無料/格安:ロイヤリティフリー&商用利用可能な音楽(BGM)のダウンロードサイト #映像制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ロイヤリティフリー、ストック音楽

無料&格安で利用できる音源(BGM、動画用音楽)をお探しの皆様へ。結論から申し上げるなら、以下の3サイトをご覧いただければOKです。

えっ?「さすがに、結論だけすぎる!」って思われましたか?

たぶん、いきなり結論だけみせられてもギモンや不安がわきますよね。「商用利用可能なの?」「著作権関係の問題はないの?」「クオリティは大丈夫なの?」などなど。

わかりました。ここから、あなたの動画で今日から利用できる無料/格安で商用利用可能な音楽(BGM)のダウンロード方法について、細かくご説明します。上記の3サイト意外にも、いくつかチェックするべきウェブサイト(ストックミュージック)をご紹介していますので、ぜひ、隅々までじっくりお読みください。

関連記事:無料/格安:商用利用可能なストック動画のダウンロードサイト7選 #映像制作


動画に利用する音楽のキホン

そもそも、動画制作に音楽は必要なのでしょうか? 答えは目的次第、作り手次第です。しかし、配信先がインターネットであれ、イベントや展示会の上映であれ「音楽がない(ナレーションや環境音だけ)の映像」は極めて稀です。音楽を入れなければならないという決まりはなく、あえてBGMをつけないことで印象的な映像を仕上げることも可能ですが、多くの場合において映像に一貫した雰囲気を与えたり、視聴者の注意をひきつけ続けたりするためにBGMは有効な手段になります。

映像とは“目で聴く音楽である”

ロイヤリティフリー、映像編集

映像を評価する軸には構図のとりかたや画質の良さ、色味といった各シーンの撮り方に加えて、それぞれのシーンの連続が意味を持った(あるいは意味を持たないという意味を持った)シークエンスとして連続する必要があります。つまり、音楽にメロディーやリズムがあるのと同様に映像も“意味のあるタイミング”でシーンを繋いでいくことで、狙ったメッセージを視聴者に伝えられるのです。

大半の場合は気持ち良いテンポで映像を切替え、視聴者を惹き付けるように編集しますし、ホラーやサスペンスの場合は意図的に不安定さや気持ち悪さを感じさせるテンポにすることもあります。

このような映像のリズム、テンポは、もちろん本来的には映像そのもののつながりで構成されるべきですが、何の基準ももたずに映像だけで意味のあるつながりを生み出すのは容易ではありません。出演者の演技や環境音など、映像としての力でそういった効果を生み出すことは可能ですが困難ですし、熟練した映像制作者でも意図した成果が生み出せない場合もあります。

一方で、より現実的な方法として、映像を音楽にあわせて編集をすることで全体に一貫したムードを生み出し、多くの視聴者に同じ印象を抱かせることが可能になります。「音楽の力に頼る」ことを、映像表現のスポイルだとみなすことは妥当かもしれませんが、現実的な文脈において音楽の力を借りて動画を編集することを全面的否定することは生産的ではありません。

好きな音楽を勝手に使えるわけではない
著作権の話

無料/格安:ロイヤリティフリーで商用利用可能な音楽(BGM)のダウンロード方法

映像に一貫したムードを生み出し、視聴者に適切なストーリーを伝えるための“補助線”として音楽(BGM)は極めて有用なツールであることは先にお話しした通りです。

しかし、誰もが自分の動画作品に好き勝手にどんな音楽でも使用してよいということはありません。近年では『Apple Music』や『Spotify』など、世界中のあらゆる音楽を定額で視聴できるサービスが普及していますが、そこでダウンロードした音楽はあなたが個人的視聴するために配信されているのであって「あなたが制作した動画のBGMに使用する」ことは許可されていません。

現実の話として、あなたがインターネットに公開した動画に“ボンジョビ”の音楽を無断で使ったとして、ジョン・ボンジョビから訴えられることがあるのかどうかは……法律の専門家ではない私たちには定かではありませんが、あなたがよほど有名でないかぎりない問題ないのかもしれません。しかし、そういった行為が著作権をないがしろにする行為であることは明らかです。また、YouTubeなどでは著作権に反する動画は異議申し立てによりマネタイズができなくなるといった仕組みがありますし、何より自分が権利を有さない音楽を無断で作品に使用することはクリエイティブコミュニティにおいてクールであるとみなされるケースは稀です。もちろん、ジョン・ボンジョビも喜ばないでしょう。

著作権トラブルを避ける
ストックミュージックを使おう

無料/格安:ロイヤリティフリーで商用利用可能な音楽(BGM)のダウンロード方法

そこで登場するのは『ストックミュージック』と呼ばれるサービスです。これらのサービスは、サービスの提供者(社)と音楽を制作したアーティストの間で事前に適切な取り決めが行われ、サービスの提供者(社)から音源を購入したユーザー(動画製作者など)が作品にBGMなどとして使用することを前提して販売を行なうものです。

『Apple Music』などは個人視聴を前提としているのに対して、ストック・ミュージック・サイトは作品での使用を前提としている点が大きな違いです。そのため、適切に運営されているストック・ミュージック・サイトから音楽を購入して自分の映像に使用することは法律的観点からも、クリエイティブ・コミュニティにおける慣習においてもトラブルになるようなことは無いのです。

