NFTとは?”唯一無二”を手に入れる、話題沸騰のデジタル資産の仕組みとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近、インターネットを中心に話題を集めているNFT。

NFTとはNon-Fungible Token(代替不可能なトークン)の略で、2021年に入りTwitter創業者のジャック・ドーシー氏の初ツイートが3億15000万で購入されるなど、話題を呼びました。

また日本でもVRアーティストのせきぐちあいみさんのアート作品が1,300万円超えで落札。世界中のアーティストから注目を集めています。

NFTの仕組みとは?

NFTとは、ブロックチェーンの技術を活用して複製可能なデジタルデータのオリジナル性を担保し、唯一無二のデジタル資産にする仕組みです。

ブロックチェーン技術は「改ざんが困難であり、なおかつ検証が容易」なデータ構造を持っています。

通常は贋作がつくられやすいデジタルデータ情報を、改ざんが困難であるブロックチェーン技術で唯一無二のオリジナルにできることから、特にアートやゲーム、トレーディングカードと相性が良いとされています。

また、NFTで売買できるのは「所有権」であることも最大のポイントです。

OpenSeaとは?

NFTマーケットプレイスの中で特に注目を集めているのが「OpenSea」です。

セキュリティトークンがにわかに広がり始めた2017年初期にローンチされたプラットフォームで、2020〜2021年にかけて高まるNFTへの注目度に合わせてまたOpenSeaも注目されつつあります。

OpenSeaはA16Zなどの大手VCから米国時間の3月18日に約25億円を調達しています。

ますます盛り上がりを見せるNFT市場。OpenSeaを覗くだけでも様々なアーティストのデジタルアートを眺めることができます。新たなデジタル資産として今後も要注目です。

スマート農業とは? ドローン・IoT・ICTの活用事例と展望





2021.05.24