Mavic-Air-dji-store

ジャパン・ドローン 2018、現地取材フォト・レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート


画像:筆者撮影


ジャパン・ドローン 2018 イベント・フォト・レポート

2018年3月22日(木)から24日(土)にかけて、幕張メッセで開催される『ジャパン・ドローン2018 / Japan Drone 2018 - Expo for Commercial UAS Market ー』は世界から150社(主催者発表見込み)が集い、プロダクトやサービスの展示を行なうイベントです。『ビバ! ドローン』編集部では、その会場へ取材に行ってきましたので、会場の様子をフォトレポートでお届けします!

ジャパン・ドローン 2018 会場の様子

幕張メッセの第5ホールにズラリと並ぶ展示ブース。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、会場の様子

DJI

黒山の人だかりだったDJIブース。この日は小松製作所(コマツ)に1,000台の機体を納品した、と発表していました。なお、DJIが特定のカスタマー向けにカスタマイズ機体を販売するのは今回が初とのことです。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、DJIブースは盛況

DJIブースで発表を行なうコマツのスマートコンストラクション推進本部の升川 聡さん。建設現場の上空を自律飛行しながら、高精度の3Dモデル作成などを行なうためにドローンが活用されると話していました。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、プレゼンをするコマツの担当者

同社のクラウドプラットフォーム「LANDLOG」に構築されたシステムの中で、ドローンはデータ収集の役割を担います。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、コマツのプレゼン資料

今回DJIがコマツに納品した機体はこちら。米国のスタートアップSkycatch社が開発した測量データソフトを使用する前提でコマツ向けにカスタマイズされています。「白いパネルを貼っただけじゃないんですか?」と質問したところ「そんなわけないでしょ!w」と怒られました。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、DJIがコマツに納品した機体

ベースになっているのは『Matrice 100』です。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、ベースはMatrice100

JUIDA

「残業している人に帰宅を促すドローン」として話題になった、あの機体。実物はこんな感じでした。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、JIUIDAの室内用ドローン

こちらは非GPS環境下で飛行するためのドローン。操作は操縦経験豊富なオペレーターが目視で行ない、万が一壁などに接触した場合でも外側のゲージが機体を守る、という仕組みです。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、JUIDAの室内用ドローン

ブラザー

空撮映像の撮影時などに使用できる『エアスカウター』。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、エアスカウター本体

ドローンのプロポ(コントローラー)に映し出されている映像を……

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、エアスカウターと繋いだディスプレイ

目の前の小型ディスプレイにも表示可能。視線を落とすことなく映像を確認しつつ、同時にドローンを目視できます。なお表示解像度は1280×720で、1メートル先に置いた19型のディスプレイを見ているような感覚で使用できるとのこと。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、エアスカウターの画面

エアロジーラボ

関西テレビと共同開発したというハイブリッドドローンの試作機。小型ガソリン発電機を備え、最長3時間の飛行が可能とのことです。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、大型のハイブリッドドローン

フライトコントローラーはDJI製。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、ハイブリッドローン、フライトコントローラー

ガソリンエンジンでローターを回すわけではなく、エンジンで発電を行なった電力でモーターを回して飛行します。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、ハイブリッドドローン、発電用エンジン

RICHEN POWER

7時間以上の連続飛行が可能というガソリン発電機搭載のドローン。こちらは北京を拠点とする中国企業のプロダクトです。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、発電機付きドローン

発電機部分はこのようにボックスに収納して運搬できます。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、収納した発電機

田中電気株式会社

こちらの有線ドローン『PARC』はレンタルで提供されており、1日84万円(オペレーター費など別)から利用可能です。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、有線ドローン

地上においた発電機から給電し、ドローンを飛ばし続ける仕組み。実際に5日間連続飛行を行なった実績があるそうで、その際はモーターの発熱などの問題も起きなかったとのことです。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、有線ドローンの地上の発電機

ドローン下部に接続された給電用ワイヤー。機体は最高122メートルの高さで飛行し、監視や点検などを行なえます。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、有線ドローンの接続部分

楽天

「空飛ぶからあげクン」として話題になったローソンと共同で行っている取り組みなどに使われている機体がこちらです。現在はゴルフ場での輸送などにも活用されています。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、楽天のドローン

荷物を入れたボックスを収納するパーツはこんな感じ。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、楽天のドローンの荷物収納部分

日本郵便

拠点間配送における活用の実証実験で使用されている日本郵便のドローン。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、日本郵政のドローン

ENERGEN

ドローンやノートPCの充電が行なえる大型モバイルバッテリー。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、ドローン バッテリー用チャージャー

家庭用コンセント同じアウトプットがあるので、一般的な家電製品に給電することもできます。

ジャパン・ドローン 2018、w現地レポート、ドローン バッテリー用チャージャー

DJI製ドローンのバッテリーを充電する様子。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、ドローン バッテリーを充電する様子

エアロネクスト

独自の重心安定化装置「4DGravity」を備えたエアロネクスト社が開発する機体。写真はVRカメラを装着して空撮をするためのモデルです。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、エアロネクストのVR用機体

こちらは「4DGravity」機構を備え、荷物を傾けることなく運べるという機体。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、エアロネクストの配送用機体

ドコモ

空中に文字を浮かび上がらせるドローン。ドローン本体の周囲に取り付けられた回転するフレームを発光させることで、残像を利用して文字や図形を見せることができます。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、ドコモのドローン

MRD

こちらはフレームにエアバッグを装着したドローンの試作機。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、エアバッグ付きドローン

エアバッグは膨らむとこんな感じ。フレームとクッション、ガス発生装置などを含めた重量は約600グラムとのことです。

ジャパン・ドローン 2018、現地レポート、エアバッグ

編集後記

ドローンその物の「進化」は一巡して「深化」を志向するプロダクトやサービスが増えた印象のジャパン・ドローン2018。具体的に「この分野が熱い」という明確なトレンドは見出しづらいものの、物流・点検・測量から機体アクセサリ類まで、さまざまな分野で、各企業がドローンを「深掘りしつつ、試行錯誤している」状況がブースで見られました。

〜 おすすめ記事 〜

【2018年】ドローン関連イベント

DJI セール情報

最大36%オフ!
DJIが春の大セールを実施中です。

Mavic AirやMavic Proなど、
DJI製人気ドローンがお得に買えるチャンスをお見逃しなく!


DJIストアのセール・ページへ行く