カメラ付きドローンどれにする?低価格で高性能なおすすめドローン5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


<人気記事リスト>


カメラ付きドローンって何?

ドローンはコントローラー(プロポ)で操縦して頭上のはるか上空を飛ばすことができる、無人航空機です。通常のカメラでは撮影できない上空や海上など、通常では人が立ち居入れない場所をドローンは飛ばすことができます。

そんなドローンにカメラが搭載されたカメラ付きドローンは、ドローンの特徴を活かし、はるか上空や人の視点では見ることのできない画角での空撮を可能にします。

プロカメラマンお墨付きの高品質な映像を撮影できる本格的なドローンから、個人で美しい景色を背に自撮りしたり、気軽に持ち運べるシンプルな低価格ドローンまで、様々なカメラ付きドローンが販売されています。

カメラ付きドローンを選ぶポイントは?

より美しく高画質な写真を撮影するためにはカメラ性能をチェックする必要があります。また、ベストポジションからドローンで空撮をしたい場合は飛行性能をチェックする必要があります。

以下、カメラ付きドローンを選ぶ際に、目的別に注視していただきたいポイントをご紹介します。

①カメラ性能

空撮した際の写真や映像の美しさは、搭載されているカメラのスペックよって大きく左右されます。

画像の鮮明さは画素数によって異なり、画像が鮮明に撮れるかどうかは解像度によって差が出ます。

解像度は主にHD(1280×720)やフルHD(1920×1080)、4K(3840×2160)などがあります。より美しい画像を望む場合には数字の高いものを選ぶ必要があります。

ただし画素数は高ければ高いほどそれだけデータ容量も必要になります。保存するときのメモリも大容量のものを用意しなければならないため、その点は注意が必要です。

高画質な空撮にこだわりたい方は、空撮に行く時は予備のメモリをマストで用意するなど、メモリ不足にならない対策をしておきましょう。

②飛行性能・操作性

飛行性能の高いドローンは自分の想像通りに自由な飛行を再現することができます。自分の希望する位置からの空撮を可能にします。性能が高いほど様々な操作が行えるぶん、搭載している多くの機能を使いこなす操縦も非常に難しいため、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

カメラ付きドローンの操作はプロポを使用して操縦するものがほとんどですが、プロポの電波が届く範囲内でしか操作することができません。撮影に夢中になりドローンを見失ってしまった場合も安心なように、アラート機能が付いているものや自動で戻ってくるリターン・トゥ・ホーム機能などがあルものを選ぶと良いでしょう。

ブレを防ぐジンバル機能や、同じ場所を飛行するときに役立つ高度制御機能、障害物検知センサー、GPS、ジャイロなど空撮をする際に搭載してあると非常に便利な機能がたくさんあります。自分の希望する飛行ができるドローンなのか、必要な機能は搭載されているかどうか購入前にチェックしておくと良いでしょう。

③大きさ

カメラ付きドローンは基本的に高性能であればあるほど、大きさや重さも上がります。

プロ並の映像までは求めず、気軽にドローンを持ち歩いたり飛ばしたい場合は、コンパクトなドローンを選ぶと良いでしょう。最近はコンパクトながら画質も申し分のないものを撮影できるコスパの良いカメラ付きドローンも多く販売されています。

逆に、プロ並の映像を撮影したい、とにかく性能を重視したいという方は高性能なカメラを搭載した大きいドローンを選ぶと良いでしょう。

日本では200g以上の重さのドローンを飛行させる場合は、国土交通省への申請が必要になります。200g未満の場合はその申請は不要になるため、気軽にドローンを飛ばしたいという方は200g以下のものを選ぶと良いでしょう。

ドローン規制の落とし穴!200g以下のトイドローンにも適用される法規制とは

④飛行時間

長時間の撮影が多い場合には、バッテリー容量の多いカメラ付きドローンを選ぶと良いでしょう。ドローンには、飛行可能時間が10分から30分程度のものが多いので、飛行可能時間が短い場合には空撮の途中でもすぐにバッテリーが切れてしまうこともあります。

バッテリー容量が初めから大きいものや予備バッテリーが附属しているものは空撮時に長く飛行することができます。もしもの時のために、予備バッテリーを追加で購入しておくこともおすすめです。

おすすめカメラ付きドローン5選

DJI Mavic Mini

▼DJI公式でMavic Miniの詳細を見る


10月31日に199gの日本限定モデルが発表されたばかりのMavic Mini。優れた携帯性とコンパクトなビジュアルに凝縮されたハイクオリティーな性能が高い注目を集めています。

