【NJS×ACSL】閉鎖性空間調査用ドローンAirSlider®新型機Fi4を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

株式会社NJS及び株式会社自律制御システム研究所(ACSL)は、共同で閉鎖性空間調査点検用ドローンAirSlider®の新型機-Fi(ファイ)4-を開発しサービスを開始しました。

Fi4開発の経緯

両社はこれまで、NJSの上下水道コンサルタントとしてのインフラ管理技術と、ACSLのドローン開発技術を結集し、管路等閉鎖性空間の点検調査を効率化するドローンの開発を進めてきました。多くの実証試験を重ね、さらに過酷な環境で利用可能な耐久性、メンテナンス性、ユーザビリティの向上を実現した新型機を開発しました。また、防水性能の向上により活用するシーンを拡大することができました。

わが国のインフラは、高度経済成長期に整備された施設が老朽化する一方で、気候変動に伴う災害が激化しており、健全な機能の維持とともに、防災面・減災面での対応も求められています。また、持続可能な社会とする観点から、脱炭素化や環境負荷削減も必要であり、インフラの管理とマネジメントが一層重要になっています。 Fi4は、日頃、点検することができない、下水管路や地下施設などを安全かつ効率的に、点検・調査・診断できる画期的な技術であり、インフラの管理とマネジメントの革新をもたらします。

Fi4の特長

①過酷な調査環境に対応した機体構造
・コア部分をカーボン素材で保護
・バンパーを交換式としメンテナンス性向上
・防塵防水性能の向上

②ユーザビリティの向上
・専用操作アプリによる操作性の向上
・機体とコンローラ間の低遅延通信※によりストレスのない操作を実現(※通信制御技術は特許出願中)

③進化した調査性能
・ジンバル搭載の防水カメラで安定した映像を取得
・流水環境下でも水上走行により調査可能(Water Slider)

FINDiによる調査点検サービス


Fi4の完成と同時に、NJS・ACSLは共同出資により、Fi4をはじめとする新技術を活用したインフラ施設の点検・調査サービスを行う新会社「株式会社FINDi」を設立。
FINDiは、管路のみでなく幅広いシーンでの施設点検調査を実施します。また、画像解析、データ処理により施設の状態を把握し、施設の機能と健全性の維持に関する提案を行っていくようです。

【株式会社自律制御システム研究所】
ACSLは、産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、 国産の産業用ドローンの開発を行っており、特に、画像処理・AI のエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術と、同技術が搭載された産業用ドローンを提供しています。既にインフラ点検や郵便・ 物流、防災などの様々な分野で採用されています。株式会社自律制御システム研究所会社概要は https://www.acsl.co.jp/company/をご覧下さい。

 

ACSLとPhase One Japan、1 億画素超高解像度カメラ搭載のインフラ点検用ドローン提供を開始

ACSL、風力発電機の自律飛行点検が可能な国産ドローン提供を開始

 

 





2021.06.06