Mavic-Air-dji-store

【CES Asia 2019】最先端技術が上海に集結!日本からはエアロネクストが出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CES Asia 2019

What’s Hot at CES Asia 2019 – CES Asia

CESとは「Consumer Electronics Show」の略。その名の通り、世界各国から最新のエレクトロニクス製品が集合する、毎年1月にラスベガスで開催される要注目のイベントです。最新の技術トレンドが俯瞰できることや、多くの新製品、プロトタイプが出品されることから世界中から人が集まるイベントです。

そんな要注目のイベントCESのアジア版である「CES Asia 2019」が今年の6月11日〜13日まで中国・上海で開催されました。規模感ではラスベガスで開催されたものに比べると小さくはなるものの、中国企業を中心に7カ国、550以上の出展がありました。

中国ファーウェイがスマート家電を発表し話題になりました。家電その他では自動車関連の物も多く発表され、日本と欧州の製品が注目を浴びる中、異彩を放っていたのは中国EVベンチャーの台頭。その他ドローン関連では日本のベンチャー企業であるエアロネクストが初出展しました。

オープニングにファーウェイShao Yang氏

オープニングのキーノートに、ファーウェイの再興戦略責任者であるShao Yang氏が登壇。スマートフォンの歴史とスマートフォンへの取り組みについて語りました。 新しい時代のスマートフォンについて、Shao氏は「どのような形になるかはわからないが、あらゆるモノの中心に位置するデバイスとなる」としました。

ファーウェイが推進する、利用中のスマートフォンやタブレットからHiLinkデバイスを管理し、ネットワーク状態を可視化できる「HUAWEI HiLink」についても解説し、今年はさらなるバージョンアップを予定しているとのこと。

これほどの包囲網を敷かれた中でも「今年中に世界首位になれるはずだったが、現状を見れば遠のいた」と語るなど、始終、余裕のある様子で語りました。

中国EVベンチャーの参入

現在、中国では補助金などを通じた政府の後押しもあり、EV(電気自動車)、コネクティッドカーの開発が進んでいます。これまでの自動車市場で中国のシェアはとても少ないものでした。しかし、近年では国内企業やスタートアップが続々と参入してきており、意欲的な試作車を相次いで発表しています。

今年のCES Asiaでは社歴わずか4年でIPOに成功した中国初のEV(電気自動車)メーカーとして存在が知られているNio(上海蔚来汽車)や創業から2年足らずのEVスタートアップにも関わらずその存在感を世界に示しているBytonも出展。中国の自動車スタートアップが試作車を作り出すスピード感は目を見張るものがあり、“タイヤのついたIT機器”とも称されています。

日本では日本語キーボードアプリ「Simeji(シメジ)」などで知られるBaibu(百度)が、スマートスピーカー「小度」をクルマに搭載。AIアシスタントが車内での乗客とのコミュニケーションを受け持ちます。このような車載システムはGoogleやAmazon、Alibabaなども開発を進めており、今後も大きく市場を広げていきそうです。

日本ベンチャーのエアロネクストも初出展

日本のベンチャー企業であるエアロネクストは、UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現するドローン・アーキテクチャ研究所として、様々なドローンシステムを開発しています。

エアロネクストは中国市場での4D GRAVITY®テクノロジーライセンスビジネス推進の拠点として、5月に中国深圳市に新たに現地法人「天次科技(深圳)有限公司 (英文名 Aeronext Shenzhen Ltd.)」を設立。2018年10月に日本で開催されたCEATEC JAPAN 2018「CEATEC AWARD 2018」にて経済産業大臣賞を受賞。これはベンチャー企業初の快挙でした。

同賞は、暮らしや産業の付加価値創出課題解決に最も貢献すると評価されるモノ、サービスに対して授与されるもので、エアロネクストの4D Gravity搭載360°VR撮影用ドローン「Next VR」が選出。これはドローンの中心を縦棒が貫通するという「貫通ジンバル構造」が特徴で、飛行の状態に関わらず縦棒は常に垂直を保持します。この構造により、縦棒の上下に設置された2台のカメラはブレなく高画質を映し出せるというもの。

 

Next VR – エアロネクスト

この受賞を受け、CES Asia 2019で正式なブース出展を果たしたエアロネクスト。重心制御技術「4D GRAVITY(R)」テクノロジー搭載の原理試作であるNext INDUSTRY(R)橋梁点検カスタムと、小型配達専用ドローンNext DELIVERY(R) miniを展示しました。

CES Asia 2019 – Robotics and Drones

編集後記

幕張メッセほどの大きさの会場に最先端テクノロジーが集結したCES Asia 2019。ファーウェイの余裕のあるキーノートから始まり、中国EVベンチャーの出展など、見所がたくさん。日本ではドローンのベンチャー企業エアロネクストが初出展するなど業界では嬉しいニュースもありました。今回のイベントに出展されたプロトタイプが来年には当たり前になっているかもしれません!




Translate »