センシンロボティクスが提供する『SENSYN Drone Hub』の技術が太陽光発電の無人点検システム開発に採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社センシンロボティクス(以下「センシンロボティクス」)が提供する『SENSYN Drone Hub』の技術が、エナジー・ソリューションズ株式会社(エナジー・ソリューションズ)が実施した、太陽光発電設備における無人点検システム開発に採用。

本取り組みは、エナジー・ソリューションズが採択された「令和2年度補正予算 産業保安高度化推進事業費補助金」の事業の一環になるようです。

エナジー・ソリューションズは太陽光発電設備における保安力の向上・安全性の担保・現場作業の省力化・無人化を目標として、ドローン・AIの新技術を活用して開発・実証を行い、その目標を達成。開発・実証内容、成果、今後の展開は下記の通り。

【実証内容】
エナジー・ソリューションズ提供のドローン&クラウド太陽光モジュール赤外線検査サービス「ドローンアイ」とセンシンロボティクスが提供している完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN Drone Hub」により、太陽光発電設備を無人で巡視・点検、撮影した赤外線映像等をクラウド上でAIが解析、発見した故障箇所を含めた点検報告書をユーザーに提供するシステムを開発・実証しました。

1. 赤外線検査の飛行スケジュールを設定し、飛行条件下(飛行条件:風速7m/s以下、日射量300W/㎡以上)による自動飛行
2. 飛行条件を満たせない場合に、再スケジュールして自動飛行することの確認
3. 災害時の現状確認(フェンスの倒壊・土砂流入)を想定し、太陽光発電設備外周の一部に飛行経路を設定し対象ポイントをRGB撮影
4. 撮影データ・気象データをクラウドにアップロードし、ドローンアイ解析ツールAI自動解析から報告書を作成

【成果】
・日常点検・定期検査等の保安業務の安全性担保
太陽光発電設備の太陽光モジュール点検をドローンが無人で実施することにより、遠隔で点検ができるようになり、現場保守管理人員やドローンパイロットがいなくても対応可能に。

・安全性の確保
災害時に無人ドローンによる撮影を行い、遠隔からリアルタイムで災害状況を把握することができ、ドローンから転送された映像から報告書を作成することが出来ることから、現場作業の安全性の確保が可能となりました。

・現場作業の省力化・遠隔化
ドローンアイ解析ツールAI自動解析のバージョンアップにより、正解率が93.6%に向上したことで、今まで手動で解析を行った時の1/3の時間で対応が可能に。異常個所を迅速に把握し対象方法を事前に準備し、ピンポイントで対応できるため、現場作業が40%時短を実現。

【今後の展開】
エナジー・ソリューションズと協業・販売体制の協議を行い、早期に事業化を目指してまいります。遠隔での異常検出や自然災害による被害状況確認を可能にすることで、作業者の安全を確保しつつ発電所の保安力向上を目指していく。
また、センシンロボティクスではこの開発成果を、弊社の各種設備点検アプリに応用することで、太陽光発電所のみならず、多様な産業インフラのスマート保全を推進していくようです。

【SENSYN Drone Hubとは】
ドローン機体、自動離発着や自動充電に対応する基地(ドローンポート)、加えて制御ソフトウェア・業務アプリケーションが一体となった、業務の自動化を推進するシステムです。大規模な工場の警備監視や設備点検などの領域において、作業員が都度現地に赴く必要がなくなり、効率的かつ安全な業務遂行が可能に。

【センシンロボティクスについて】 http://www.sensyn-robotics.com
センシンロボティクスは『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、企業や社会が抱える課題を、ドローンをはじめとするロボティクス技術で解決する社会インフラDXのリーディングカンパニーです。
設備点検・災害対策・警備監視・現場管理など、業務における「労働力不足・ミス防止・安全性の向上・時間・コスト」や災害発生時の迅速な対応など企業や社会が抱える様々な課題を解決するためのテクノロジーとソリューションを提供しています。
豊富なプロジェクト実績で得られたノウハウを活用し、シナリオ策定から実証実験、実業務への定着化まで一気通貫で支援、老朽化する産業インフラや社会インフラの点検や、少子高齢化による労働人口の減少、激甚化する災害対策といった社会課題の解決を目指します。





2021.05.13