【2020年最新】音楽ストリーミングサービスどれにする?人気の5社を徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

盛り上がりつつある定額制のサブスク音楽配信サービス。様々なアーティストの曲を聴き放題で楽しむことができるもので、各社から様々なサービスが展開がされています。

この記事では、2020年最新版の人気のサブスク音楽配信サービス5社を徹底調査!曲数・料金プラン・特徴など、ユーザーの満足度を第一に考えながらご紹介していきます。この記事が、ご自身のニーズに合ったサービスを見つけるキッカケになれば幸いです。

サブスク音楽配信サービスとは?

サブスク音楽配信サービスとは、定額の月額料金を支払えば、様々なアーティストの楽曲を際限なく聴くことができる非常にお得なサービスです。ここ数年、耳にすることが多くなった『サブスク(サブスクリプション)』というサービスになります。

ICT総研による音楽ストリーミングサービスの利用動向に関する調査では2018年末の利用者1,980万人から、2021年末には2,370万人まで拡大していくと予想されています

購入とはなにが違う?

iTunes Storeなどで楽曲を購入(ダウンロード)した際は、その後も追加料金など発生せずに、自身で好きなデバイスに移して何時までも楽しむことができます。一方、サブスク音楽配信サービスは「そのサービスを利用している期間のみ、何時でも何度でも聴ける」というものです。

サービスによっては友人やインフルエンサーの作成した公開プレイリストを楽しむことができたり、歌詞表示機能があったり、自分の好きなアーティストや曲を選択すると、テイストの合う曲をオススメしてくれるレコメンド機能があるものも。サブスク音楽配信サービスを利用することは、今まで自分が知らなかった楽曲と出会うキッカケを与えてくれるかもしれません。

人気アーティストが続々サブスク解禁

本日8月5日、シンガーソングライターの米津玄師さんが、SpotifyApple Musicなどのサブスクリプション型ストリーミングサービスでの楽曲配信を解禁しました。米津玄師としてのメジャーデビュー後初となるアルバム「YANKEE」から本日8月5日にリリースされた最新アルバム「STRAY SHEEP」に加え、ハチ名義でのボカロP時代の楽曲を含む全楽曲が配信されています。

現代の人気アーティストはもちろん、山口百恵さんなどの日本を代表する歴史的なアーティストも配信を開始しており、音楽ストリーミングサービスに注目が集まっています。

音楽ストリーミングサービス 人気5社

ここからはICT総研の発表したアンケート調査からユーザーの満足度が高い5社のサブスク音楽配信サービスを、それぞれの曲数や料金プラン・特徴なども合わせてご紹介していきます。

LINE MUSIC

 

  • 月額料金:960円
  • 無料期間:3ヶ月間
  • 楽曲数 :6500万曲
  • 歌詞表示機能        :あり
  • 購入         : LINE MUSIC

LINE MUSICは邦楽の取り扱いが多く、最新曲のリリースも早いという特徴があります。また、お気に入りの曲をLINEアカウントのプロフィールやトークルームのBGMに設定することができます。

LINE MUSICの魅力的なポイントはカテゴリの豊富さ。「音楽ジャンル」「人気ランキング」はもちろん、「今週の最新曲」「ベストヒッツ」「年代別」「カラオケ」「季節のイベント」「作業用BGM」など非常にバラエティ豊かなカテゴリから楽曲を検索することができます。

また「フレンズチョイス」という機能では、LINEでつながっている友達が聴いている楽曲が、匿名でピックアップされて表示されます。音楽を純粋に楽しむのはもちろん、エンタメ性に富んだ機能が特徴のサブスク音楽配信サービスです


Apple Music

 

