Mavic-Air-dji-store

空飛ぶ消火ホース「ドラゴン ファイヤー ファイター」爆誕!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

宙に浮くノズルで消火するドラゴン ファイヤー ファイター

出典(Source):共同発表:空飛ぶ消火ロボット「ドラゴン ファイヤー ファイター」を開発(世界初)~ホースが浮上、建物に突入して、火元を直接消火~、以下同じ

空に浮くホースで火を消す

東北大学と八戸工業高等専門学校の研究者などでつくるグループが、水圧で宙に浮き放水を行なう消火用ノズル『ドラゴン ファイヤー ファイター』の開発に成功した、と発表しました。

水を噴射することにより空中に浮上し、建物内に突入して、火元を直接消火できる空飛ぶ消火ロボット「ドラゴン ファイヤー ファイター」のプロトタイプの開発に、世界で初めて成功しました。消火ホースに連結された複数の噴射ノズルを制御することで、安定に浮上して飛行方向を選択しながら進入し、火元に直接放水できます。

ドラゴン ファイヤー ファイターの動画

実際に放水を行なっている様子は、以下の動画でご覧いただけます。

空飛ぶホースで消火|時事通信映像センター

ホースの先端に放水角度の調整ができるノズルを備え、カメラの映像を見ながら移動させられるロボットノズルです。なお、宙に浮くために使っているのは水の力のみでプロペラなどを備えているわけではありません。

東北大学「ドラゴン ファイヤー ファイター」(上から)

放水している動画を上から見るとこんな感じ。

東北大学「ドラゴンファイヤーファイター」(搭載カメラ)

カメラで火の様子を見ながら消火が行なえます。

ドラゴン ファイヤー ファイターの発展コンセプト

将来的には、よりホースを長くした物をはしご車の先端に取り付けることで、建物の奥深くまでホースを送りこめるようにするのが目標とのこと。人がホースを持って炎に近づかなくて良くなる分安全性が高まります。

ドラゴンファイヤーファイターの発展形

編集後記

一見突飛に思えるアイディアですが、人命を危険にさらすことなくビルの奥深くまで放水できるという仕組みには強いニーズがありそうですね。3年後の実用化を目指して開発が進められているそうなので、そう遠くない将来にニュースで『ドラゴン ファイヤー ファイター』を目にすることになるかも!?

『Osmo Pocket 』登場!


<Osmo Pocket>

3軸ジンバル登載、4K動画が撮れる小型手持ちカメラ!


» DJI Osmo Pockeを公式ストアでチェック!


DJI Osmo Pocket



<コチラも注目!>


» DJI Mavic 2シリーズをDJI公式ストアでチェック!



» Osmo Mobile 2をDJI公式ストアでチェック!


» Mavic AirをDJI公式ストアでチェック!


» Phantom 4 Pro V2をDJI公式ストアでチェック!


公式DJIストアをチェック!