NTT e-Drone Technologyが国産ドローンの普及拡大に向けた農薬散布サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社NTT e-Drone Technologyは開発した農業向けドローン「AC101」を用いて、開発者・教官が現地へ赴き農薬散布を支援する「ドローン農薬散布サービス」を2021年5月17日より開始します。

1.本サービスの特長
1.当社開発・製造の国産ドローン「AC101」を用いて散布
2.AC101の開発・製造に携わる当社の飛行経験豊富な開発者・教官が自ら散布
3.散布した日時・散布経路・散布実施者などの報告書を提供

2.本サービス誕生の背景
国産ドローンメーカーとして農業向けドローン「AC101」を提供する中で、「自らドローンを購入して散布したい」というニーズに加え、「農薬散布を委託したい」「様々な種類の農薬を試したい」というニーズを直接いただくようになったこと。
加えて、当社のドローン開発や教官業務に従事する社員が自ら現場に赴くことで、農業の現場を更に深く理解することが可能になると考え、本サービスを提供を開始しました。
本サービスを通じて、農家の方々の散布委託ニーズ等にお応えしながら、日本の圃場により一層適したドローンの開発を推進していきます。

3.サービス内容
対象エリア:関東・甲信越・東北エリア(順次拡大予定)
対象作物 :水稲・麦  その他作物については要相談
申込単位 :5ha以上でお願いします(来年度以降、申込単位を下げていく予定)
利用料金 :最初の5ha 50,000円+以降1ha毎に10,000円~15,000円※(価格はいずれも税込)
※お申込みいただく総面積、圃場の形状、日程等によりお見積りいたします
留意事項 :当日の天候が雨天・強風の場合、ご希望どおりに散布できない場合があります
人員数に限りがあるため、先着順とさせていただきます
申込方法 :メール [email protected]
サポートデスク048-485-9437 担当:岩倉・堤(平日10時~17時)

(参考)実施報告書イメージ

実際の報告書の様式は変更になる場合があります。

日本政府の国産ドローン計画が始動!!進む国産ドローンの導入





2021.05.17