小型ドローンで楽しもう。おすすめモデル5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

サイズがコンパクトで値段もお手頃な小型ドローンは、ドローン初心者が最初に購入する機体としてはもちろん、中級者以上のユーザーが購入する練習用のセカンド機としてもおすすめです。この記事では小型ドローンの魅力とおすすめの機体をご紹介していきます!

小型ドローンの定義とメリット

「小型ドローン」「トイドローン」と言われるものに厳密な定義があるわけではありませんが「機体の総重量が200g未満のドローン」を基準としています。

バッテリーなどを含む総重量200g以上のドローンは、飛行できる場所や方法が航空法により規制されています。例えば「人口集中地区」に定められた場所では、自分の家の庭でドローンを飛ばす場合でも、事前に国土交通省の許可を得なければなりません。もちろん、200g以上の重量があるドローンの多くはキレイな映像を撮影できたり、安定性が高いなどと優れている点も多いのですが、手軽に飛ばせることを最優先にする場合は小型ドローンを選ぶのがおすすめです。

ちなみに、航空法記載がある重量についての項は以下の通りです。

飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

飛行ルールの対象となる機体|国土交通省

200g未満の小型ドローンでも対象になる規制

重量200g未満のドローンが航空法の規制対象外であることは間違いありませんが、それは「好き勝手に飛ばせる」ということではありません。重量200g未満の小型ドローンでも規制の対象になる法律や条例もありますので、うっかり見逃すことが無いようにしましょう。

重量200g未満の小型ドローンの飛行が
禁止・制限される場合

    • 国の重要な施設、外国公館、原子力事業所等の周辺の飛行
    • 私有地の上空
    • 都道府県、条例による規制
    • 道路からの離着陸
    • 電波法に反する機体

また、国土交通省による無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドラインでは飛行をしてはいけない場所として、高速道路や新幹線等の周辺と上空、トンネルの付近、高圧線、変電所、電波塔及び無線施設等付近などが上げられています。

なお、アルコールを摂取した(酔った)状態や、風が強い状況下、機体に損傷がある場合も飛行しないよう注意喚起がなされています。上記のようはコンディションでドローン飛行がされることは無いにしましょう。

2020年版
おすすめの小型ドローン

DJIの協力もとRyze Robotics(ライズ・ロボティクス)が製造、インテル製のCPUを搭載する小型格安トイドローン『Tello(テロー)』。税込12,800円という格安にも関わらずHDカメラや衝突回避センサーを搭載し、小型ドローンとしては長めの13分の飛行が可能というバランスに優れたモデル。

Tello

DJI,Tello

小さいけれど上級者向け

姿勢維持や衝突防止のセンサー類をあえて搭載していない極小ドローン。ピーキーなドローンの動きを理解しながら操縦が学べるため「ハードモード」でドローン入門にチャレンジしたい人におすすめ。ドローンスクールの一部には、この機体で安定した飛行ができるようになることを卒業条件にしているところもあるそうです。

RCコンパクト ドローン (SANEIホビーシリーズ)

驚きの3千円台でFPV飛行を楽しむ

2019年夏、突如として現れた低価格トイドローン。なんと驚きの3千円台です!この価格帯にも関わらず、FPV飛行を楽しむことができます。スピードを3段階で調節することができ、バッテリーが初めから2個ついてくるので20分間も飛行することができます。この飛行時間は格安トイドローンとしてはかなり長め。しっかり操縦ができるので、普通のドローンを操縦する前にトイドローンでしっかり練習をしたいという方におすすめのドローンです。

TR008W (Tech rc)

FPV操縦の臨場感を低価格で

手持ちのスマホから映像を見ながら操縦することができ、5000円以下の非常に低価格なドローンながらVRゴーグルを使用すればFPV操縦の臨場感を味わうことができます。国内電波法認証済みの製品なので、電波に関しては心配なく使用してください。

 A20W(Potensic)

アームやキャノンで遊べる小型ドローン

ドローン市場の黎明期から安価で安定性に優れた機体をつくり続けてきたフランスのParrot(パロット)社製トイドローン。ボールを発射する「キャノン」や最大4グラムまでの重量をつかめる「グラバー(アーム)」などのアクセサリが付属するなど、ただ飛ばすだけでないバラエティ豊かな遊び方可能なのでキッズ向けのドローンとしてもおすすめです。

Parrot Mambo

編集後記

「ドローンを始めてみよう!」という方や、お子さんにドローンをプレゼントを検討されている方などには、手軽に買えて、しかも実は本格的に楽しめる機能が満載の小型ドローンがおすすめです!重量200g未満の機体であれば、自宅の庭などですぐに飛行が楽しめるのも手軽でおすすめです。




2020.03.08