シャンゼリゼ通り上空、フライボードが宙を舞う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

パリ祭りに突如あらわれた謎のフライボード

毎年7月14日にフランス共和国設立を祝う記念日「パリ祭」が今年も開催されました。フランス革命の発端となるバスティーユ襲撃が1789年のこの日に起きた事から起因します。

2019年のパリ祭りで、突如あらわれ、シャンゼリゼ通り上空を優雅に飛行する謎のフライボード!フランス軍の開発する軍事技術の一つとしてパレードに登場し、世界中の注目を浴びています。

乗っていたのは誰?

マクロン大統領はフライボードの動画と共に「現代的で革新的だ」とツイッターに投稿しました。

動画を見る限り、マシンガンを持った操縦士は非常に高度な位置を保ちながら、優雅に方向転換をさせフライボードを乗りこなしています。

操縦士はフランスの発明家であるフランキー・ザパタ氏。元ジェットスキーのチャンピオンでもあります。

ザパタ氏はここ数年間フライボードを各地で披露しており、2016年にはフライボードの飛行におけるギネス記録保持者でもあります。

【動画】ギネス公式 – ホバーボードフライト

フライボードとは?

今回、パリ祭で発表された「Flyboard Air」は5つのジェットエンジンを搭載しています。

海外メディアのThe Guardianによると、フライボードの最高時速は190km。かなり速い事が動画を見ても解ります。

現時点では1度に10分間、利用可能。フランスの特殊部隊がフライボードに関心を持っているという噂です。

まるで某アメコミ映画の某有名ヒーローの様!映画の中の世界が現実になりつつあります。

 

関連記事

時速160kmで空を飛ぶフライボード

日本初!空飛ぶバイク『Speeder』の一般販売開始をA.L.Iが発表

Translate »