2019年9月の航空法改正!新たなドローン飛行ルールとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

<人気記事リスト>

ドローンを飛ばすなら、避けては通れないのが航空法。2019年9月18日付けで新たなルールが加わったことをご存知でしょうか。といっても、厳しい内容ばかりではありません。なかには、「ドローンを飛ばすなら、これぐらいは当然でしょ?」と思うような内容も含まれています。今回は、これまでの飛行ルールに新たに加わった内容をピックアップしました。

【ドローン規制】2019年5月の法改正における2つのポイント

2019年9月より新たに施行されたドローンの飛行ルール

9月18日付けで、『航空法及び運輸安全委員会設置法の一部を改正する法律』『航空法施行規則の一部を改正する省令』が一部施行・全面施行されました。これにより、無人航空機(ドローン・ラジコン機等)における新たな飛行ルールが航空法に追加されています。追加された内容は、図(国土交通省『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行ルールについて』ポスターより抜粋)の1~4番の部分です。

国土交通省『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行ルールについて』ポスターより抜粋

飲酒時の飛行禁止

飲料はもちろん、アルコールを含む食べ物も該当します。アルコール濃度の程度を問わず、アルコールを保有する状態でのドローン飛行全般が禁止となりますので、注意しましょう。これは、アルコールによる身体への影響が、個人の体質やその日の体質によって異なるためです。

飛行前確認

飛行前には、以下のポイントに注意し、飛行の準備が整っているかを必ず確認しましょう。

【機体の点検】

・バッテリー、プロペラ、カメラなどの各種機器が確実に取り付けられている

・プロペラやフレームなど、機体に損傷や故障がない

・通信系統、推進系統、電源系統、自動制御系統が正常に作動する

【飛行空域および周辺状況の確認】

・飛行経路に航空機やほかの無人航空機(ドローン、ラジコン機等)が飛行していない

・飛行経路下に第三者がいない

【気象情報の確認】

・風速、気温、降雨量が運用限界の範囲内である

・十分な視程が確保されている

【燃料の搭載量およびバッテリー残量の確認】

・飛行計画に対して十分な燃料またはバッテリーを有している

衝突予防

航空機またはほかの無人航空機(ドローン、ラジコン機等)との衝突を避けるための方法と、具体例は以下のとおりです。

・飛行経路上および周辺空域において飛行中の航空機を確認し、衝突の恐れがある場合は、飛行中のドローンを降下させる

・飛行経路上および周辺空域において、ほかの無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を確認した場合、安全な間隔を確保して飛行させる

上記に加え、衝突のおそれがある方向とは別方向にドローンを飛行させたり、ホバリング(空中停止)させたりと、状況に応じて適当な対策を講じるよう呼び掛けられています。

危険な飛行禁止

周囲に不快感を与えるだけでなく、危険を伴う迷惑な飛行は絶対にやめましょう。具体的には、不必要に騒音を発したり、急降下させたり、といった例があげられます。また、人に向かってドローンを急接近させるなどの迷惑行為も含まれます。これは、ドローンの安全な飛行だけでなく、地上にいる人や物件の安全を損なわないためのルールです。

一部の空港における禁止空域の拡大

さらに、同日付けで『航空法施行規則』『無人航空機の飛行禁止区域等を定める告示』が全面施行されています。これにより、一部の空港における航空法第132条第1号の禁止空域が拡大されることとなりました。

対象となるのは、「新千歳空港」「成田国際空港」「東京国際空港」「中部国際空港」「関西国際空港」「大阪国際空港」「福岡空港」「那覇空港」の8つの空港です。これらの空港において、「進入表面もしくは転移表面の下の空域」または、「空港の敷地の上空の空域」が新たに飛行禁止区域として設定されました。

国土交通省『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン』より抜粋

国土交通省『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン』より抜粋

こちらの図(国土交通省『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン』より抜粋)でおおまかな平面図を確認できます。詳細は、飛行させたい空域の最寄りの空港等設置管理者へ問い合わせましょう。

国土交通省『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン』より抜粋

該当空域でドローンを飛行させる場合

国土交通省ホームページから申請書をダウンロードし、飛行の10日前(土日祝などを除く)までに、空港設備管理者(地方航空局または各空港事務所)に申請書を提出しましょう。手続きには、オンラインサービス『DIPS』からの申請が便利です。

航空法違反の罰則

これらの航空法および飛行ルールに違反した場合、「50万円以下の罰金」が課されることがあります。さらに、今回新たに設けられた「飲酒時の飛行禁止」に違反した場合は、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」が課されることがあります。

今年5月には、飛行禁止区域でドローンを飛行させたとして、外国人旅行者を含む3名の男性が書類送検されました。「ばれなければ大丈夫」という意識を捨て、ルールを守って安全かつ適切な飛行を心がけましょう。

国土交通省の最新資料

これらのルール改正に伴い、国土交通省では各種資料が最新版へと更新されています。

■『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行ルールについて』ポスター

■『無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールについて』リーフレット

■『無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン

無人航空機に関するQ&A

■『無人航空機に係る規制の運用における解釈について

■『無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領

きっとあなたも間違えている。国内ドローン規制3つの落とし穴

編集後記

ドローンの飛行において、次々に改正されていく航空法。ドローンそのものの歴史が浅いため、今後も新たなルールが追加されていくことでしょう。怪我や事故、騒音問題などに発展しないよう、事前準備と緊急時の対策を万全に行なって、ドローン飛行を楽しんでください!

<最新記事>




Translate »