• カテゴリ一覧を見る

埼玉県内初開講、スカイファイト川口で受講できる「ドローン×プログラミング・英会話」 とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社ドローンネットでは、「ドローン×プログラミング・英会話」をかけ合わせた新しい学校外教育サービスをスタート。2021年11月18日に開講したばかりの「スカイファイト川口」含め、全国各地の複数校で展開しています。

実践的なドローンスキル取得だけではなく、プログラミングスクールの受講を検討されている方もぜひ参考にしてください

国土交通省・管理団体であるからこそ実現できた理想的な「ドログラミング(プログラミング)学習カリキュラム」を作成。小学校で必修となったプログラミング授業のフォロー(予習・復習・補填)は勿論、本格的な将来プログラマーやゲームクリエーターを目指す際に必要な基礎構築まで対応した次世代のデジタル教育となっております。
出典:https://skyfight-drone.com/

株式会社ドローンネットについて

ドローンの販売、ドローンを使ったアクティベーションサービスや、ドローン関連コンテンツの企画・開発・運営を通したドローンの普及活動を行っています

「ドローンが作り出す笑顔をお客様に届けたい」と会社HPにあるように、全国各地にドローンレース場「スカイファイト」やドローンスクール「ドローン ザ ワールド」を展開。大きな可能性を秘めているドローンの楽しさを日常的に感じられる機会を提供しています

参考:https://drone-net.co.jp/about/

「スカイファイト川口」開設および新カリキュラム作成の経緯とねらい

数あるドローンスクールの中でも、注目を集めているスカイファイト川口。
各カリキュラムの特徴を紹介していきます。

2020年4月より小学校で必修となったプログラミング学習。「スカイファイト川口」は、学校で学んだ内容を、日常で楽しみながら使えるようになるためのフォロースクールとして展開しています。

さらにドローンは子どもたちの間でも絶大な人気を持つアイテムです。株式会社ドローンネットでは、これらを組み合わせて独自のカリキュラム「ドログラミングコース」を作成しました。スカイファイト川口は、埼玉県内初の「ドログラミングコース」開講校となります。

スカイファイト川口について

2021年11月18日OPEN。ここ数年注目されている「ドローンパイロット」を育成するスクール。
今回埼玉県内初開講となったドログラミングコースを含む「キッズスタジオ」や、国土交通省・管理団体が発行する資格(UASレベル2の取得準備できる「商用パイロットコース」を開講しています。

参考:https://www.central-group.co.jp/sf-kawaguchi/index.html

キッズスタジオ

質・カリキュラム共にワンランク上のコンテンツを目指すスカイファイトならではの次世代『デジタル・プログラミング教育』。年齢を問わず、5歳から始められるドローンxプログラミング教室であるだけに、楽しみながら、ドローンを使ってプログラミング的思考・課題解決力を育むことができます

参考:https://skyfight-drone.com/cont/drogramming/

商用パイロットコース

商用パイロットコースは、最短2日で国土交通省・管理団体認定であるUASレベル2資格を取得することができます

受講前訓練セットを資格を取得するまで無料レンタルできるので、自宅での予習や復習も大変便利なのが特徴です。また最大受講数3名までの少人数制コースなのでじっくりと学習に励むことができるでしょう。
コース終了後に行われる認定試験をパスするとUASレベル2技能認証を取得できます。

参考:https://skyfight-drone.com/item/10/

新しくつくられたカリキュラムを紹介!ドローンとプログラミング・英会話

新しく創設される「ドローン×プログラミング」コースとは?

ドローンのアクティベーションやコンテンツ開発の実績を多く持つドローンネット。同社が開発した独自カリキュラム、「ドログラミングコース」についてご紹介します。

コース概要

小学校教育から必修となったプログラミング学習は、論理的に物事を考える力”を養う目的としても効果的です。それをドローン操作に融合させたのが本コース。

プログラミング中に必要となる、『動きの組み合わせ』や『動きに対応した記号の改善方法』の考案などをとおして倫理的に考えていく力が養えます

【内 容】
ドローンを使った脳トレ
「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった普段あまり体験しない動作により脳を活性化して、脳の機能向上を促します。

専用アプリを使用したプログラミング学習
専用アプリを通してプログラミングの基本を理解します。自分が打ち込んだコマンドによりアプリケーション内の機体が動くなど、ゲーム感覚で学びながら学習をすすめられます。アプリ内のキャラクターの指示に従いながら楽しく操作していきます。③ドローングリッシュ
「ドローングリッシュコース」は、ドローンと英会話を組み合わせて同時に学ぶコースです。
クラスメートとも英語でインタラクションをとることでチームワークのスキルも学べます。ネイティブ講師が、左右の動きなどのドローンの基本操作を英語で指示していきます。体を動かしながらゲームを進めて、ドローン操縦に必要な英語を増やしていくことで英検5級レベルの英会話をマスターすることができます。

学習用マイクロドローンで課題解決思考学習  ※授業時間65分/回
マニュアル操縦および自らプログラミングした自動操縦によるドローンの遊戯を通じてプログラミング的思考・課題解決思考を養います。

 

ドログラミングコース詳細はこちらから:
https://skyfight-drone.com/cont/drogramming/

 

ドログラミングコース無料体験の詳細はこちらから:
https://skyfight-drone.com/cont/experience/

 

参考:https://skyfight-drone.com/cont/drogramming/

オンライン講師から

上記のような画期的な講座を展開するスカイファイトの講師コメントを紹介します。
受講を検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

 

ドローンは「飛ばせる」だけでは駄目で、離陸から着陸まで、如何に「安全に飛ばせるか」がきわめて大切です。
その為の知識やトレーニングを一人一人の目的、ペースにあわせて進めていきます。
課題を見つけ克服することは決して簡単なことではありませんが、一つ一つ、コツコツと楽しみながら取り組んでいけたら良いかと考えます。
ドローンは近い将来、さまざまな場面での活躍が期待されています。
あとは皆さんのアイデア、頑張り次第でドローンの可能性は無限大に広がっていきます。
(オンライン・レッスン/研修 商用パイロットコースインストラクター 小島 浩)
出典:https://skyfight-drone.com/lesson/?trainer=11

編集後記

今回は、埼玉で開校されるドローンスクールの注目カリキュラムについてご紹介しました。

小学校必修科目といいながら、5歳から学べる、という点が驚きですよね。さらに、大人でもつい苦手意識を持ってしまいそうなプログラミングと英会話を、体を動かしながら学べる敷居の低さも魅力的です。

論理的思考を養いながら、クラスメートやドローン自体とのコミュニケーション方法を、英語で学べる、という一石三鳥のコース。ぜひチェックしてみてください!


補足:
商用パイロットコース詳細について

1)ドローン操縦士初級(6時間)

ドローンの基本的な構造や仕組みを理解するためのコース。安全、安心が重視されるドローンの操縦方法、ドローンを飛行に関連する法令を学びます。

2)ドローン操縦士中級(6時間)

ドローンビジネスで必要とされている実践的な操縦技術を学びます。空撮飛行、目視外操縦や国土交通省への飛行許可申請の方法についても説明があります。


 

 





 

2021.12.07