Mavic-Air-dji-store

コイツは賢い!カメラで周囲を認識、自動飛行する239ドルの小型ドローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Markドローン,機体とコントローラー

出典(Source):Mark Drone、以下同じ

非GPS環境で安定飛行できる

周囲の環境をカメラで「把握」して飛行できる小型のドローン『MARK』が、大手クラウドファンディング・プラットフォームの『キックスターター』に登場。締切りまで22日を残しつつ1,685,000香港ドル(約2376万円)の資金を調達し、注目を集めています。

MARKドローンのココがすごい

『MARKドローン』の最大の特徴はVIO:Visual Inertial Odometry(直訳:視覚的慣性自己位置推定)機能を備えている点。周囲の映像に映った対象から機体の位置を「把握」して、飛行する能力を備えています。

Markドローン,ヴィジュアルセンサー搭載

VIO機能のおかげで、GPSの電波が届きづらい屋内でも安定した飛行が可能。

Markドローン,屋内飛行に強い

キャリブレーション不要で使用でき、飛行重量は公称約236g、飛行精度は誤差±0.1mで、最長20分のフライトが可能とのこと。なお、カメラは4K画質の動画撮影に対応しています。

Markドローン,スペック表

飛行ルートの記録、ボイスコントロール、オブジェクト・トラッキング、ジェスチャーコントロールに対応。

Markドローン, 機能表

メモリークルーズ機能により、一度飛行させたルートを機体に「記憶」させられます。

Markドローン,飛行コースを記録して再現できる

メモリークリーズ機能を使用するにはドローンを手でもって動かしてもOK。「このルートをとばしたい」と思ったらそのとおり、手で持ってドローンを動かすと機体がその飛行ルートを「記憶」します。

Markドローン,手持ちで移動させて飛行コースを設定可能

記録したルートに沿って飛行するドローンのイメージ。

Markドローン,飛行コースを再現

機体は折りたたみ式です。

Markドローン,折りたたみ式

プロポ(コントローラー)は間にスマートフォンを挟んで使用するタイプ。

Markドローン,コントローラー

2015年にVIOのコンセプトが作られ、2017年にデザインを決定。2018年の5月からキックスターターでの資金集めキャンペーンが始まり、8月に製品出荷予定となっています。

Markドローン,スケジュール

Mark Drone: The Ultra-intelligent 4K foldable drone, $239 by Mark — Kickstarter

編集後記

これまでの小型ドローンの一歩先を行くVIO技術搭載を謳う『MARKドローン』。まだ、市場には出ていないためその実力は不明ですが、メーカーのPR通りであればこれまでのドローンとはちがう仕組みで自律飛行をする「ゲームチェンジャー」になりそうです。

新型ドローン『Mavic 2』が登場!


<Mavic 2シリーズ登場!>
DJIの最新型ドローンはハッセルブラッド製カメラ搭載の『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』の2モデル!


» DJI Mavic 2シリーズをDJI公式ストアでチェック!



<コチラも注目!>


» Osmo Mobile 2をDJI公式ストアでチェック!


» Mavic AirをDJI公式ストアでチェック!


» Phantom 4 Pro V2をDJI公式ストアでチェック!


公式DJIストアをチェック!