  • 月額料金:980円
  • 無料期間:3ヶ月間
  • 楽曲数 :6000万曲
  • 歌詞表示機能        :あり
  • 購入         : Apple Music

iPhoneやMacでお馴染みのApple社のサブスク音楽配信サービスです。6000万という圧倒的な楽曲数に加え、月額料金プランも様々なものを選べます。標準的な「個人メンバーシップ」は月額980円、家族以外の人とでも最大6名で使える「ファミリーメンバーシップ」は月額1,480円、大学生向けの学割プラン「学生メンバーシップ※高校生以下は利用できません」は月額480円になります。

Apple Musicの特徴は音楽好きにとって嬉しい機能を多数とりそろえているところです。MVを見ることができたり、お持ちのスマホがiPhoneなら「Siri」を利用できるので、スムーズな楽曲検索機能を搭載しています。

Apple Musicは「レコメンド機能」精度が非常に高いところもポイント。Appleだからこそ実現できるクオリティの高さで、幅広くおすすめの音楽を教えてくれるため、音楽好きの方の満足度が非常に高いサブスク音楽配信サービスです。

Apple Music

Prime Music

  • 月額料金:追加料金なし※Amazonプライム加入必須
  • 無料期間:30日
  • 楽曲数 :200万曲
  • 歌詞表示機能       :あり
  • 購入         : Amazon Music ※Amazonプライム加入必須

Prime Musicは月額500円(年額3,900円)のAmazon Prime会員なら誰でも利用できるサブスク音楽配信サービスです。Amazon Prime会員になれば、Amazonで注文した商品配達時の送料無料をはじめ、ドラマや映画が見放題のPrime Video、1時間以内で商品が届くPrime Nowなどの会員特典がつきます。

Amazonプライム会員のメリットは非常に安価な料金プランで、様々なサービスを利用できるところ。また、プライムミュージックは、事前に端末に楽曲をダウンロードしておけばネット環境が無い場所でもオフライン再生することができます。

Spotify

 

  • 月額料金:980円
  • 無料期間:3ヶ月間
  • 楽曲数 :5000万曲
  • 歌詞表示機能       :あり
  • 購入         : Spotify

一般プランは980円、学割プランは480円(※高校生以下は利用できません)、6名で使えるファミリープランは1480円で利用できます。Spotify最大の特徴は無料プランがあるところ。無料でもフル再生&バックグラウンド再生ができます。無料プランの充実した機能が人気ですが、曲がランダムに流れる「シャッフルプレイ」しか選択できません。

有料プランにすると当然ながら全ての音楽を自由に楽しむことができ、広告の非表示や、音質の選択、歌詞表示機能、オフラインで再生できるダウンロード機能も追加できるためオフライン再生が可能です。また、Spotifyは操作画面が非常にシンプルで使いやすいため、使用中に戸惑うことがありません。プレイヤー画面もお洒落でSNSなどで簡単にシェアできるのもポイントです。

おすすめ機能やプレイリストの作成、共有など一通りのサブスク音楽配信サービスでできる機能を揃えています。まずはサブスク音楽配信サービスがどのようなものなのか試してみたいという方は、Spotifyの無料版を利用することをおすすめします。

Amazon Music Unlimited

 

  • 月額料金:980円
  • 無料期間:30日
  • 楽曲数 :6500万曲
  • 歌詞表示機能      :あり
  • 購入         : Amazon Music Unlimited

Amazon Music UnlimitedはPrime Musicと使える機能は同じですが、楽曲数はPrime Musicと比較するとおよそ65倍の数で、多くの音楽を楽しむことができます。Prime Musicにはない6名まで1つのアカウントを使用できるファミリープランがあるのも嬉しいポイント。AIスピーカーのAmazon Echoで音楽を聴くことができる月額380円のEchoプランもあります。


電子書籍サービスどれにする??おすすめサービスと選び方を徹底解説

編集後記

近年、利用者が増えつつある音楽ストリーミングサービス。各社から様々な特徴のサービスが配信されているからこそ、ご自身のニーズに合った最適なものを選ぶことが重要です。日々の生活が少しだけ豊かになる音楽ストリーミングサービス、まだ利用したことがないという方はぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?




2020.09.04