ドローンを初めて買うならコレ!5000円以下で購入できるドローン5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


ここ最近何かと耳にするドローン。『飛ばしてみたい!』と思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、ドローンと一括りに言っても数千円で買えてしまうものから何十万円とするモデルまであり、何から購入すれば良いのか迷ってしまうもの。今回の記事ではドローン初心者にお勧めの5000円以下で買えるカメラ付きドローンをご紹介していきます。

5000円以下で購入できる!
おすすめドローン5選

安価な機体は、きちんと飛ぶのかと心配する方もいらっしゃるでしょう。今回の記事では値段重視でも性能はバッチリなドローンのみをご紹介します。ご紹介するドローンの中にはカメラがついているものも。空撮はもちろん、FPV操縦の練習などができるモデルもあり、それぞれの特徴も詳しくご紹介していきます。

室内で楽しむならコレ!
Holy Stone  HS210

• 重量:21g(バッテリー込)
• 本体サイズ:80×80×30mm
• 飛行時間:約20分(バッテリー3本)
• 操縦可能距離:約50m
• カメラ:無し
• 参考価格:3,750円(2020年1月現在)

3000円台で買える手のひらサイズのドローンです。専用収納ケースも付属しているのでどこへでも簡単に持ち出せます。また、コントローラーに加えてバッテリーが初めから3つついてくるので、買ったそばから思う存分飛ばすことができるのもポイントです。さらには予備のプロペラも4つついてくるので、もしもの時も安心です。

HS210は小さなサイズにもかからず抜群の安全性と安定性を持っています。6軸ジャイロ制御システムに加えて気圧センサーによる高度維持機能により、ホバリング(空中で一点にとどまること)が容易にできるようになっています。そのためドローン初心者でも簡単に飛ばすことができるので、初めてのドローンに最適です。ドローンの飛ばし初めは壁などにぶつけることも多いですが、HS210ならプロペラガードがついているので安心。寒い冬に暖かい室内で飛ばして遊ぶのも良さそうですね。

また搭載機能が豊富なところも嬉しいポイント。たった一回のキー操作で起動、そして着陸ができます。何かとミスしがちな着陸を自動でしてくれるのはありがたい機能です。さらに三段階でスピード調整が可能なため、飛ばし始めはゆっくりとしたスピードで、飛行に慣れてきたら更にスピードを上げていくというようなことができます。

FPVもできるドローン
EACHINE E61HW

• 重量:200g(バッテリー込)
• 本体サイズ:110×110×30 mm
• 飛行時間:約22分(バッテリー 2本)
• 操縦可能距離:約50m
• カメラ:有り(0.3mp)
• 参考価格:4,600円(2020年1月現在)

5000円以下で買える空撮もできるドローンです。ワンキースタート対応なのドローンの起動→空撮→着陸が手軽にできます。このドローンはFPVにも対応しておりスマホがあればドローンからの視点で飛行を楽しむことができます。

また、搭載されたカメラを使用して空から空撮をすることが可能。スマホへの転送もできるため手軽に空撮写真をSNSにあげることができます。旅行先や記念撮影などで大活躍まちがい無しのドローンです。

機体制御に関しては気圧センサーによる高度維持ができるため安定した飛行ができます。緊急停止もできるので初心者でも安心です。さらに機体の飛行ルートを指定することができる軌跡飛行モードにも対応しているため自分の好みのコース、構図で空撮が簡単にできます。初めて空撮をする人でも手軽に飛ばすことができる良い機能です。

コンパクトでもしっかり空撮を楽しめる
Tech rc TR008W

• 重量:42g(バッテリー込)
• 本体サイズ:130×130×30 mm
• 飛行時間:約20分(バッテリー2本)
• 操縦可能距離:約25m
• カメラ:有り
• 参考価格:4,598円(2020年1月現在)

たった13センチ四方の機体にもかかわらずFPVさらには空撮もできてしまうドローン。この大きさなら色々なところに気軽に持って行けそうです。手軽に持ち運べてワンキーで離発着もできるのでお出かけ先やふとしたところで簡単に空撮ができます。

三段階で速度調整ができるため初心者でも段階的にテクニックを身につけられるようになっています。気圧センサーによる高度維持に加えバッテリー残量の警告もしてくれるため、簡単に飛ばすことができます。

小型ながら衝撃につよいデザインを採用しているので安心感が違います。予備のプロペラも付属しているためたとえプロペラが折れても安心。この小ささ、そしてこの軽さの機体にこれだけの機能が詰まっていると考えると初めての空撮機や練習機にはもってこいですね。

超小型FPVドローン
Potensic A20W

• 重量:24g(バッテリー込)
• 本体サイズ:91×80×31.8 mm
• 飛行時間:約6分
• 操縦可能距離:約15m
• カメラ:有り
• 参考価格:4,899円(2020年1月現在)

大人の握りこぶし程度の大きさにもかかわらずFPVもできてしまうドローン。気圧センサーによる高度維持にも対応しています。ワンキーで離発着ができるため初心者や子供でも簡単に安定した飛行が可能。プロペラガードもついているので室内でも安心して飛ばすことができます。

他の機体に比べて操縦可能距離が短いのですが、有効距離外アラームによってドローンの紛失を防ぐことができるのも安心なポイントです。

スマホがあればFPV飛行もできるので家族みんなで家の中でドローンレースをすると言ったことも可能です。友達同士や家族同士でドローンを楽しむにはうってつけの機体なのではないでしょうか。

室内でも思う存分楽しめるドローン
Holy Stone HS170

• 重量:42g(バッテリー込)
• 本体サイズ:135×135×40 mm
• 飛行時間:約7分
• 操縦可能距離:約60m
• カメラ:無し
• 参考価格:4,180円(2020年1月現在)

室内で練習するにはもってこいのドローン。このドローンは高度維持の機能がついていません。だからこそ、レーシングドローンなどの高度な操縦練習にぴったりのドローンなんです。これはドローン教室などの練習機として積極的に取り入れられているモデルです。将来的にドローンレースにもチャレンジしたいと思っている方が練習するのに非常にベストな機体です。

機体自体にプロペラガードがついているため室内でも安心して飛ばすことができます。バッテリーも初めから2つついてくるので思う存分、飛ばすことができます。またこの機体にはワンキーで元の位置まで戻ってくる機能や宙返りができる機能などが備わっており、入門者の練習用そして遊びで飛ばすための機体としても使用できます。

編集後記

5000円ほどで買えるドローンは本当にたくさんの種類があります。自分自身が空撮をしたいのか、FPVをしたいのかなど、ドローンを購入する目的を明確にすることでご自身に合うベストな機体を見つけることができると思います。低価格ドローンから操縦を初めてみることで新たな発見があるかもしれませんね。

★ドローンを購入するならコチラ★




2020.07.22