Phantom 4 Pro V2.0再販!DJIのおすすめ高性能ドローン3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


DJIが販売するPhnatom 4 Pro V2.0が再販するというビッグニュース!2019年3月に惜しまれながらも生産を終了。それから1年弱が経つも、引き続き高い人気を誇る大人気ドローンが正式に販売を開始しました。

今回の記事ではPhanto 4 Pro V2.oの人気の秘密を徹底解説するとともに、DJIのおすすめ高性能ドローンを3つご紹介します。この記事が、ご自身のニーズに合った空撮ドローン購入の参考になれば幸いです。

プロ仕様の空撮ドローンなら
Phantom 4 Pro V2.0


Phantom 4 Pro V2.0は、カメラは1インチセンサーが実装されており、4K/60fpsでの高画質な撮影が可能。静止画では最大20メガピクセルでの撮影ができます。F2.8~F11までのマニュアル絞りもでき、ドローン好きはもちろんカメラ好きの方にもおすすめな、プロ仕様の空撮ができるドローンです。

最大で30分間の飛行が可能。5方向の障害物検知や、1インチ20MPのCMOSセンサーを搭載しており、プロのクリエイターに向けた空撮ソリューションから、工事現場でのインフラ点検などの高精度な要求がされる写真測量まで、幅広い用途で活用されている人気のモデルになります。

また、プロペラによる飛行騒音が極限まで低減されたモデルである点もポイントの一つ。屋内撮影や結婚式などの改まった場所で飛行させる際や、スポーツ撮影の際、飛行音を極限まで小さくして空撮することが可能です。映像伝送システムもアップグレードされており、HD(1080p)の解像度でプロポに撮影映像を伝送することが可能です。

▼DJI Phantom 4 Pro V2.0の詳細はコチラ

気軽に4K撮影をするなら
Mavic Air

DJIの折りたたみ式ドローンMAVIC AIRは、コートのポケットにも楽に入る驚きのコンパクトさです。折りたたんだ時はわずか16cmと、女性の手のひらにも収まるサイズ。機体の重量も430gと、リュックやカバンに入れて気軽に持ち運ぶことができます。キャンプやアウトドア好きの方におすすめのドローンです

手のひらに収まるコンパクトさにも関わらず、4K撮影ができるのがMAVIC  AIRの最大の魅力です。

3軸ジンバル搭載でブレの少ない美しい映像を撮影することができます。また「スマートキャプチャー」機能を使用すればジェスチャーでドローンを操作することができます。ハンドジェスチャーで感覚的にドローン操作をできるため、初心者の方でも簡単に美しい撮影をすることが可能。

距離感の調整もできて、単独やグループでのセルフィ―撮影もできます。MAVIC AIRの動画撮影のインテリジェント機能にはロケット/ドローニー/サークル/ヘリックス(螺旋)/アステロイド(小惑星)/ブーメランと、6種類のクイックショットも搭載。構図を考えなくても、タップ一つでプロのような魅力的な映像を仕上げることが可能です

▼DJI Mavic Airの詳細はコチラ

▼Mavic2シリーズFly Moreキットはコチラ

199gの空撮ドローン
Mavic Mini

200g以上のドローンは航空法の規制により飛行できる場所が限られています。また、日本においてドローンの安全な制度設計への取り組みにより、機体情報の事前登録も間も無く義務化されます。

しかし、Mavic Miniの重量は200g以下である199gであるため、航空法では「模型飛行機」に分類。そのため自由に飛ばせる範囲も広く、日本を含めた多くの国や地域でドローンの機体情報を登録することなく、空撮を楽しむことができます。

Mavic Miniはアームが折りたたみ式のため、非常にコンパクトに持ち運ぶことができます。折りたためば、タテ140mm×ヨコ82mm×57mmになるため、カバンはもちろんポケットに入れて気軽に持ち歩くことができます。その重量とサイズはiPhpneXRとほぼ同じサイズ。スマホ感覚で持ち運べる、非常に優れた携帯性を持つ空撮ドローンです。

こんなに軽いのに、1/2.3インチCMOSセンサーを搭載。最大で1200万画素の写真撮影や、2.7K動画撮影にも対応しています。3軸ジンバルも搭載しているため、ブレの無い美しい空撮が可能です。

▼DJI Mavic Miniの詳細はコチラ

▼Mavic2シリーズFly Moreキットはコチラ


編集後記

今回の記事ではDJIシリーズのおすすめドローンを、プロ向け、セミプロ向け、初心者向けと3モデルご紹介しました。そのいずれもが高画質な空撮ができるモデルです。この記事が、ドローン購入に迷われている方のお買い物の参考になれば幸いです。

★ドローンを購入するならコチラ★




2020.01.16