DJIがMAVIC AIR 2 発売!気になる機能を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


コンシューマー向けドローン最大手メーカーであるDJIが4月28日に4K/60p撮影に対応する新ドローン「MAVIC AIR 2」を発表しました。DJIはすでに予約受付を開始しており、5月21日からの出荷を予定しているとのことです。今回の記事ではMAVIC AIR 2の気になる機能を徹底解説していきます!

初心者〜中級者におすすめの空撮入門ドローン

DJIの人気ドローンMAVIC AIRを最新アップデートしたのが、今回発表されたMAVIC AIR  2です。MAVIC AIRは折りたたみ式でコンパクトなサイズ感ながら4Kの高画質な撮影ができるとあって「初めての空撮ドローン」として非常に高い人気を誇るモデルでした。

今回発表されたMAVIC AIR 2は、前モデルと比較してどの様に進化したのでしょうか?

カメラ性能が格段に上がった

1/2型、1,200万画素のCMOSセンサーを搭載し、4K(3,840×2,160)/60pまでの撮影に対応しています。ビットレートは120Mbpsまでサポートし、1080/120pの4倍スローモーションや、1080/240pの8倍スローモーション撮影でまるで映画の中のワンシーンの様な空撮ができます。

8Kでのハイパーラプス動画も撮影可能に。さらに、撮影後の複雑な後処理作業は不要。フリー/サークル/コースロック/ウェイポイントからモードを一つ選び、撮影場所を選択すれば、残りの作業はDJI Flyアプリが行ってくれます。

細部まで鮮明な撮影ができるので自然の風景を美しく空撮することができます。

撮影機能が格段に上がった

MAVIC AIR 2には新機能であるスマートフォトを搭載。これはシーン認識/ハイパーライト/HDRを1つのモードに統合した機能で、撮影したいシーンに合わせて最適な効果を得ることができます。シーン認識は様々なカメラパラメーターをそれぞれのシーンに合わせて最適化しており、夕焼け/空/草地/雪/森林の5つのカテゴリーのインテリジェント認識機能に対応しています。

また、DJI製品の中で最先端のパノラマモードを搭載。より広いダイナミックレンジを実現しており、鮮明な色合いを忠実に再現してくれます。3軸モーター搭載ジンバルでカメラのブレを補正。スムーズで滑らかな撮影を可能にしています。

プロレベルの映像撮影を簡単に

フォーカストラックを使えばプロレベルの映像撮影が手軽に行えます。Active Track 3.0/Spotlight/POI 3.0といった、使いやすいインテリジェント トラッキングモードで構成されています。

最先端のDJI アクティブトラック技術により、障害物を避けながら、かつてないほどスムーズに被写体を追いかけまてくれるこの機能。誘導機能が進化し、見失った被写体もより迅速かつ正確に予測できるため、たとえ被写体が木の背後を移動したとしても、被写体をフレームの中心に捉え続けます。

クイックショットを使って、映画のようなビデオクリップを自動で撮影することも可能。数回タップするだけで、MAVIC AIR 2は複雑な飛行ルートを計画して飛ぶことができます。使いやすいストーリーテンプレートで音楽、エフェクト、フィルターを追加して、自分の作品をSNSで直接共有することも可能。初心者の方でもMAVIC AIR 2なら簡単にプロの様な美しい作品をシェアすることができます。

迫力ある映像を、安全に撮影できる

OcuSync 2.0で最大10 kmの動画伝送距離を達成。1080p FHD解像度の映像をドローンカメラから直接ライブ配信できます。MAVIC AIR 2は、2.4/5.8GHzデュアル周波数帯通信に対応。リアルタイムで干渉が少ないチャンネルに自動で切り替わります。これにより、厳しい環境でも機体の対干渉性が大幅に向上し、より安全な飛行が可能になります。

は前方/後方/下方の3方向で周囲の状況を認識することができ、補助ライトで視認性も向上しました。ビジョンセンサー、赤外線センサー、補助ライトが、ビジョンポジショニング、安全な着陸と空中での視認性をサポート。手動でオン/オフの切り替えが可能です。

最大飛行時間はさらに長く

最大34分のバッテリー駆動時間により、理想の瞬間を捉えるまで、飛行を続けられます。また、スポーツモードでは最大68 km/hの高速飛行で、躍動感のある映像を撮影できます。

折りたたみドローンのコンパクトさはそのままに

折りたたんだ状態でのサイズは97×180×84mm(幅×奥行き×高さ)、展開時は253×183×77mm(同)。これは初代MAVIC AIRの83×168×4の9mm(同)、184×168×64mm(同)よりも大きくなっています。

重量も570gと、従来のMAVIC AIRno430gよりも重くなってはいるものの、折りたたみ式でコンパクトさはそのままに大きく重くなった分、性能は格段に上がりました。

105,600円〜購入可能!


パワフルさと機能性を兼ね備え、格段に進化したMAVIC AIR 2。コンパクトなボディに多数の機能を搭載しています。

DJIは4月28日から予約受付を開始しており、5月21日から出荷を予定しています。標準パッケージの価格は105,600円(税込)、ショルダーバッグ、NDフィルター、充電ハブ、バッテリー3個を同梱した「Fly Moreコンボ」は132,000円(税込)です。

2020.04.30