ドローンレース世界選手権が開催中!レーシングチームJAPRADARが世界でも存在感を示す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


FAI世界選手権が開催中

FAIドローンレース世界選手権2019が12月11日から14日まで中国の寧波で開催中2018年に中国の深センで初めての世界選手権が開催され、今年はは2回目の開催になります。世界中から国の代表選手が集まる、FAIが開催する世界最高峰の大規模なドローンレースです。

この大会は、寧波での競技専用に作られたドローンレーシングトラックで開催されます。630mの長さと4mの幅で、トラックは3つの層に分割されます。グラウンドをベースラインとし、2番目のレイヤーの高さは3.5m、3番目のレイヤーの高さは6mになります。橋やトンネルなど、14種類の障害物と25の旗があります。

競技者は一連のヒートで最大180km/hの速度でドローンをトラックでレースし、コースをナビゲートします。一人称視点のFPVヘッドセットを使用してドローンを飛行させます。

世界選手権には23のジュニアと13の女性を含む、27か国からの108人のドローンレーシングパイロットが参加する予定です。パイロットの他に、125人のチームメンバーも参加予定。各競技者には1人のサポーターも許可され、代表チームにはそれぞれチームマネージャーがいます。

FAIメダルと賞金は、全体、女性、ジュニアのカテゴリで授与されます。賞金総額は125,000ドル(およそ1,360万円)。大会は4日間に渡って行われ、12月14日に決勝が開催されます

  • 12月11日:モデル処理と練習飛行
  • 12月12日:予選と開会式
  • 12月13日:本戦開始
  • 12月14日:決勝、メダル式、閉会式

日本からも数々の大会で激闘を繰り広げた精鋭がこの世界選手権に出場。

11月に東京モーターショー内で開催されたドローンレースFAI Drone Tokyo 2019 Racing & Conferenceでも活躍した岡 聖章 選手に始まり、上関 風雅 選手、音田 哲男 選手、山田 開人 選手、白石 麻衣 選手などが日本代表団として世界に挑みます

日本代表 岡選手と上関選手が勝ち進む!

FAI Drone Tokyo 2019 Racing & Conferenceでは『日本最速の男』としてみごと優勝を果たした岡選手と、3位入賞を果たした上関風雅選手がFAI世界選手権の決勝リーグに出場。日本代表団からは、この両選手が本日開催されている最終日まで駒を進めました。

今朝の大会速報によると、岡選手は本日敗退という結果に。上関選手は国内外のトップレーサーを抑え、一位通過。果たして決勝進出なるのでしょうか?期待が膨らみます。

FAIドローンレース世界選手権2019 日本選手団の公式Facebookでは寧波から選手権の様子をリアルタイムで配信中!公式Facebookから日本代表選手を一緒に応援しましょう!

上関風雅 選手とは?

上関 風雅(かみぜき ふうが)プロフィール

ドローンレースチーム『JAPRADAR(ジャップレーダー)』所属。小学5年生。

小学3年生よりドローンレースを本格的に始め、数々の大会で入賞実績あり。

2019年5月の『JAPAN DRONE LEAGUE』第2戦PROクラス、2019年8月の『ドローンインパクトチャレンジ2019』において最年少記録を樹立。

2019年11月の東京モーターショー『FAI DRONE TOKYO 2019』でも国内外から集まったトップレーサーを抑え見事、3位入賞を果たした。

小学生プロドローンレーサー上関風雅(カミゼキ フウガ)選手が開催中のFAIドローンレース世界選手権でも、その存在感を示しました。日本代表として、世界のトップレーサーに挑みます。

上関選手は2019年、日本におけるドローンレースの代表的なリーグのひとつであるJapan Drone League(JDL)において、前年度ランキング15位までの選手だけが所属できるという最上位のプロクラスにおいて優勝を果たし、同クラスにおける最年少記録を樹立。

11月に開催されたDrone Tokyo 2019 Racing & Conferenceでも、国内外の有名選手と激闘を繰り広げ見事3位に入賞。日本のドローンレース界を背負う逸材だと言われています。

クリスマス限定販売!
JAPRADAR RACING MODEL

国内だけにとどまらず、世界からも注目されている上関風雅選手。そんな上関選手が所属している、数々のドローンレースで優秀な成績を残している、ドローンレーシングチーム『JAPRADAR』がクリスマス限定でレーシングドローンを販売制作中です。

ビギナーにも扱いやすいようにチューンアップしたマシンで、すでにドローンレーサーとしてトレーニングしている人はもちろん、これからドローンレースを始めたいと思っている人にもスターターモデルとして最適な機体。『JAPRADAR』が実戦で鍛え上げたチームのオフィシャルレーシングマシンです。

機体には軽量フレームにハイパワーモーターを搭載。最新のフライトコントローラーで制御しているので、ビギナーでも扱いやすいスムーズな挙動がポイントです。『これからドローンレースを始めてみたい!』という方、必見!全ての組み立てや設定を終えており、到着次第すぐに飛ばせる状態での出荷になります。ここでしか購入できない『JAPRADAR』のノウハウが詰まったレーシングドローンです。

クリスマスまでのお届けが可能なので、クリスマスプレゼントにも最適!10台限定の販売になりますので、お早めのチェックをお勧めします。この冬、ドローンレースを始めてみませんか?

▼JAPRADAR RACING MODEL STANDARD F-1の詳細はコチラ

 

編集後記

小学生プロドローンレーサー、上関風雅選手がFAIドローンレース世界選手権で世界のトップレーサーと激闘を繰り広げています!上関選手も所属する、今、日本でいちばん速いドローンレーシングチーム『JAPRADAR』のオフィシャルレーシングドローンも発売中。気になる方はぜひ『VIVA!DRONE STORE』をチェック!





2019.12.14