ぶ

格安スマホは様々なメーカーから出ているためそのデザインも豊富。色々なメーカーと比較してご自身のお好みのカラーやサイズ感のものを選びましょう。

オプションプランで選ぶ

格安スマホが安い理由はご自身のニーズに合わせて必要なデータ量、容量、オプションを選ぶことが出来るからです。大手キャリアのように細かいサポートが付いていないぶん、ご自身で適切な有料オプションを選ぶことが重要です。

格安スマホおすすめ端末5選

Xiaomi Redmi Note9S

格安スマホの中でも特に「コスパが良い」と評判の端末です。その人気の秘密は、大迫力の特大ディスプレイと、長持ちする5020mAhの大容量バッテリー。充電切れの心配がなく、旅行中や通勤中に、大画面で映像やゲームを楽しむことができます。

4800万画素イメージセンサーを備えており、広角カメラも搭載。広い視野で美しい撮影をすることができます。撮影用のスマホとして持つのもオススメです。急速充電器も同梱されています。

SHARP AQUOS zero2

美しさと明るさを兼ね備えたシャープの10億色有機ELディスプレイを採用。約2,010万画素の超広角125°ドラマチックワイドカメラと、暗いシーンでも明るく撮影することができるレンズを搭載しています。

シャープ製の高画質ディスプレイに加えて、なんと約141gの軽量スマホで持ち運びも楽々に。スマホゲームや動画鑑賞をより快適に楽しみたい方におすすめの機種です。

HUAWEI P30 Lite

約6.1インチのフルHD +ディスプレイで、美しい大画面でゲームや映像鑑賞を楽しむことができます。国際機関TUVラインランドの認定を受けたブルーライトカットモードを搭載しており、ブルーライトを低減しながらより快適に利用することができます。

大容量メモリ4GB+64GBで余裕のあるデータ管理ができます。また、カメラ機能も高性能でアウトカメラは22種類、インカメラは8種類のモードで撮影することができます。色や明るさ、コントラストを自動で調整してくれるため、美しい撮影を可能にします。

Motorola Moto G8 Power

1600万画素メインセンサー+200万画素マクロカメラ+800万画素広角アクションカメラに800万画素光学ズームを搭載。高画質でハイレベルな撮影を楽しむことができます。光学ズームでは遠くの被写体にクローズアップし、細部まで鮮明に撮影することができます。

撮影したいシーンに応じて撮影モードや設定をAIが自動で判断して最適化。独自のカメラソフトでスポットカラー、シネマグラフ、タイムラプス動画、スローモション動画などを手軽に楽しむことができます。15分で最長8時間の急速充電が可能なのも嬉しいポイントです。

TCL PLEX

2019年12月末に発売されたばかりの最新SIMフリースマートフォン。高品質な液晶や高性能な処理能力を備えているにもかかわらず、税込み3万円以下で購入できるコスパの良さが魅力です。

HDR10動画に対応しているスマホ端末。コントラストをはっきり表示し、色調の範囲を広げながら明るいハイライトと暗い影をはっきりと表現します。123°の超広角カメラ、1080P低光量ビデオ撮影、4800万画素センサーのトリプルカメラを採用しています。

【a】Uber Eats フード注文




2020.09.16