DJI、RONIN新機種「DJI RS2」「DJI RSC 2」を発表!プロ向け3軸カメラジンバル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


10月15日、DJIが手持ち3軸ジンバルRoninシリーズの新製品「DJI RS 2」と「DJI RSC 2」を発表しました。

今回の2モデルはパワフルで様々なシーンに対応できるプロ向け3軸カメラジンバルとして映像制作やコンテンツ制作のあらゆるニーズに応えるタフなモデルになっています。

DJI RS 2 の詳細

DJI RS 2は基礎構造部分にカーボンファイバーを使用し、耐久性は維持したままに1.3kgまで本体を軽量化することに成功しました。DJI RS 2は片手持ちジンバルの技術をさらに進化させ、4.5kg動荷重に対応できるため、クリエイターはより重量のあるカメラとレンズのセットアップを使用して撮影でき、バッテリー駆動時間も最大12時間を実現しています。

バッテリーが内蔵されたハンドルへ直接急速充電することが可能になったため、緊急を要する状況にも対応でき、急速充電ではたった15分の充電で2時間駆動させることができます。映画のように驚くほど滑らかな映像を撮影できるジンバル技術の改良を推し進め、ジンバルの傾きや角度を最適化します。

新機能であるSuperSmoothモードではカメラの安定性も向上し、最大焦点距離100mmのレンズ使用時のわずかな振動も抑えます。また、11言語に対応し、画面は超高輝度画面で見やすく、アクティブトラックやインテリジェント撮影モードのような主要機能がより操作しやすくなっています。

DJI RSC 2

DJI RSC2は携帯性の高い折りたたみ設計で、クリエイターが機材の量を増やすことなくどこでも気軽に持ち運ぶことができます。アクセサリーを新たに追加することなく縦位置で撮影することができ、独特なアングルで撮影することが可能です。

DJI RSC2の重量は1.2kgで、オリジナルモデルRonin-Sよりも約35%軽量化され、折りたたんだ状態の設置面積はA5用紙と同等のサイズの180×190mmとなります。内蔵バッテリーは14時間の駆動時間を誇り、緊急事にはバッテリー内蔵ハンドルにて急速充電することが可能になりました。

動荷重が増加したことによって主要なミラーレスカメラに対応することができ、より重量のある組み合わせも搭載可能になりました。DJI RS 2と同様に、最先端技術である最適化Titan安定化アルゴリズムにより、これまでにない安定性を実現。1 インチの内蔵 OLED スクリーンは、カメラデータを表示し、直接画面上で設定を調整することもできます。

気になる価格と販売時期

DJI RS 2単品 : 86,900円(税込)

DJI RS 2 Pro Combo : 105,600円(税込)

DJI RSC 2単品 : 53,900円(税込)

DJI RSC 2 Pro Combo : 73,700円(税込)

出荷はDJI RS 2シリーズは1030日(金)、DJI RSC 2シリーズは11月上旬を予定しています。

DJI Care Refreshも対応

DJI RS 2DJI RSC 2DJI Care Refreshに対応しています。DJI Care Refreshは少額の追加料金を払うことにより1年間に最大2回までの本体交換サービスを使用することができます。DJI Care Refreshは専用サービスの他に、製品を購入した国以外でもサービスを受けられるグローバル保証サービス、VIP電話サービス、無料の往復配送料などが含まれます。

DJI Care Refresh の詳細はこちらのリンクからご登録いただけます。




2020.10.16