ドローンを仕事に!ドローンに関する求人や気になる年収を徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

<人気記事リスト>

ビジネスでのドローン活用が注目されている昨今。ドローンを仕事にして、お金を稼ぐことは果たして可能なのでしょうか?今回の記事ではドローン関係の求人や仕事内容、そして気になる年収などを徹底解説していきます!この記事が『好きなことで、生きていく』キッカケになれば幸いです。

ドローンを活用した職種

ドローンを売る

『ドローンを売る』職種としては販売者や、ドローンメーカーの営業などが挙げられます。ドローンのセールスはBtoB、BtoCともに非常に需要が高まっています。ご自身でドローンを操縦される方は、ドローンを買いたい方にとって、より為になる提案ができるでしょう。ドローンというまだまだ一般的に詳しく知られていない領域では、ドローンに関する知識力は非常に重宝されます。

ドローンを造る

『ドローンを造る』職種としてはプログラマーやエンジニアなどが挙げられます。コンシューマー向け空撮ドローンでは中国のDJI社が非常に大きなシェアを持っていますが、産業用ドローンに関しては、農家の方などの悩みに沿ったドローンを各社が開発しています。多くの人の問題を解決する未来のドローンを造る事は、非常にやり甲斐のある仕事と言えるでしょう。

ドローンを操縦する

『ドローンを操縦する』職種としては測量士や農薬散布、空撮カメラマンなどが挙げられます。

ドローンはインフラ点検などでも使用されており、建築関係の測量でも活用されています。ドローン操縦士の需要としては現時点では、この領域が非常に高まっています。実際に決められたマップ通りにドローンを操縦し、測量、空撮、ソフトで解析、3Dモデリングまでを担当する為、非常に高度な操縦技術が求められます。

農業における農薬散布などのドローンの活用は、少子化が日本でも進んでいくにつれて人件費削減の観点からも今後さらに需要が高まる職種と言えるでしょう。

空撮カメラマンとしては、ミュージックビデオの撮影やブライダル業界などの求人に多く見られます。ドローンを活用した映像作品は近年、非常に多く見受けられます。企業やイベントPRとしてもドローン空撮カメラマンの仕事は更に増えていくでしょう。

ドローンを教える

『ドローンを教える』職種としては、ドローンスクールの講師やインストラクターなどが挙げられます。ドローンに関する基礎知識や操縦方法を一から生徒に教えるため、丁寧にわかりやすく説明でき、自身も高度なドローン操縦技術を持っていることが求められます。

ビジネスチャンス到来!ドローン活用が期待される8つの分野

ドローンのお仕事の年収

ドローンはまだまだ発展途上のビジネスです。海外では1億円プレイヤーもいるという、なかなか夢のある業界。現時点の日本においてドローンを操縦できる人は少ないため、求人の需要は高いと考えられます。

日本のドローン求人の平均年収は、現時点で約350万円~560万円と言われています。測量技術者やインフラ点検などにおけるドローン操縦士は比較的、求人も多く年収も高い傾向にあります。報酬が格段に高い案件などは、海外企業の方がより見つけやすい傾向にあります。海外では多くの大手企業がドローン事業に積極的なため、1000万円単位の年収事例なども確認されています。

ドローン操縦士は建設会社などで測量技術者や保守点検者として勤務する場合が多く、空撮カメラマンなどは空撮業者に務めるか、フリーで活動している方が多いようです。そのほかには副業として取り組んでいる方などもいます。

近い将来、日本では少子高齢化に伴いドローン求人の需要は更に高まるとされています。それに伴いドローン操縦士の年収も上がっていく見込みがある為、今後の『ドローン前提社会』を念頭においてドローンの知識や経験値を今のうちに積み重ねておくことをお勧めします。

ドローンに関する求人で役立つ資格

ドローン操縦士を名乗るのに、免許や資格などは必要ありません。ですが、ビジネスでドローンを活用するとあればドローンに関する基礎知識や航空法などのルールを考えた上で飛行させる必要があります。また、誰でもドローン操縦士を名乗れるからこそ、他の人と明確な差をつける必要があります。

ドローン求人に応募する際に、非常に役に立つドローンに関する資格をご紹介します。これからご紹介する資格を持っていればドローンの操縦能力や知識力を広くアピールし、信頼を得ることができます。

・無人航空従事者

この資格はドローン検定とも呼ばれています。試験は年に6回、1級~4級まで分かれて言います。基礎から航空力学、気象学など幅広い範囲で出題され、高度な知識を身につけることができます。

・JUIDA

こちらはドローン操縦士と安全運航管理者の養成ドローンスクールで科目を修了すると、資格者として正式に認定され「JUIDA操縦技能証明証」または「JUIDA安全運航管理者証明証」を発行してもらえます。取得にあたり、ドローンを操縦する際の安全知識や、高い操縦技術を身につけることができます。

どちらも国家資格ではありませんが、ドローン求人に応募する際は比較的有利になるため、取得しておく事をお勧めします。

【座学編】資格取得もできるデジハリのドローンスクールに潜入してみた

編集後記

ドローンに関する求人は年々、多くなっています。今後、更に需要が高まるとされているドローン操縦士。『ドローンが好き!』というそこのあなた、ご自身の知識と技術をビジネスに活かしてみてはいかがでしょうか?ライバルがまだまだ少ない今が狙いどきかもしれません。

<最新記事>




Translate »