Mavic-Air-dji-store

【プロフェッショナルドローングラファ空撮日記】ワンカット空撮の極意!〜冬の鶴ヶ城〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドローングラファとして多方面で活躍する田口厚さん

田口厚さんプロフィール

ドローンを活用した事業企画、空撮動画制作、ドローンの活用をテーマにした講習等の企画・講師、Webメディア原稿執筆、ドローン導入支援等も行う。また、2016年5月〜ドローンオペレーターマッチング事業及び地方創生動画メディア&素材販売事業を行う株式会社Dron é motion(ドローンエモーション設立。JUIDA認定スクール講師、DJI CAMP インストラクター。

ドローングラファとして、またドローンインストラクターとして各方面でご活躍中の田口厚さん。

今回は、そんな田口さんがワンカットで撮影された冬の鶴ヶ城での空撮動画を入手★

 

株式会社Dron é motion(ドローンエモーション) – 【ドローン空撮】鶴ヶ城(会津若松城)ワンカット 白虎隊

 

戊辰戦争での激しい攻防戦を耐え抜き、難攻不落の天下の名城とうたわれた鶴ヶ城。

鶴ヶ城の持つ厳かな雰囲気をドローン撮影で見事に捉えたワンカット空撮動画です。

日本で唯一、鶴ヶ城だけで見れる幕末時代の瓦(赤瓦)をまとった優美な姿を、田口さんこだわりのポイントを詰め込んだドローン空撮で印象的に撮影されています。

株式会社Dron é motion(ドローンエモーション)

今回の記事では田口さんにこちらの空撮動画で実際に使用された機体や、撮影のこだわりポイントをお伺いしました!また、初心者が印象的なワンカットを撮る際のテクニックも伝授!

ドローン空撮に興味のある方やワンカットに挑戦したい方、必見です!

 

田口さんリアルガチ愛用!映画の様な空撮ができるドローン

Mavic 2 Pro

 

ドローングラファ田口厚さんが仕事やプライベートで愛用しているドローンはMavic 2 Pro!!

DJI製品の中で「プロ」の名が付いた初の一般ユーザー向けドローンは、そのカメラの性能の高さから、多くのドローングラファが愛用している機体です。

全方向の障害物回避機能も備えており、安全面でも評価の高いドローンです。

 

DJI Mavic 2 ProをDJI公式ストアでチェック!

 

Mavic 2 Proはコンパクトさにも定評が。1リットルのペットボトルと並べて見てもこのサイズ!

これなら遠出をする時にも、持ち運びのストレス無くドローンを持って行く事ができます。

 

 

Mavic2/Mavic 2 Pro/Mavic 2 Zoomそれぞれのスペック詳細情報、機能紹介は以下の記事にまとめております。

一足遅い!DJI Mavic 2 実機評価【機能紹介編】

一足遅い!DJI Mavic 2 実機評価【機能紹介編】

DJI Mavic 2 シリーズをDJI公式ストアでチェック!


 

ドローングラファが語る!鶴ヶ城の空撮こだわりポイント

 

赤瓦にうっすらとかぶった雪が、より一層の渋さを引き立てる鶴ヶ城。

冬の鶴ヶ城の魅力を余すところなく映し込んだドローン空撮で、田口さんはどの様な点を意識し、この映像を撮影されたのでしょうか。

 

空撮テーマは『ワンカットの中で鶴ヶ城の魅力をどう表現するか』

 

田口さん :

ものものしい鉄門 ⇒ 奥行きがある長い廊下(建物)⇒ 雪がうっすらと積もった5重の天守 ⇒ 会津若松の雪景色…

という構成が鶴ヶ城の魅力(強固な作り・寒冷地仕様の赤瓦・雪景色)を表現するのにベターと考えて、それを表現できるフライトルートを選定、撮影しました。

まずは撮りたい対象物を魅力的に表現する構成を考えます

撮りたいポイントや、ストーリーを感じさせる流れを頭の中で事前に組み立て空撮に臨む事が、ワンカットで大切なポイントです。

また人通りが多い場所や、今回の様に国の重要な施設・文化遺産の近くで空撮をするには、事前の申請が必要です。

国内のドローン規制について、しっかりとした知識をつけておく事も空撮を安全に楽しむ為に、とても重要なポイントになります。

 

★合わせて読みたい!国内ドローン規制についての記事はこちら★

きっとあなたも間違えている。国内ドローン規制3つの落とし穴

★合わせて読みたい!海外ドローン規制についての記事はこちら★

海外ドローン規制:海外の人気旅行先でドローンを飛ばすために知っておきたいあれこれ

田口さん直伝!初心者がワンカットで撮る際のアドバイス

田口さん :

初心者の方が空撮をする時に陥りやすい落とし穴は「あちらこちらを映したくなってしまう」事。

右を向いたり左を向いたり、複雑な動きをしてしまうと、どうしても画面が見辛くなってしまいます。

今回の鶴ヶ城もドローンの動きは機体を捻りながらバック&上昇しているのみです。

その代わり、映像として画角に入ってくる被写体を、どの様に見せるかを考えながら被写体の距離や画角を決めている。

まずは映像としての画角を中心に考えて全体を構成し、フライトルートやカメラの動きを出来るだけシンプルにしてあげると、必ず見違えるはずです!

 

最近はおもちゃの様な低価格で高性能なカメラを備えた空撮ドローンも増えています。

Mavic 2シリーズなど本格的な空撮用ドローンを購入する前に、まず練習しておきたいという方には空撮ができるトイドローンがオススメです。

ドローン空撮をたのしむには国内・海外のドローン規制についての知識に加え、より魅力的な映像を撮影するにはシンプルに機体を動かす繊細なテクニックが必要です。

★初心者の方にオススメの1万円代の空撮ドローンはこちら!★

トイドローンを使用し練習する他に、ドローンスクールに通うのも操縦を効率良くテクニックを磨ける一つの手です。

 

おすすめドローンスクール記事はこちら

ドローン操縦士養成スクール『名鉄ドローンアカデミー』が6月に開校

ドローングラファ田口厚さん直伝、ドローン空撮の極意!

ビバ!ドローン』限定で今後も随時更新していきますのでお楽しみに★

【国内正規品】Parrot ドローン Mambo Fly ドローン規制対象外200g未満