Mavic-Air-dji-store

ドローンの第一人者、千葉功太郎が伝授!最高にSNS映えするドローン空撮&加工方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【名前】千葉功太郎

【生年月日】1974年5月11日

【出身地】東京都

【経歴】慶應義塾大学環境情報学部卒業後、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。2000年より株式会社サイバードでエヴァンジェリスト。2001年に株式会社ケイ・ラボラトリー(現 KLab株式会社)取締役就任。2009年株式会社コロプラに参画、同年12月に取締役副社長に就任。採用や人材育成などの人事領域を管掌し、2012年東証マザーズIPO、2014年東証一部上場後、2016年7月退任。

現在、慶應義塾大学SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアム 上席所員、国内外インターネット業界のエンジェル投資家(スタートアップ55社、ベンチャーキャピタル34ファンドに個人で投資)、リアルテックファンド クリエイティブマネージャー、Drone Fund 代表パートナーを務める。

2018年12月には小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の顧客第1号として話題に。

 

現在ドローンスタートアップの支援を行う「Drone Fund」の代表パートナーとして、また文化人として各メディアでご活躍中の千葉功太郎さん。

今回の記事ではそんなドローンの第一人者である千葉功太郎さんにSNS映えする空撮ショット&加工法を伝授いただきました!

 

 

空撮スポットの決め手は安全第一

 

千葉さん:

まず、空撮スポットは安全を第一にして考えます。

①法律上、許可が取れる場所

②合法である場所

③許可を取らなくて良い場所

この3つの観点でスポットを決めていきます。

スポットを決めたら飛ばす場所を決めますが、ここはドローン離発着時に周りの方に危害を加えない所を選びます。

 

 

例えば上の写真だと私自身は砂浜の、海側を向いてドローンを飛ばしています。

海の上に機体を上げる事で、海に落ちる分には人身事故にならない。

風向きもよく注意しながら機体を一度、安全な場所に逃す事に一番、気をつけています

 

よく飛ばす国は日本とアメリカです。

FAAアメリカの許可を取りアマチュアライセンスを持っています。

ドローン空撮においては、国内よりも海外の方が比較的、寛容ですね。

 

★合わせて読みたい!海外のドローン規制についての記事はこちら★

海外ドローン規制:海外の人気旅行先でドローンを飛ばすために知っておきたいあれこれ

 

日本でのおすすめスポットは鎌倉、葉山、湘南など私の地元が多いです。

包括ライセンスを持っているので特に場所を選ばず飛ばせるのですが、やはりここも安全第一。

海が近い場所で一度ドローンを海に逃してから空撮します。

包括ライセンスを持っていて腕章をつけていたとしても、たまに声をかけられる事があります。

大きな問題にならない様に国内ドローン規制についてもしっかりとした知識が必要だと感じています。

 

★合わせて読みたい!国内ドローン規制についての記事はこちら★

きっとあなたも間違えている。国内ドローン規制3つの落とし穴

 

千葉功太郎はワンショットに全てをかける

 

千葉さん:

もともと小さな頃から一眼レフで写真を撮っていました。

なので僕は、動画よりも写真が好き!

ワンショットに全てをかけます

写真の構図や比率を考えて、一枚の写真に全てを込める。

例えば、この富士山の空撮写真を見てください。

 

 

手前の森林のカーブがとても美しかったので、印象的に映るように入れました。

このワンショットで意識したのは写真の基本である三分割法

まず、撮りたいショットに三本の線を入れます。

 

 

線の中心点に何かが入っていると人間の心理的に気持ちの良い写真が撮れます

富士山がど真ん中にきてしまうと平凡な印象になってしまう。

だから今回は富士山を左側の線の中心に合わせる様に撮影しました。

南アルプスの雪山を奥に写し込み、湖の手前の青のグラデーションを入れた事でよりストーリーを感じさせる写真になったかと思います。

 

 

この写真だと、海がメインディッシュ。周りの森林の緑が綺麗だったので比率を考えて入れています。

少し余韻を残した状態で海がメインになる様に調整し、砂浜へのグラデーションを捉えました。

空撮では色々な角度から試してみて、抜けたと感じた瞬間に撮影します。

壮大な対象物の全てを計算し尽くしてワンショットが撮れる

だから僕はドローンでの空撮が好きなんです。

 

加工は全てiPhoneで行うのが千葉流

 

加工アプリを使うと極めて不自然な加工になるので、僕はiPhoneの加工機能のみで全てやります。

iPhoneの加工は、Photoshopとほぼ同じ事が全てできる。意外に使えるんです。

画角を決めて色の修正を行い、ライト、シャドウ、全ての調整を行います。

対象物が明るいイメージだと全体的に明るくしたり、ブリリアンス機能で鮮やかにしたり。

ブラックポイントを足すとエレガントで力強くなります。

カラーで写真全体の色を変えれるけど、不自然にならないレベルでする事が大事です。

 

 

ワンショットに全てをかけるのが千葉流のドローン空撮の美学。

三分割法やiPhoneでの空撮など、空撮初心者の方でも取り入れやすいテクニックをたくさん伝授いただきました!

まずは空撮ができるおもちゃの様に低価格なトイドローンで、千葉流の空撮方を練習してみてはいかがでしょうか?

 

★空撮もできる!おすすめ1万円代トイドローンはこちら★

 

ドローン空撮をたのしむには国内・海外のドローン規制についての知識に加え、より魅力的な映像を撮影するために機体を動かす繊細なテクニックが必要です。

最近では空撮からレース、産業用の操縦までが学べるドローンスクールも増えており、スクールを活用するのも千葉さんの様な空撮をする操縦テクニックを磨く一つの手です。

 

おすすめドローンスクール記事はこちら

ドローン操縦士養成スクール『名鉄ドローンアカデミー』が6月に開校

ワンショットに命をかける魂のドローングラファ、千葉功太郎さん。

ビバ!ドローン』限定で今後も千葉さんのインタビュー記事を随時更新していきますのでお楽しみに★