クオリティと値段の問題
意外に難しい音源選び

無料/格安:ロイヤリティフリーで商用利用可能な音楽(BGM)のダウンロード方法

自分で映像をつくる際にはBGMを入手する先はストック・ミュージック・サイトを選ぶことになります。

しかし、ここには2つの大きな問題が存在しています。

ひとつ目はクオリティです。これは多くの場合、主観的な意味合いで語るしかありませんが、大半のストック・ミュージック・サイトの音楽はクオリティに問題が……というより、率直に言うならダサいのです。先にも書いたとおり、音楽(BGM)は映像の雰囲気をまとめあげ、視聴者にストーリーを伝えるために大きな影響を与えますが、それは「薬にも、毒にもなる」というわけです。スタイリッシュな映像でクールな雰囲気を演出したいのに、音楽が「ブンチャカ、ブンチャカ、ポンポン」では全てが台無しです。

もちろん、ストック・ミュージック・サイトの全て音源のクオリティが低いわけではありません。しかし、往々にしてハイクオリティな音源を提供するサイトは値段が高いのです。アーティストの創作に対して経緯位をはらうという意味ににおいて、必要な対価を支払うことはあらゆる人の義務であることは明白です。同時に、私たちの多くは限られた予算の中で最大限の効果が発揮出る購入先を選ばなけれならないという、現実的な課題も抱えています。「1曲の値段をいくらにするべきか?」という問いに共通の答えはありません。しかし、1曲に100ドル、1万円以上といった金額を支払うことが、多くの映像クリエイターにとっては現実的ではないようにも思えます。

1例として『プレミアムビート』は適切に管理されたハイクオリティな音源をダウンロードできるウェブサイトですが、1曲あたりの値段は65ドル(7,000円前後)です。フェアな金額ではありますが、手頃さを感じる人は多くないかもしれません。


無料で商用利用可能な音楽(BGM)の
おすすめダウンロードサイト

ここでは無料で使用でき、商用利用も可能な音楽を提供するサイトをご紹介します。

Fugue|Free Royalty Free Music

Fugue

音源へのリンクを表示することで、無料で商用利用可能な音楽(BGM)がダウンロードできるウェブサイトです。ジャンル分けがすこし雑だったり、ちょっと古い時代を思わせる曲が多い気もしますが、無料であることを考えるなら十分満足できるラインナップと言えそうです。なお、ライセンスについての詳細(日本語)はこちらをごらんください。

こちらも参考に

上記の例ほど“いまふう”の音源があるわけではありませんが、無料で動画に使用できるロイヤリティ・フリーの音楽を探している場合はこちらのサイトも要チェックです。

※Freesoundの音源は「CC0」のみがロイヤリティフリーで、他の音源には一定の制限がある場合がありますCC0の詳細(日本語)についてはこちらをご覧ください。

格安で商用利用可能な音楽(BGM)の
おすすめダウンロードサイト

「1曲あたり数千円」という金額ではなく、月額数千円の課金で複数の音楽(BGM)がダウンロードできるストック・ミュージック・サイトをご紹介します。

Epidemic Sound| 完全ロイヤリティフリー業務用音楽

エピデミックサウンド

「スウェーデン発、世界最大級」を謳うストック・ミュージック・サイトです。幅広いジャンルのハイクオリティな音源は海外のシネマティック系YouTuberからの支持も高くPeter Mckinnon(ピーター・マキネン)さんなどの著名クリエイターがプロモーションに参加しています。また、音源をメロディーやベース、ドラムなどに分解して使用できる点も特長。効果音なども充実しており、このサイトひとつで必要な「音」がまとめて揃えられる優れたサービスです。なお『Epidemic Sound』のライセンスについての詳細(日本語)はこちらをご覧ください。

【動画】Music for your YouTube videos

【Epidemic Soundの曲を使用して作られた動画のサンプル】
“On Cloud” in Motion. Film by Tr3s

Artlist|どんな使用でもの無制限著作権

アートリスト

『Epidemic Sound』と人気を2分するハイクオリティな音源がダウンロードできるサイト。あらゆる配信先での利用が可能なライセンス形態であることや、音楽を探すインターフェースが直感的でわかりやすいことが魅力です。なお、ライセンスの詳細(日本語)についてはトップページの「メニュー(三本線アイコン)」をクリックすると表示される「サポート/よくある質問」をご参照ください。

【公式PR動画】Music For Youtubers

【動画Artlistの動画を使用して作られた動画のサンプル1】
ハーレーもセグウェイもネットに繋がる!
コネクテッド・ビークルが今年のトレンドだッ!

【動画Artlistの動画を使用して作られた動画のサンプル2】
iPhone XSだけでアブダビを撮影 #アラブ首長国連邦 – YouTube


編集後記

『無料/格安:商用利用可能ロイヤリティフリーな音楽(BGM)のダウンロード方法 #映像制作』はいかがだったでしょうか? 動画制作に活用いただけたら幸いです! この記事が役立ったと思う方はSNSでシェアをお願いします。


この記事はこんなワードで検索した方におすすめ

  • BGM フリー
  • BGM かっこいい
  • 音楽 フリー 素材
  • 音源 フリー ダウンロード
  • youtube 音楽 フリー

※本記事で紹介しているストック・ミュージック・サイトからはロイヤリティフリーで商用利用可能な音楽がダウンロード可能ですが、ウェブサイトや楽曲により「権利表示要/不要」などの細かな条件は異なります。楽曲の使用にあたっては、個人の判断により音源を適切に使用するようご注意ください。また、当サイトは本記事で紹介したウェブサイト、及び楽曲の使用により発生したトラブルに対して何らの責任も負うものではありません。

CGクリエイター注目!GPU演算能力の貸し出しサービスをA.L.I.が開発中

話題のエアモビリティ比較! 世界のエアモビリティを比較してみた!

Osmo Actionと注目の撮影機材&ドローン


注目&おすすめの製品

Translate »