世界初の8K折りたたみドローン「EVO II」シリーズが国内販売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


ますます数を増やす折りたたみドローンですが、8K解像度での静止画撮影を可能にしたドローン「EVO II」がCES2020で発表され、たちまち話題になりました。

類を見ない強力なカメラ性能

1月初旬に開催されたCES 2020にて、ドローンメーカーのAutelから発表された「EVO IIシリーズ」。その中でもEVO IIは、おそらく世界初と思われる8K解像度での静止画撮影を可能にした折りたたみドローンです。

さらに、最大40分という飛行時間も、折りたたみドローンとしてはかなりのスペック

合計12個の視覚センサーによる360度の障害物回避システムを搭載しているため、ドローンを初めて扱う方でも安心して飛行させることができ、国内での最大伝送範囲は約5kmです。

折りたためばコンパクトに

ドローンはアームとローターを折りたたむことで、バックパックなどにすっぽりとおさめることができます。このような設計思想は、DJIの折りたたみドローン「Mavicシリーズ」を連想させますね。

用途に合わせて3機種を用意

EVO IIシリーズではその他にも、1インチセンサーを搭載し6K解像度での撮影を実現した「EVO II PRO」、そして8K撮影とサーマルイメージ撮影が可能な「EVO PRO II Dual」が用意されています。折りたたみ式ドローンとしてはとても珍しく、カメラの交換が可能です。

ダイナミックレンジとノイズに強いEVO II Proは、ソニーの最新世代の高感度CMOSセンサーを採用。EVO II Proの高度なカメラ設定には、F2.8からF11までの絞り値と最大ISO値12,800までの調整が可能であり、非常に正確でシャープな画像を撮影することができます。

【a】Uber Eats フード注文

EVO IIシリーズ、国内販売を開始!!

今回、Parrot社のドローンなどを扱うKMT株式会社がEVO IIを開発しているAutel Robotics社と代理店契約を締結。EVO IIシリーズの日本での販売を開始しています。




2020.10.11