このMavic Miniは最大1200万画素の写真撮影や、2.7K動画に対応しており、DJIドローンの人気商品であるMavic AirやMavic 2 Zoomと同等のカメラ性能を搭載しています

折りたたみ式の非常にコンパクトで携帯性に優れたデザインながら、搭載している3軸モーターのジンバルがカメラに高い安定性をプラス。映画のように繊細で滑らかな映像を撮影することができます。

このMavic Miniの気になるお値段は機体と送信機のセットで46,200円(税込)プロペラガードや複数バッテリーがセットになったフライモアコンボが59,400円(税込)で販売。他のDJI製品の中でも比較的リーズナブルに購入することが可能です。

DJI小型ドローンMavic Miniの性能に迫る!【速報レポート】

DJI  Tello

値段を確認する▶

Telloは80gの超軽量、最大飛行時間13分の手のひらサイズ高性能トイドローンです。スマートフォンを利用して直感的な操作で飛ばすことができる操作性の高さと、安定して飛行できる飛行性の高さが魅力です。

2本のスマートアンテナが内臓されているので、動画伝送もスムーズ。高品質映像プロセッサー搭載により、飛行操作に自身がない人でも簡単にベストショットを撮ることができます。

操作可能距離は安全に飛ばすことができる100m範囲内、万が一接続が切れたときでも「フェールセーフ保護機能」で安全に自動着陸します。

手で持ち上げて離すとホバリングを始める「Throw & Go」機能や画面でスワイプすると宙返りする「8D Flips」機能など、複雑なトリックが楽しめる、低価格で高品質な機種です。

【低価格で高性能】大人気トイドローンTelloの魅力【DJIが技術提供】

Parrot ANAFI 

値段を確認する▶

4K HDR動画、静止画2100万画素の高性能カメラ付きドローンです機体の真上から真下まで撮ることができる180°回転ジンバルを搭載し、よりリアリティのある映像を撮ることが可能です。

機体重量310g、折り畳み可能な軽量コンパクトボディながら、最大16.6m/sまでの風に耐えられるパワフル飛行が実現。最高飛行速度55km/hの飛行性の高さで、動きのある被写体も逃がさず空撮できます。

フライト中でも一目でわかるゲージでバッテリー残量が確認しやすく、フル充電では最大25分のロングフライトが可能です。静音設計で飛行時の音が抑えられ、AIによる自動追尾撮影、自動自撮り機能、スローモーション撮影機能など、さまざまな撮影モードで効果的な映像を創り出すことができるでしょう。

4K空撮ができる8万円台ドローン『Anafi』のカメラスペックが驚異的だった!

Holy Stone HS210

値段を確認する▶

わずか21gのコンパクトサイズが魅力のカメラ付きミニドローンです6軸ジャイロ飛行制御システム搭載で、不安定になりがちな上空でも超安定飛行を実現。気圧センサー搭載により自動ホバリングでらくに空撮ができる機種です。

ドローンのヘッドの向きに関係なく、コントローラーの操作通りに動かすことができる「ヘッドレスモード」を採用しているため操作もらくらく。360°反転ができ、スムーズに宙返りができる飛行能力の高さ、衝撃に強いデザインで安心して空撮できるでしょう。

上級者にも喜ばれる高い操作性ながら、格安で購入できるコストパフォーマンスのよさもポイントです。

5.DJI Mavic 2 pro

値段を確認する▶

鮮明な4K動画を撮影できるプロ仕様のHasselblad L1D-20cカメラ付きドローンですバッテリー3個付きで飛行時間は最大31分、8km先まで飛行可能でゆとりをもった空撮が可能。

空気力学を元に設計された機体は最大飛行速度が72km/hと、これまでのドローンの中でもかなりの速度が期待でき、素早く希望する空撮ポイントに到達できるでしょう。

全方向の障害物検知可能なセンサー、3軸ジンバル、調整可能な絞りなど、充実した空撮機能でレベルの高い映像を撮りたいときに最適の機種といえます

高性能カメラ付きドローンですが、機体重量が900g程度と比較的軽いため、高い品質を楽しみながら、気軽に持ち歩いて使うことができるでしょう。

編集後記

人気の高いカメラ付きドローンのおすすめ機体をご紹介しました!プロ並の映像が撮影できるものから、1万円以下で手軽に購入できるドローンまで幅広くご紹介しました。ご自身のニーズに合ったドローンが見つかるキッカケになれば幸いです。カメラ付きドローンで、ドローンの醍醐味である空撮を思う存分、楽しんでくださいね!


<最新記事>





Translate »