空飛ぶクルマを開発するSkyDriveが30kgを運ぶ大型ドローンを開発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


物流での活躍が期待されているドローン。本格的に物流業界でのドローン導入が進んでいくには、今より重い荷物を運べる機体が必要です。大型ドローンの開発は海外メーカーが目立つ中、国内でもその需要に応えるべく、研究開発と実証実験を重ねながら実用化に向けて進んでいます。

SkyDriveが大型ドローンの実証実験を開始

東京都にオフィスをかまえる国内メーカーの株式会社SkyDriveが、重さ30kg以上の荷物を運ぶドローン『カーゴドローン』の予約販売を開始しました。SkyDriveは、空飛ぶクルマの実用化や未来のエアモビリティ社会への貢献を目指し、航空機・ドローン・自動車のエンジニアを中心に発足した空飛ぶクルマを開発する国内スタートアップです。

20kgの一斗缶を運搬する実証実験の様子

Skydriveが予約販売を開始する『カーゴドローン』は、重量物運搬に特化した産業用ドローン。株式会社大林組他数社との実証実験を既に開始しています。この『カーゴドローン』は、航空機開発のプロセスで培った安全性、信頼性のノウハウを元に、積載重量30kg機体をはじめ、今後は100kg以上の荷物を運搬できる商品も開発していくとのことです。

25kgのセメントも運搬可能

主な活用方法としては、斜面、山間、高架等の通常の方法では運搬が困難な現場で使用する資材の運搬や、山中にある設備のメンテナンス時の資材運搬での活用が検討されているとのこと。『カーゴドローン』のような大型ドローンが実際に物流業界に導入されれば、物流の世界に革命が起きると言われています。

国内外で進む大型ドローンの開発

従来の技術では、ドローンを使用して荷物を輸送する場合の限度は、10kg程度だと言われていました。しかし、日本で地震や台風などの災害が増加している中、救援物資の運搬手段として機動性が非常に高く、重量物の運搬を可能にする大型ドローン活用への期待が年々、高まりつつあります。

既に大型ドローンは土木建設や農林業においても、資材や収穫物の運搬用途として導入され始めており、SkyDrive社の『カーゴドローン』も建設現場での活躍が期待されています。

海外では、空飛ぶタクシーを開発するドイツのベンチャー企業であるVolocopter社が、最大200kgの積載が可能な大型ドローン『VoloDrone』を発表しました。国内でも山梨県身延町に研究所を構えるドローンの開発会社であるサイトテック社が11月に行われた陸上自衛隊の演習で20kgの物資を1km運ぶと実証実験に成功するなど、開発が急速に進んでいます。

国産大型ドローンが20kgの運搬に成功!ドローンが運ぶ、物流の未来

空飛ぶクルマを開発するSkyDriveとは?

SkyDriveは航空機・ドローン・自動車のエンジニアを中心に2016年より活動している有志団体CARTIVATORのメンバーで発足した株式会社です。それぞれの知識を活かし、ドローンのみならず空飛ぶクルマの開発も進めています。

2018年12月より、日本初となる空飛ぶクルマの屋外飛行試験を開始。愛知県の豊田市と連携し『新産業創出へ向けた「空飛ぶクルマ」開発に関する連携協定』を結び、豊田市に日本最大級の飛行試験場をオープンしました。

この空飛ぶクルマは正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」と言い、完全自律の自動操縦、垂直離陸できるというのが大きな特徴です。空飛ぶクルマは、モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で開発が進んでおり、日本では離島や山間部の新たな移動手段や、災害時の救急搬送などに繋がると期待されています。

SkyDrive社の空飛ぶクルマは2020年夏にデモフライト、2023年には発売を開始することを目指しています。

編集後記

空飛ぶクルマを開発していることでも有名なSkyDrive社が、30kgを運ぶ大型ドローンの予約販売を開始!国内でも重量物を運搬する大型ドローンの開発が急速に進む中『カーゴドローン』は建設現場での本格的な実装化を見据えています。




2019.12.19