【DJI】産業用ドローン『MATRICE 300 RTK』は何がスゴい?優れた性能を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DJIが発売した最先端の産業用ドローン『Matrice 300 RTK』。公共安全や測量をはじめ、警備や消防など様々なシーンでの活躍が期待できるドローンとして注目されています。

本記事では、そんな『Matrice 300 RTK』の魅力をご紹介します。

<▼おすすめドローンをご紹介>

【2021最新】ドローン初心者の方必見!空撮ドローンおすすめ10選や規制、免許についても解説

『Matrice 300 RTK』の特長

『Matrice 300 RTK』の主な特長は以下の通りです。

進化した伝送システム「OcuSync Enterprise」

伝送システム「OcuSync Enterprise」により最大伝送距離15kmの1080p動画伝送ができるため離れた距離でも高画質な映像をリアルタイムに視聴することが可能。

また、2.4GHzと5.8GHzのリアルタイム自動切替機能により、電波環境が悪い状況でも安定して飛行します。さらに、AES-256暗号化技術により、データ伝送の安全性も確保。

 

スマート点検

鉄道や送電線などの点検を最適に実施するため、優れた機能が搭載されております。

  • ライブミッション記録
    機体の動きやジンバルの向きをはじめ、写真撮影やズームレベルなどの動作を記録し、今後の自動点検で利用できるミッションファイル(自動航行の計画)を作成する事が可能。
  • AIスポット確認
    あらかじめ取得した画像を用いて、搭載されているAIに対象を指定することにより、次回以降のミッションで自動的に対象を識別することが可能。ズレなく、同じ構図で撮影することができます
  • Waypoints 2.0
    最大65,535個のウェイポイントを作成が可能。複数のペイロード(サードパーティー製ペイロードにも対応)に各ウェイポイントでのアクションを設定できます。飛行経路計画が最適化され、ミッションにおける柔軟性と効率性が向上します。

6方向検知と測位技術システム

機体の6側面すべてにデュアルビジョンとTOFセンサーを搭載。検知範囲は最大40mで飛行中の安全性と機体の安定性を高めることができます。

マルチペイロード設計

最大3つのペイロードを同時に装着できます。ペイロード総重量は2.7 kgです。

・シングル下方ジンバル

・シングル上方ジンバル × シングル下方ジンバル

・シングル上方ジンバル × デュアル下方ジンバル

航空機レベルの状況認識力「PFD」

PFD(プライマリーフロントディスプレイ)には、飛行情報・飛行情報・障害物情報が表示されます。パイロットの状況認識を強力にサポートします。

スマート ピン&トラック

・ピンポイント

ナビゲーション情報画面が表示されたPFD(プライマリーフロントディスプレイ)上で対象物を指定すると、即座に座標を把握し、地図上にARアイコンで反映されます。また、『Matrice 300 RTK』と対象物との距離もリアルタイムに計測されて画面上に表示させることが可能。

・スマートトラック

人や車など動いている対象物を認識し追跡することが可能。また、オートズーム機能により対象物をカメラフレームの中央にキープすることができます。

操縦者を交代できる「デュアル制御機能」

機体やペイロードの制御権切り替えが画面タップのみで変更が可能。シーンに応じて柔軟に操縦者を変更することができます。

UAV状態管理システム

全システムの現在のステータスや通知ログをはじめ、事前確認用のトラブルシューティングガイドを表示。このシステムには、機体のフライトログ・飛行時間・飛行距離が初回から全て記録されています。

また、機体の手入れやメンテナンスに関するアドバイスも表示可能。

最大飛行時間55分

飛行時間が「最大55分間」と長時間のミッションが可能。

対応ペイロード

以下のペイロードに対応しています。

シングル下方ジンバル:Zenmuse XT2、Zenmuse XT S(日本未発売)、Zenmuse Z30、Zenmuse H20
デュアルジンバル:Zenmuse XT2 + Zenmuse Z30、Zenmuse XT2 + Zenmuse H20、Zenmuse XT S(日本未発売) +Zenmuse Z30、Zenmuse XT S(日本未発売) + Zenmuse H20、および上記のシングルジンバルのうちのいずれか1個とPSDKで開発されたサードパーティー製ペイロード

注:Zenmuse XT2は右側の下方ジンバルポートにのみ装着可能です(左と右は、正面から直接ドローンを見た場合の左右の位置です)。

<おすすめ記事>

ドローン農薬散布:機体の値段、性能、必要資格などの情報まとめ

専用アプリケーション

DJI PILOT

DJI Pilotは、法人向けのアプリケーションです。産業用のDJIドローンに対応しています。

ダウンロードはこちら

DJI FLIGHTHUB

ドローンオペレーションを一括管理できるワンストップソリューション。大規模な組織を管理し、空中での業務を効率的に行えます。FlightHubをDJIドローン フリート(航空隊)に直接統合でき、空中からの情報を組織全体に共有することが可能。

ダウンロードはこちら

活躍が期待されるシーンは?

下記シーンで活躍が期待できます。

・消火活動

消防隊員を危険に晒すことなく、人命救助に貢献できます。

・捜索救助活動

遭難者の捜索を迅速に開始することが可能。

・警察活動

現場にいる警察官と周囲にいる人々の安全性を確保しながら、迅速に状況を把握し、対策を打ち出すことが可能

・送電線の点検

大規模な送電線ネットワークを、現場から離れた場所で簡単に可視化することが可能。

・石油&ガス

従業員を危険度の高いエリアに近づけることなく、パイプラインや坑井現場などの点検を行えます。

商品仕様


購入先は?

Matrice 300 RTK(DJI Care Enterprise Basic)

Matrice 300 RTK(DJI Care Enterprise Plus)

Zenmuse H20T(DJI Care Enterprise Basic)

Zenmuse H20T(DJI Care Enterprise Plus)

Zenmuse H20(DJI Care Enterprise Basic)

Zenmuse H20(DJI Care Enterprise Plus)

<おすすめ記事>

ドローン空撮:プロレベルの動画を撮るために知るべきこと7選

★ドローンを購入するならコチラ★




2021.02.17