世界初の8K折りたたみドローン「EVO II」で空撮が変わる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


ますます数を増やす折りたたみドローンですが、海外ではなんと8K解像度での静止画撮影を可能にしたドローン「EVO II」が発表され、話題になっています。

類を見ない強力なカメラ性能

1月初旬に開催されたCES 2020にて、ドローンメーカーのAutelから発表された「EVO IIシリーズ」。その中でもEVO IIは、おそらく世界初と思われる8K解像度での静止画撮影を可能にした折りたたみドローンです。本体には4800万画素/1/2インチセンサーカメラを搭載し、8000 x 6000ドットでの静止画撮影、および7680 x 4320ドットでの動画撮影が利用できます。

さらに、最大40分という飛行時間も、折りたたみドローンとしてはかなりのスペック。具体的には、最高時速45マイル(時速約72km)かつ最大9kmの範囲での飛行が可能です。さらに、ストレージパッケージや無指向性の衝突防止センサーも搭載されています。

折りたためばコンパクトに

ドローンはアームとローターを折りたたむことで、バックパックなどにすっぽりとおさめることができます。このような設計思想は、DJIの折りたたみドローン「Mavicシリーズ」を連想させますね。

用途に合わせて3機種を用意

EVO IIシリーズではその他にも、1インチセンサーを搭載し6K解像度での撮影を実現した「EVO II PRO」、そして8K撮影とサーマルイメージ撮影が可能な「EVO PRO II Dual」が用意されています。なお、製品の価格や発売時期は未発表となっています。

Source: News Shooter

https://www.newsshooter.com/2020/01/09/autel-evo-ii-worlds-first-8k-foldable-consumer-drone/

文/塚本直樹




2020.01.23