DJI MAVIC MINIが初めてのドローンにおすすめなポイント5つ!飛行の際の注意点も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


昨年秋にDJIより発売されたDJI MAVIC MINI。そのコンパクトなビジュアルに搭載されたハイスペックな機能はたちまち話題になりました。今回の記事では大人気ドローンMAVIC MINIの魅力を徹底解説!おすすめポイントを5つにしぼってご紹介していきます。

MAVIC MINIがおすすめなポイント5つ

機体重量199gで航空法の規制外

200g以上のドローンは航空法の規制により飛ばせる場所が限られています。また、ドローンの安全な制度設計への取り組みにより、機体情報の事前登録が間も無く義務化されるという情報も。

MAVIC MINIの重量は200g以下である199gであるため、航空法では「模型飛行機」に分類されます。そのため自由に飛ばせる範囲が広く、日本を含めた多くの国や地域でドローンの機体情報を登録することなく飛行させることができます。

折りたたみ式で非常にコンパクト

MAVIC MINIはアームが折りたたみ式のため非常にコンパクトに持ち運ぶことができます。折りたためば、タテ140mm×ヨコ82mm×57mmになるので、カバンはもちろんポケットに入れて持ち運ぶこともできます。その重量とサイズはiPhoneXRとほぼ同サイズ。スマホ感覚で持ち運べる、非常に優れた携帯性を持つカメラ付きドローンです。

高性能なカメラを搭載

コンパクトなMAVIC MINIですが、そのカメラ性能は決して侮れません。同じDJIシリーズのMAVIC AIR(105,820円)、MAVIC 2 ZOOM(165,000円)と同じ1/2.3インチCMOSセンサーを搭載しています。最大で1200万画素の写真撮影や、2.7K動画撮影にも対応。

そして3軸モーター搭載のジンバルが、カメラに高い安定性をプラスしてくれるため、ブレを気にせずに鮮明かつなめらかな映像を撮影することができます。

クイックショットを使用すれば簡単に美しい映像に

MAVIC MINIは様々な特殊効果を自動で撮影してくれる、4パターンのクイックショット機能を搭載しています。この機能により、ドローンを初めて操縦される方でも簡単にクリエイティブな映像を撮影することができます。

サークル

一定の高度と一定の距離から、被写体の周囲を回りながら撮影してくれます。

ヘリックス

被写体のまわりをうず巻きのように旋回しながら上昇していく撮影モードです。

 

ドローニー

被写体をとらえた状態で、後方に引きながらさらに上昇していきます。

ロケット

カメラを真下に向け、被写体をとらえたまま上昇していく撮影モードです。

初心者でも安全な充実の安全機能

MAVIC MINIは下方ビジョン検知システムとGPSレシーバーを搭載屋内外を問わずに誰でも正確なホバリングができるため、初心者でも安心して飛行させることができます。フライモアコンボセットを購入すれば、360°プロペラガードが付いてくるため、全方位を完全に保護しながら空撮を楽しむことができます。

さらに緊急時には離陸店へ自動に戻る自動帰還モード(RTH)飛行禁止区域を回避するためのジオフェンスなども搭載しています。Wi-Fi伝送信号による安定した制御とHDライブ配信により、クリアな視界と安全な飛行性能を提供してくれます。

アプリ内のフライトチュートリアルを利用すれば、飛行について学ぶこともでき、初心者パイロットにおすすめの基本操作を行うポジション(P)モード、経験豊富なパイロットに向けたスポーツ(S)モードなど、操縦者の技術に応じて飛行モードを選べるのも嬉しいポイントです。

200g未満のドローンを飛ばす際の規制

DJI MAVIC MINIのような小型ドローンにも適用されるルールがあります。

航空法以外にもドローンを飛ばす際に対象となる規制をまとめました。

小型無人機等飛行禁止法

皇居、最高裁判所、国会議事堂などの国の重要施設の周囲300mはドローンを飛ばせません。

電波法

「技術基準適合証明(技適マーク)」を受けていないドローンを飛ばす場合は、無線局の開局免許状を取得しなければなりません。輸入品のドローンは技適マークがついていないものもありますので、都度確認が必要です。

自治体の条例

例に挙げると、東京都が所有する都立公園ではドローンを飛ばすことができません。この例のように各自治体の条例でドローンを規制していることがあります。ドローンを飛ばす際は都度、条例を確認しましょう。

プライバシー権の侵害、肖像権の侵害、個人情報保護法違反など

ドローンで空撮をした時に第三者の顔や、あるいは第三者の部屋の中といったものが映り込んだ場合、容易にSNSなどでアップしないように気をつけましょう。

個人が特定できてしまう情報を空から撮影してしまった場合は、プライバシー権や肖像権の侵害、個人情報保護法などに該当する恐れがあります。このほかにも、河川法、道路交通法、文化財保護法といった法律から、空港や海上、河川区域の規制なども注意が必要です。

編集後記

DJI MAVIC MINIは200g未満のため扱いやすく、手軽に空撮を楽しめる人気の高いドローンです。空撮ができるカメラ付きドローンの購入を検討されている方は、まずはMAVIC MINIを手にとってみてはいかがでしょうか。ドローン飛行の際はご紹介しております飛行ルールに注意して安全にドローンを楽しみましょう。




2020.06.11