ドローンレースに出場しよう!無料で練習できるFPVシミュレーター3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

<人気記事リスト>

時速150kmを超えるスピードレース「FPVドローンレース」は日本のみならず世界中の国で実施されています。

賞金総額が1億円を超える国際大会が開催されたりなど、世界中で大きな話題を集めています。2019年現在、ドローンレースの競技人口は日本国内では約5000人、世界ではすでに100万人を超えると推計されています。

今月には史上初、東京モーターショーでドローンレースの開催が発表されるなど、日本でもドローンレースが注目されつつあります。

東京モーターショーでドローンレース開催!DTRC2019最速レポート

FPVドローンレースとは?

ドローンレースではFPV(一人称視点)用のゴーグルを装着しながら速さを競います。ゴーグルに映し出されるのはドローンから見えるリアルタイムの飛行映像です。その臨場感あふれるレーサー視点の映像をモニターに映して観客も楽しむことができます。

ドローンから見えるリアルタイムの飛行映像の迫力と興奮は他のゲームやスポーツではなかなか味わうことができないものです。

World Drone Prix 2016 Dubai – Final Race

ドローンについて調べていると「FPVドローン」「FPVドローンレース」というワードよく目にするのではないでしょうか。「FPV」は「First Person View」の略で、「一人称視点」または「最前列からの眺め」という意味を持ちますが、ドローン関連で出てくるFPVなら、前者の「一人称視点」の意味で使われます。

Video Pizza【ビデオピッツァ】-ドローンのレースが超スピードすぎるw【Video Pizza】

FPVはFPVゴーグルやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して、ドローン搭載のカメラが映す映像をリアルタイムで見ることができる機能を指す言葉です。まるで自分がドローンの操縦席にいるかのような感覚を味わうことができる機能です。

FPVに必要なもの

FPV映像を楽しむために必要なものはFPVゴーグルやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)ですが、最近ではスマホやタブレットの画面でFPVができるドローンも多く販売されています。VRゴーグルやHMDほど臨場感のある映像ではありませんが、手持ちのスマホなどで始められるので、誰もが気軽に楽しめる機能となっています。

FPVは操縦者以外も楽しめる

FPVでドローン視点の映像をリアルタイムで見ることができるのは操縦者だけではありません。操縦者が目視でドローンを飛行し、別の人がFPV映像を見ることもできます。また大きな大会ではレーサー視点の映像をモニターに映し出し、観客も一緒に楽しむことができます。

FPV初心者が操縦する際の注意点

FPV操縦の初心者がゴーグルやHMDを着けて操縦した場合、リアルタイム映像に夢中になり周囲の様子が見えず、思わぬ事故を起こすこともあります。自分や周囲の人にドローンを衝突させてしまうこともあり得ます。それを防ぐためにも、FPV初心者のうちは、目視でドローンの位置を確認してくれる人に側に居てもらうことも必要です。

FPVを練習するならシュミレーターがおすすめ

FPVドローンレースが気になる方、始めたいとお考えの方は、シュミレーターの使用をおすすめします。機体を買う必要もありませんし、場所の確保や墜落の心配もないので、初心者の方が手軽に繰り返し操縦練習するのにぴったりです。

この記事ではおすすめのFPVシュミレーターを3つご紹介します。シュミレーターであれば、パソコンさえあれば何処でもスリル満点のFPVドローンレースを楽しむことができます。種類によっては無料で楽しめるものもあります!

実際に大会に出場するための練習用としての使用はもちろん、自分が楽しむための趣味としての使用もおすすめ。まずはシュミレーターで手軽にFPVの面白さを体験していただければと思います。

FPV FreeRider

FPV Freerider

FPV Freerider – Quadcopter Racing Simulator

FPV FreeRiderは、パソコンでできるいわゆるフライトシュミレーターです。windows、OS X、Linuxに対応しています。

無料版と有料版($4.99USD)が選べます。無料版はステージが1つだけであることと、詳細設定ができないという制限はあるものの、十分FPVドローンフライトを体験できるので、まずは手軽に始められる無料版を試してみましょう

操作方法は、ゲームパッド・キーボード・タブレット・プロポの4種類が用意されています。キーボードで操作するのは非常に難しいので、ゲームパッドやタブレットが良いかと思います。最もおすすめしたいのはプロポでの操

実際にドローンを操縦するための本格的な練習になります。

VelociDrone

VelociDrone

VelociDrone – Flight Training part4

VelociDroneもFreeRiderと同じくパソコンでシュミレーションができるソフト。こちらもおすすめはプロポ操作です。Mac OSX、Windows 7、8、に対応しており、無料版と有料版($16USD)を選ぶことができます。

動画を見ていただくと解りやすいのですが、機体の動き方が実際のドローンに非常に似ています。実際にドローンを操縦する時にシュミレーターの操作感は重視していただきたいポイントです。

ほかのドローンシュミレーターと比べると、無料版でも難易度が高いという口コミも多いですが、国際的なドローンレーサーもこれを使用して練習しています。初心者の方は、まずは無料版で練習を重ねてみる事をおすすめします。

Quadcopter FX Simulator

QuadcopterFX SIMULATOR.

QuadcopterFX SIMULATOR

こちらはスマホでも使用できるドローンシュミレーターアプリです。Android、Windows PC 、Mac OS X(iOS版は有料のみ)に対応しています。これからドローンを始めてみようとお考えの方や、ドローンの操縦をトレーニングしたい方におすすめです。

Quadcopter FX Simulator は、実際のドローンに近い操縦体験を提供するフライトシュミレーターです。制限付きの無料版とフル機能を利用できる有料版(813円)の2種類が配信されていますが、無料版でもドローンの基本的な操縦を学べるので、まずは気軽に無料版を試しみる事をおすすめします。

TinyWhoopなどのスポーティに動くマイクロドローンの操縦や、高度なテクニックも練習できるモバイルアプリ。実際のドローンの物理モデルに基づいて設計されているので、リアルな操縦練習ができます

©︎TinyWhoop

目視飛行とFPV飛行(カメラ目線の目視街飛行)の切り替えができるほか、離陸場所に自動的に戻るリターン機能、リモコンスティックから手を離した際にその位置を保つポジションホールドなど、実際のドローンに搭載されているような高性能な機能を携えています。

カメラのジンバルも稼働するので、ドローンレースの練習のみならず、フリースタイル空撮の練習もできます。高度なテクニックを気軽に取得するのにぴったりの機能と言えます。

編集後記

「ドローンレースを始めたい!ドローンレースに興味がある!」という方は、まずはシュミレーターで操縦を練習するのがとってもおすすめ。機体を買って練習するのも良いのですが、ドローンは総じて初期費用が大きくなってしまうものです。

操縦が上手くなるには何回でも練習を繰り返す事が重要。シュミレーターなら好きなだけ墜落させても大丈夫!また、場所の確保も必要ありません。

シュミレーターで練習してから機体を触るのと、初めて機体を触るのとでは感覚に大きな違いが。無料で始められるものも多いので、気になる方は是非、遊んでみてくださいね!

<最新記事>

Translate »