DJI OM4、本当にブレない??進化した高性能スマホ用ジンバル使ってみた!【レビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


手持ちのスマホで本格的な動画が撮りたい、という時におすすめなのがスマホジンバルです。

そんなスマホジンバルの中でもおすすめなのがDJIの新型「OM4」。
マグネット着脱式で簡単かつスムーズにスマートフォン撮影をアップグレードできる製品として注目を集めています。

こちらの記事ではDJI OM4を実際に使ってみたレビューをしました。
前作のOsmo Mobile3とのスペック比較やOM4に搭載された機能紹介もしています。

この記事がお買い物の際の参考になると幸いです。

DJI OM4の仕様は?Osmo Mobile3と比較

DJIの新製品「OM4」の気になるスペックを、Osmo Mobile3と比較できる形で表にしました。

新製品の発売以降、DJIのジンバルの名前が「Osmo Mobile」から「OM」と簡略化されました。

では、新製品「OM4」と「Osmo Mobile3」の違いを3つの項目に分けて説明していきます。

DJI OM4 と Osmo Mobileどっちが良い?比較ポイント3

1.デザイン性

Osmo Mobile3発売時に特にユーザーに注目されたのが「折りたたみ式」デザインです。
このデザインになったことで、持ち運びが簡単になり日常使いしやすいジンバルが誕生しました。

OM4では、さらに磁石でスマホに簡単に着脱ができる、マグネット式クイックリリースデザインが採用されています。
これにより数秒でセットアップが可能になり、撮影までの手順がよりシンプルになりました。

このデザインは、DJIのエンジニアが「ジンバルを使っていかに素早く撮影を始められるか」ということにこだわって開発したことで誕生したと言われています。

またOM4は、Osmo Mobile3に比べて軽量化されているのもポイントです。
そのため長時間撮影の負担が軽減され、快適に使うことができます。

マグネットデザインが実際にどのように機能するかについては、後ほどレビューします。

2.対応スマートフォン重量

Osmo Mobile3と比較して、OM4はモーターが強力でパワフルになりました。
より重いスマートフォンでもしっかり固定することができるため、安心して撮影に臨めます。

3.スタビライザー

OM4とOsmoMobile3は、どちらも同じ3軸ジンバルを搭載しています。
3軸ジンバルとは、3つの軸でカメラの動きを安定させることができるジンバルのことです。

これにより、手ブレのない綺麗な映像を撮ることができます。
例えば、公園を走る、ダンスをするなど、撮影者や被写体が激しく動いてもブレずに滑らかな映像撮影が可能です。

撮影中にデバイスが動く心配をする必要が減るので、出先で動画を撮影したいときなどにも最適です。

DJI OM4の搭載機能

OM4に搭載されている機能の特徴について説明します。

1.ActiveTrack 3.0

Active Track(アクティブトラック)とは、スマートな認識技術と高精度のトラッキングで被写体を撮影する機能のことです。

OM4では、「ActiveTrack 3.0」として機能が搭載されており、従来よりも被写体を自然にトレースすることができます。
追従性の精度が上がっているだけでなく、被写体も人物からペットまで幅広く捉えることができるようになっており、かなり充実しているといえます。

2.DynamicZoom

DynamicZoom(ダイナミックズーム)とは、ズームと位置を自動で変化させて映像の画角をスムーズに変化させる機能のことをいいます
映画でよく使われるズーム撮影で、ヒッチコック効果と呼ばれることもあります。

OM4では、このDynamicZoomをスマートフォンで撮影するためのサポート機能が搭載されています。

3.分身パノラマ

分身パノラマは、一回の撮影で複数回被写体を登場させた写真を撮ることができる機能です。
異なる場所で異なったポージングができるように、各ショットの間に一時停止することでパノラマショットを作成します。

複雑な操作はいらず、機能を使うだけで独創的な写真を撮ることができるのが魅力です。

4.ジェスチャーコントロール

ジェスチャーコントロールは、簡単なジェスチャーをするだけで写真や動画を撮ることができます。
自撮りや集合写真のときに活用するのがおすすめです。

5.タイムラプス

DJI OM4では、タイムラプス・モーションラプス・ハイパーラプスを使うことができます。

タイムラプスは、長時間の静止画撮影をベースに高速再生する動画を生成する機能です。夕陽の撮影などに使うといいでしょう。

モーションラプスは、タイムラプスにカメラの動きを加えることができ、賑やかな街を上空から撮影するのに向いています

ハイパーラプスでは、ジンバルとカメラを使って移動している間にタイムラプス動画を撮影します。ハイキングや散歩など日常場面や、旅先での風景を撮るときに使うのがおすすめです。

6.3×3パノラマ

3×3パノラマとは、9枚の画像を超広角に合成して撮影する機能のことをいいます。
後処理などはいらず、モード選択をするだけで3×3パノラマを簡単につくることができます。

7.240°パノラマ

被写体をワイドにとらえる240°のパノラマ画像を撮影できます。

8.スピンショット

スピンショットは、ビデオをキャプチャしながらスマホを回転させる機能のことです。
歩いているときやスポーツをしているときなど、クリエイティブな瞬間を記録するときに使うとより印象的な動画を撮ることができるでしょう。

