Mavic-Air-dji-store

老若男女楽しめるトイドローンを使った「ドローンレース」とは? 科学のお姉さん五十嵐美樹が初体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

<最新記事>


 

 

五十嵐美樹さん自己紹介

科学のお姉さんこと五十嵐美樹(twitter:@igamiki0319)です。全国各地で科学実験教室やサイエンスショーなどを実施しながら、東京大学大学院にて科学コミュニケーションを専攻しています。先日、ドローンやホバーバイクなどの開発を進める株式会社A.L.I. Technologiesの技術アンバサダーを拝命し、子どもたちに向けた企画や発信活動を行っています。

 

 

今回は、トイドローンを使ったドローンレースの魅力について、ドローンレースを主催するA.L.I. Technologiesの中村泉貴さんに教えていただきながら初体験した様子をお伝えしたいと思います。

※今回の初体験の様子は、ミキラボYouTubeチャンネルでもお楽しみいただけます。

ドローンレースで使われるトイドローンとは?

トイドローンは、ドローンの中でも安く小さく軽いため初心者でも気軽に楽しめるのが特徴です。ドローンは数万円~十数万円するものが多いですが、トイドローンであれば数千円~数万円で購入できるものが多いです。

また、ドローンを飛ばすには「航空法」の規制に注意を払う必要がありますが、トイドローンのような200g以下の機体はこの「航空法」での規制外で楽しむ事ができます。

また、ドローンの屋内での飛行は航空法に触れません。これからドローンを始めたいと考えている初心者の方も手軽に楽しむことができます。

設定方法も簡単で、コントローラーとトイドローンを無線でつないだら準備完了です。

トイドローンの詳しい設定方法や仕組みについては以下の記事にまとめておりますので、こちらも併せてぜひご覧ください!

 

★合わせて読みたい!初心者でも手軽に操縦できる今話題の「トイドローン」とは!? 特徴&飛ぶしくみを五十嵐美樹が詳しく解説!★

初心者でも手軽に操縦できる今話題の「トイドローン」とは!? 特徴&飛ぶしくみを五十嵐美樹が詳しく解説!

トイドローンを使ったドローンレースの魅力&ルールとは?

ドローンレースは、お年寄りから子どもまで年齢関係なく幅広い層が同じステージで戦うことができることが魅力のひとつです。

FAI WORLD DRONE RACING web site より抜粋

本格的なレースではFPVゴーグル(First Person View : 一人称視点)を使用し、まるで自分自身が機体に乗って高速で空を飛び回っているような臨場感が溢れるレースを体感できます。

ドバイで開催されたドローンレース 「World Drone Prix in Dubai」での賞金総額は1,000,000ドル(約1億2千万円弱)の高額賞金で世界に衝撃を与えました。

写真のFAI WORLD DRONE RACINGでは日本も含めた世界中から強豪チームが集まり、見事初代チャンピオンとなったのは若干15歳のオーストラリアのRudi選手でした。ドローンレースはまだまだ新しい最先端のスポーツであり、世代や身体的な事も関係なく全ての人が対等に戦える、可能性に溢れたスポーツです。

今回は、特別に用意した“ミキラボ飛行ルート“で、2つの障害物をよけながらまわって着地するまでのタイムを競うドローンタイムレースを行いました。

トイドローンを使用すれば、本格的なレースの練習になるだけでなく、お家でも自分で自由にコースを組み、手軽に遊ぶことができるのが嬉しいポイントです!

 

 

ドローンレースを初体験!

今回使用したトイドローン「Parrot MAMBO FPV」は、コントローラーの真ん中のボタンを押すと「テイクオフ」!

トイドローンが地面を離れて空中に浮き始めます。トイドローンの移動は、左側のスティックで高さを調節、右側のスティックで前後左右の動きを調節して操作できます。

 

実際にコントローラーでトイドローンを操縦し、ドローンレースを初体験しました!

トイドローンを移動させるだけであれば上述のとおり複雑な操作は必要ありませんが、今回のように指定された飛行ルートをとおるドローンレースとなると、トイドローンの繊細な動きを読み取る力や操縦の正確さが必要になることを身にしみて感じました。

特にコントローラーの少しの動きがトイドローンの動きに大きく影響をあたえるので、障害物をよける際にコントローラーのスティックをつい倒しすぎて障害物にぶつかってしまうということがよくありました。

ドローンレースでは、この塩梅をうまく見極めることが求められることがよく分かり、まだまだ練習のしがいがあると思いました!本格的な空撮やドローンレースの前に、まずは安価で高性能なトイドローンで気軽に練習してみるのがオススメです!

 

★今回のレースで使用した機体はコチラ!★

Parrot MAMBO FPV

Parrot Mambo FPVは付属のFPVゴーグルを利用し、ドローンレースでおなじみのFPV飛行が楽しめます。本体上部には720p解像度のカメラ搭載。本体にはローターガードが付属するので、衝撃などに十分に耐えられます。専用アプリを使いスマホでの操作が可能なので、ドローン初心者の方の練習用にとてもオススメの機体です

まとめ

今回ミキラボで行ったドローンレースでは、A.L.I. Technologiesの中村泉貴さんが大勝利!トイドローンのご提供およびドローンレースについて教えていただき、ありがとうございました!

トイドローンを使ったドローンレースは、科学技術の一端に楽しく触れるきっかけとしても注目を集めています。お年寄りから子どもまで誰でも楽しむことができますので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

株式会社A.L.I. Technologies

「あらゆる空間にイノベーションを起こし、未来社会を創造し続ける。」をミッションにホバーバイクSpeeder®️などのエアーモビリティ、ブロックチェーン技術を活用したプロダクト、ドローン関連商品の開発や、技術コンサルティング業務を展開しています。直近では、FAI(国際航空連盟)とのドローンレーシング世界大会に向けた協力体制構築、九州旅客鉄道株式会社との鉄道整備の点検オペレーションに組み込まれる自律飛行式ドローンの共同開発、みんな電力社とのブロックチェーン技術を活用したP2P電力取引システムの開発などに取り組んでいます。

 

▶公式ホームページ:https://ali.jp/

▶公式Facebookページ:

https://www.facebook.com/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-ALI-Technologies-287125635332885/

あわせて読みたい!

【2019年版】初心者の方必見!DJIドローンおすすめ5選

【プロフェッショナルドローングラファ空撮日記】ワンカット空撮の極意!〜冬の鶴ヶ城〜

 




Translate »