Mavic-Air-dji-store

個性派ドローン大集合! 深セン『UAVエキスポ』フォトレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

深センUAVエキスポ,個性派ドローン

撮影:Masahira TATE(楯雅平)、以下同じ

“ドローンの都” 深センのUAVエキスポ

世界最大の民生用ドローンメーカーDJIや「ドローンタクシー」で知られるEHANGが本社を置き、数々のドローン関連企業が集う中国広東省の都市深セン市。ドローンの都とも言えるこの街で『Shenzhen UAV Expo(深セン ドローン エキスポ)』が2018年6月22日〜24日にかけて開催されます。

というわけで、さっそく現地に行ってきました。

深センのUAVエキスポ
現地取材レポート

展示会場がある「会展中心駅」の周辺の様子。東京に例えるなら「丸の内とビッグサイトを合体させた」ような場所です。

深セン会展中心の街並み

展示会の入り口はこんな感じ。

深センUAVエキスポの会場

展示ブースは以下の通り。このような展示エリアが1ホールにわたって広がっています。

深センUAVエキスポに出展ブース

ブースマップを見ると出展社がわかります。ほとんどが日本では見たことが無い会社ですが、JUIDAやArduPilotのブースがありました。

深センUAVエキスポの参加者

軍・警察向けドローンが多い

日本の展示会ではほとんどお目にかからない軍・警察用のドローンが大量に展示されているのが深センUAVエキスポ2018の特徴。

こちらは、中型の固定翼型偵察ドローン。

深センUAVエキスポ,中型固定翼機

ステルス機のようなフォルムの小型ドローンも展示されています。

深センUAVエキスポ,偵察用固定翼機

こちらはVTOL(垂直離陸機)型のドローン。

深センUAVエキスポ,VTOL型ドローン

中にはランチャーを搭載した機体もあります。

深センUAVエキスポ,銃を持つドローン

ランチャー部のクローズアップ。

深センUAVエキスポ,ドローン用の銃

3連のカートリッジに充填した物を打ち出せる構造です。

深センUAVエキスポ,ドローン用の銃の後方

ほぼヘリコプター、大型のプロペラドローン

最高時速は400km、本体重量約200kgで、500kgの荷物を搭載して飛行できるという大型のドローン。

深センUAVエキスポ,大型プロペラドローン

横に立つ人と比べると、その巨大さがよくわかります。

深センUAVエキスポ,大型プロペラドローンの側面

ローター(プロペラ)は2基で、内燃機関による動力で回転します。

深センUAVエキスポ,大型プロペラドローンのプロペラ(ローター)

長いアームを持つ農薬散布用ドローン。

深センUAVエキスポ,農薬散布用ドローン

消火剤を投下用ドローン

こちらは火災消火用に開発された機体。

深センUAVエキスポ,消火ドローン

機体下部に備えたボール型の消火剤を投下可能。

深センUAVエキスポ,消火ドローンの消火剤

遠隔操作用の固定翼機

一見すると、小型の固定翼ドローンですが、このシステムの特徴は機体のみにあらず。

深センUAVエキスポ,遠隔操作できる固定翼機

注目すべきは、この機体とセットで使用される操縦システムです。

深センUAVエキスポ,遠隔操作できる機体の側面

まるで有人機のコックピットのような「ドローン操縦システム」

深センUAVエキスポ,遠隔操作用のコックピット

本格的な操縦桿を備えています。

深センUAVエキスポ,遠隔操作用の操縦桿右

左手側の操縦桿はこんな感じ。一瞬「ただ、飛行機から引っこ抜いて、挿しただけでは?」というギモンが頭よぎりますが、筆者の中国語力では確認ができず……。

深センUAVエキスポ,遠隔操作用の操縦桿、左

パイロットの眼前には大型のスクリーンが設置され、ここにリアルタイムでドローンが撮影した映像が映し出される仕組み。

深センUAVエキスポ,遠隔操作用のディスプレイ

警察の監視用を想定したシステム

こちらのグレーの機体は、警察による監視などに使用することを想定して開発された機体です。

深センUAVエキスポ,警察用のドローン

車内から監視活動を行えるように、専用の車両がセットで開発されています。

深センUAVエキスポ,監視用の車

車内の様子は以下の通り。「DJブースかよ!」というツッコミをしたくなるハデなLEDライトが気になりますが、備え付けのディスプレイでドローンが捉えた映像を見られるようになっています。

深センUAVエキスポ,監視用の車の車内

DJI機の改造版

DJIの『Matrice 600』に小型のガソリンエンジンを装着し、それで発電した電力で飛行できるように改造した機体です。

深センUAVエキスポ,DJI M600の改良機

水陸両用ドローン

水上に着陸するための浮力を持つ「脚」を備えた機体。装着されているのはミサイルではなく、火災消火に使われる消火剤が詰まったポッドだそうです。

深センUAVエキスポ,水陸両用ドローン

人命救助用ドローン

装着するモジュールを組み替えることで消火や水難救助に使用できる機体。

深センUAVエキスポ,水難救助用ドローン

展示されている機体には、おぼれた人に投下して助かるための浮き輪が装着されています。

深センUAVエキスポ,救助用ドローンに取り付けられた浮き輪

消火剤を噴射するドローン

こちらの機体は、高層ビルの火災などの際に地上から急行してノズルから消火剤を吹きかけるためのものです。

深センUAVエキスポ,消火用ドローン

利用が想定されているのは以下の写真のようなシチュエーション。

深センUAVエキスポ,消火テストの様子

こちらのノズルから消火剤を勢いよく噴射します。

深センUAVエキスポ,消火用ドローンのノズルのクローズアップ

編集後記

今回の展示会を見て感じた傾向やトレンドは以下の通りです。

  1. 軍・警察用にドローン開発をする会社が多い

  2. ・監視目的をベースにVTOLや小型機から大型機までさまざまな機体が展示されていた。

  3. ドローンの機体のみでなく、周辺のシステムとのセット開発が進んでいる

  4. ・「ドローン+遠隔操作用コックピット」「ドローン+監視用車両」など。

  5. 人命救助は新たなトレンド?

  6. ・火災消火や浮き輪の投下などのドローンを展示するブースは軍・警察用の次に多かった印象です。一方でホビー用ドローンの展示はほとんど見られず、人命救助などよりシリアルな場面での利用を提案するメーカーが多くありました。

『Osmo Pocket 』登場!


<Osmo Pocket>

3軸ジンバル登載、4K動画が撮れる小型手持ちカメラ!


» DJI Osmo Pockeを公式ストアでチェック!


DJI Osmo Pocket



<コチラも注目!>


» DJI Mavic 2シリーズをDJI公式ストアでチェック!



» Osmo Mobile 2をDJI公式ストアでチェック!


» Mavic AirをDJI公式ストアでチェック!


» Phantom 4 Pro V2をDJI公式ストアでチェック!


公式DJIストアをチェック!