9.スローモーション

DJI OM4のスローモーション機能は、鳥の羽ばたきや料理をしている最中の様子など、滑らかなディティールで瞬間を捉えて映像を撮ることができます

DJI OM4レビュー

ここからは実際に筆者がOM4を使用したレビューになります。OM4の使い方も合わせて解説しているので、購入を検討されている方はもちろん、これから使用されるという方もぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

DJI OM4レビュー1.付属品(アクセサリー)について

OM4の付属品を並べてみました。
先ほど説明したように、OM4では「磁気クランプ」や「磁気リングホルダー」があるのがポイントです。

■磁気クランプ

DJI OM4の中心にはスマートフォンをしっかり保持する超軽量の磁気クランプがあります。

こちらの磁気クランプや磁気リングホルダーをスマホの背面に装着して、DJI OM4についているクランプに接着させることで撮影準備を済ませることができます。

磁器リングホルダーは、携帯電話のスタンド用ホルダーとしても機能します。

磁気クランプを携帯に取り付けるとこのようになります。
スマートフォンの下からスルッと簡単に取り付けることができます。

DJI OM4にとりつけるとこのようになります。

クランプのロゴの向きと、DJI OM4のクランプにあるロゴの向きが一致するように取り付けるようにするのがポイントです。
向きがずれていると、撮影するためにアプリを起動させて機器とスマートフォンとを接続する動作がうまくいかないので注意しましょう。

■磁気リングホルダー

磁気リングホルダーは、粘着式のテープでスマートフォンに直接貼り付ける仕様になっています。
そのためスマートフォンの中心を捉えなければならず、そのためにこちらのシートを使います。

シート上にリングホルダーの取り付け方が図解されているので、これを参考にすると簡単に取り付けが完了します。

スマートフォンの背面に直接貼った磁気リングホルダーをDJI OM4と接着させるとこのようになります。
ピタッと一瞬でセットできました。

磁力が非常に強くすぐ取り付けることができ、ちょっとやそっとの力じゃ外れないほど強力なので、撮影中にスマートフォンが地面に落下する・・・という心配もいりません。

ただしスマートフォンに予め磁気リングホルダーを装着しておく必要があります。
またスマートフォンケースに装着すると、ジンバルの機能が低下する恐れがあるので注意しましょう。

このようにスマートフォンに直接装着しておかないといけないため、普段使いするときにリングホルダーは不要だという方にはあまり向いていません。

DJI OM4レビュー2.撮影前にアプリをダウンロード

撮影前に「DJI Mimo」というアプリをダウンロードしておきましょう。
アプリのダウンロードと一緒にアカウント作成も忘れずに。

DJIアカウントを作らないとアプリが使えません。
またWi-Fi環境下でないと作れないので、OM4を使う前にダウンロードとアカウント作成を済ませておくことをおすすめします。

ダウンロードはこちらから

DJI OM4レビュー3.撮影

スマートフォンの装着とアプリのダウンロード、そしてDJIアカウントの作成が完了したら、いよいよ撮影です!

撮影までの手順は次の通りです。

  1. DJI OM4の電源オン
  2. スマートフォンでBluetoothを有効にし、DJI MimoのOM4から始まる名前のデバイスに接続
    ※DJI Mimoを初めて使用する際は、DJI OM4をアクティベーションする必要があります。手順にしたがってアクティベーションを行いましょう。アクティベーションにはDJIアカウントへのログイン/登録が必要です。
  3. アクティベーションの完了後、カメラビューが起動
  4. 赤いシャッター/録画ボタンを押して撮影スタート

 

DJI OM4の電源を入れてもスマートフォンが水平にならない場合は、以下の方法を試してみてください。

  1. スマートフォンがジンバルに正しく取り付けられているか確認してください。
  2. ジンバル自動キャリブレーションを実行してください。
  3. DJI Mimoアプリで水平ジンバル調整を実行してください。

 

電源/Mボタンを2回押すと、ランドスケープ(横向き)とポートレート(縦向き)の切り替えができます。

撮影した映像をSNSにアップする場合、SNSの種類によって最適な動画のサイズは異なります。
一つのガジェットでスマートフォンの向きを切り替えて安定した映像が撮れるのは非常に便利です。

ジョイスティックを使うとカメラの向きを変えることができます。

録画開始後、少し歩いてみたり、ジョイスティックを使ったりしながらスマートフォンで撮影した動画はこちらです。

動いても、カメラを動かしても手ブレがなく非常にスムーズな映像になっています。

でこぼこしている道を歩きながらの撮影もこのように滑らかに見ることができます。

▼DJI OM4のご購入はこちら

ジンバルとは?iPhone用からドローンまでオススメ10選!DJI、Zhiyunなどの人気メーカーも紹介!!

編集後記

実際に使ってみて、持ち運びとスマートフォンの装着が非常に楽にできたのが印象的でした。公園のなかの風景を撮影しましたが、手ブレがないこともあり、普通の日常をドラマティックに残すことができ、ひとつ持っておけば様々なシーンで活躍すると感じました。

撮影した動画をアプリの機能を使って簡単にクリエイティブな映像に編集できるのも嬉しいポイント。日常もOM4を使用すれば綺麗に記録できるので、VLOG撮影をされたい方にとてもおすすめな製品です。

気になる方は是非、購入検討してみてください!





2021.01.27