船底点検や河岸調査などに最適なドローン「FIFISH V6 PLUS」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


QYSEA社が開発した産業用小型水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」。船底点検・ダムをはじめ、河岸調査などでの活躍が期待できます。

「FIFISH V6 PLUS」の主な特徴

出典:ジュンテクノサービス

距離ロック・ソナーシステム

衝突防止システムを備えたDLCAソナーシステムを搭載しているため、対象物との距離を固定し距離を保ちながら撮影が可能。さらに、DL(Distance Lock)により運用上の複雑さが大幅に軽減できるため、操縦士が画像の撮影や記録に集中できます。

SDカードへの直接記録が可能

本体底にSDカードスロットが搭載

高性能レーザースケーラー

AIが対象のサイズを自動的に算出する「高性能レーザースケーラー」が搭載。水中での調査で活用できます。

オープンソース

QYSEA社がオープンソース「QYSEA.Platform」を提供。アプリケーションの再設計などで活用できます。

VRヘッドトラッキング

付属のVRゴーグルを使用すれば、機体連動のヘッドトラッキングが可能。頭の動きだけで機体の動きをコントロールできます。

「FIFISH V6 PLUS」の主なスペック

・サイズ
383 mm * 331 mm * 143 mm
・重量
5.0 kg
・スラスター数
6(4*ベクトル+ 2*水平)
・機動性
6 DOF(自由度)
・移動
左右、上下、前方および後方
・回転
360°ピッチ、360°ロール、360°ヨーイング
・Posture Lock
±0.1°ピッチ角度または±0.1°ロール角度をロックし、
任意の方向に移動可能
・ホバリング精度
ROVを±1 cmで停止状態に保つことができる
・スピード
静水中で最大3ノット(1.5 m/s)
・最大深度
150 m
・動作温度範囲
-10°C〜60°C

本記事を読んで「FIFISH V6 PLUS」が気になった方はジュンテクノサービスをチェックしてみてくださいね

【2019年版】注目度が高まる産業用ドローン5機種




2020.10.14