【2020年最新】ワイヤレスヘッドホンおすすめ5選!コスパ最強な最新モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ヘッドホンの魅力はイヤホンと比較すると音の繊細な違いまで楽しむことができ、圧倒的な高音質で音楽を聴くことができます。また、楽器の練習をしたいときや大音量で音楽を楽しみたい際にも、同居人や近所に迷惑をかけずに自宅にいながらまるでライブのように音楽を楽しむことができます。

今回の記事では持ち運びにも便利なBluetoothワイヤレスヘッドホンのおすすめモデル5選をご紹介します。この記事が音楽好きの皆さんのお買い物の参考になれば幸いです。

【2020年版】完全ワイヤレスイヤホン購入ガイド決定版!最新おすすめ6選!

Bluetoothワイヤレスヘッドホンの選び方

搭載機能で選ぶ

カフェでの作業中など周りのノイズを軽減してプライベートな空間を実現できる優れた機能性を持つノイズキャンセリング機能。乗り物や騒々しい場所での使用におすすめな、快適に音を聴くことができます。電車でのアナウンスや急な呼びかけにも対応できるよう、オンオフ可能な外音取り込み機能があると非常に便利。屋外で使用する際の安全性の確保にも役立ちます。

また、ヘッドホンはモデルによって有線接続ができるものも。有線接続はバッテリーが切れた際にも音楽を聴くことができるので、もしもの場合も安心です。リモコンやマイク付きのものを選べばオンライン会議の際にも重宝します。モデルによって様々な機能が搭載されているので、購入前に細かくチェックしましょう。

対応コーデックで選ぶ

音質はBluetoothコーデックという、Bluetoothヘッドホンを使用する際に音楽などのデータを圧縮変換する方式によっても変わります。もしご自身のスマホがiPhoneならApple製品と相性の良い「AAC」のBluetoothコーデック対応のヘッドホンを選ぶことをお勧めします。Android製品なら「aptX(アプトエックス)」のBluetoothコーデック対応のヘッドホンがおすすめです。

ご自身のスマホに合う対応コーデックをのBluetoothヘッドホンを選びましょう。また、高音質を求めるなら音質に関するノウハウを持つ大手オーディオメーカーのBluetoothヘッドホンをお勧めします。

連続再生時間が長いものを選ぶ

一般的には連続音楽再生時間が10時間前後のヘッドホンが多く、充電機能が付いた収納ケースで補うことで1日〜2日ほどの長時間使用を実現するモデルも。機種によっては15分ほどの充電で1時間の使用が可能になる急速充電機能付きケースなども販売されており、自分の使用用途に合った高い接続安定性機能を持つものを選びましょう。

【2020最新】ワイヤレスヘッドホンおすすめ5選

SONY WH-510

最大連続再生時間は35時間、急速充電昨日も備えており10分の充電で90分の再生が可能です。このヘッドホンの素晴らしいポイントは5000円以下で購入できるというコストパフォーマンスの高さ。フラットにしまえる小型軽量タイプで持ち運びも楽にすることができます。

耳元のボタンでスマートフォンのプレイヤーを簡単にう操作することができ、スマートフォンやiPhone、PCでのハンズフリー通話が可能。マルチペアリングでSiriやGoogleアプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応しており、オンライン会議の際にも非常に重宝するヘッドホンです。

TaoTronics ワイヤレスヘッドホン

CSR8635チップを搭載しており、ワイヤレスでもクリアな音質と低遅延を実現。バランスの取れたサウンドで音楽を楽しむことができます。音切れなどはほとんどなく、柔らかいプロテインイヤーパッドを採用しているため、わずか240gの重さと人間工学に基づいたデザインで長時間の使用でも快適に耳にフィットします。

一回の充電で最大22時間の連続再生が可能。有線でもお使用できるため、安定した接続環境でも楽しむことができます。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しており、USB Type-C充電することも可能です。

audio-technica  ATH-S200BT

音質に定評のあるaudio-technicaの高コスパワイヤレスヘッドホンです。クリアな迫力サウンドのφ40mmドライバー搭載。耳元で音楽や動画、ハンズフリー通話などの簡単な操作が可能です。音漏れしにくい密閉型で大音量の音楽も楽しむことができます。約40時間、連続音楽再生することが可能。折りたたみできるのでコンパクトに快適に持ち運ぶことができます。快適な耳のせタイプなので、ヘッドホンが苦手だという方にも試していただきたいモデルです。

OneOdio FuSion A7 

無線と有線、用途に合わせてどちらも楽しむことができるワイヤレスヘッドホンです。ヘッドホン本体の両側に6.3mmと3.5mmジャックが共存し、両方に付属のケーブルを差し込むと、2つの音源を同時に再生することができます。特にエレキベース、エレキギター(AMP必要)を練習する方におすすめのヘッドホンです。

強磁力40mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載しているため、音の解像度が高く、不自然なひずみがあり ません。自然で伸びやかな中高音域と、タイトで力強い低音域を聴くことが可能。各楽器の解像度を落とさず音楽に没頭できます。DJヘッドホンならではの広帯域でフラットな特性で、解像度の高いモニタリングを実現したモデルです。

またデザイン性にも優れており、光沢感のある素材により指紋や皮脂が付きにくい製品です。片耳モニタリングが90度の反転モニター機能もあり、日常使いはもちろん、音楽鑑賞、DJ、楽曲制作、ミックス、モニタリングなどにも最適です。

SONY WH-1000XM4

進化したアルゴリズムによりノイズキャンセリング性能が向上。前モデルよりも20%多く不要なノイズをカットします。音楽、騒音、音響特性により高い精度でリアルタイムに適応する、ソニーの最新ワイヤレスヘッドホンです。進化した高音質設計AIによる深層学習を施したDSEE Extremeがリアルタイムで音楽を解析、最適な音にアップスケーリング。LDAC伝送音源やDSEE Extremeによるアップスケール音源もイコライザーでお好みのサウンドに調整できます。

ユーザーの行動に合わせてノイズキャンセリングや外音取り込みモードを自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」搭載。AIがユーザーのよく行く場所に合わせて好みのノイズキャンセリングや外音取り込みモードに切り替えてくれます。ヘッドホンの付け外しだけで音楽を再生停止する装着検出機能に対応軽量設計、側圧/イヤーパッドの接地面積などを最適化する事で長時間利用でも快適な装着感を実現した、賢すぎる最新ワイヤレスヘッドホンです。

【2020年最新】音楽ストリーミングサービスどれにする?人気の5社を徹底比較!




2020.11.11