• カテゴリ一覧を見る

A.L.I.、都市部でのレベル4飛行を見据えたドローン物流実証を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社A.L.I. Technologies(以下、A.L.I.)が、2022年12月5日から施行されたドローンのレベル4飛行における安心・安全なドローン物流ネットワークの基礎を構築することを目的とした実証実験を、12月22日に千葉市幕張新都心エリアで実施しました。

本記事では実証実験の内容をご紹介します。

A.L.I.とエアロジーラボが業務提携!〜LEVEL3・LEVEL4のための国産ハイブリッドドローンと航空管制システムを共同提供開始~

<行政書士監修>ドローン航空法改正を解説【後編】【操縦ライセンス(国家ライセンス)】

ドローンの国家資格ってどんな制度?国家資格を取れるドローンスクールは?

実証実験の概要

本実証実験は、千葉市の「ドローン宅配社会実装サポート事業」の2022年度採択事業として行われる取り組みです。

飛行内容

東京湾臨海部の物流倉庫から、幕張新都心の高層マンションまでドローンで日用品等を配送。有人地帯上空における目視外飛行(レベル4)の本格化を見据えて、ドローン単一飛行による物流実証だけではなく、複数のドローン機体のオペレーションを同時に行う飛行実証も実施。

飛行ルート

SBSロジコム西船橋支店から幕張新都心を繋ぐルートを飛行します。

・離陸地点:SBSロジコム西船橋支店屋上
・着陸地点:若葉3丁目公園
・一時停止ポイント:美浜大橋、JR京葉線高架橋上空付近

使用機体

ドローン機体は、長距離航行に特化している、株式会社エアロジーラボ(以下、AGL)社製の国産機体「AeroRangeQuad」を使用。

運航管理システム

A.L.I.が2019年より開発している運航管理システム「C.O.S.M.O.S.」を活用。「C.O.S.M.O.S.」は、安全な飛行ルートの設定、オペレーション中の空域管理、遠隔からの運航管理を一括で行える機能が搭載されたシステムです。

実証実験の特徴

飛行ルートには東京湾上空の飛行や、生活道路となっている橋梁の横断なども含まれており、ドローン活用が普及した社会を想定したルート設定といえます。

また、ドローン飛行には上空LTEの電波が必要です。有人地帯での飛行では、上空LTEの電波が干渉されるエリアや電波の入らないブラインドスポットが存在することが予想されます。そのため、本実証前には飛行ルート上の上空LTE電波を実際に計測し、有人地帯内の安心・安全な飛行航路を構築する作業を行っています。

さらに実証後には、物流事業者のSBSグループと協業し、ドローンを活用した物流課題の抽出や必要要素の仮説定義を行う模様。

このような取り組みにより本実証事業を通して、ドローン物流ネットワークの基礎を構築・千葉市における物流課題解決が実現でき、災害にも強い街づくり(レジリエンス強化)に寄与するビジネスモデルの創出を行うことを目指しているようです。

実験実験の様子をご紹介

実証実験は無事成功しました。当日の様子を動画でご紹介します。

現場の様子

「AeroRangeQuad」が臨海部を飛行する様子

「AeroRangeQuad」に搭載したカメラが捉えた映像

編集後記

2022年12月よりレベル4飛行が解禁したことにより、「ドローンの社会実装」の実現が一歩前進しました。

しかし、現状としてはドローンの離発着場所等のインフラが整っていないなど、社会実装に向けて様々な問題を抱えています。また、一般市民にもドローンに対する社会受容性を醸成する必要があります。

そこで、本実証実験のような取り組みを継続的に行っていくことにより、少しずつ問題が解決していき、「ドローンの社会実装」が実現するのではないでしょうか。

今後の取り組みにも注目ですね。

A.L.I.とエアロジーラボが業務提携!〜LEVEL3・LEVEL4のための国産ハイブリッドドローンと航空管制システムを共同提供開始~

DIPS2.0とは?従来のDIPSの違いなどをわかりやすく解説します!

 

Apple Music

 

 




2022.12.29