DJI、パワフルな産業用ドローンMavic 2 Enterprise Advancedを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Mavic 2 Enterprise Advancedを発表

Mavic2 Enterprise Advancedは、最先端のサーマルカメラ技術や、RTKモジュールによるcmレベルの測位精度を搭載している高性能な産業用ドローンです。インフラ点検や人命救助の際にコスト削減や作業効率をあげるとしてドローンの利活用が注目されている今、複雑な検査や操作において迅速に問題箇所を把握し、最適なプランを作成できる最新ドローンとして登場しました。

進化したセンサーでパワフルな映像技術を実現

640×512ピクセルのHD解像度サーマルカメラと、1/2インチCMOSセンサーを搭載した48MPビジュアルカメラを特徴とした進化したデュアルセンサーにより、現場の対象を迅速に把握します。

サーマルカメラは30Hzフレームレートと±2°Cの温度測定精度に対応。パイロットは、プロジェクトのニーズによって、ビジュアル、サーマル、分割ビューに切り替えて、フィードを確認することができます。

Mavic 2 Enterprise Advancedは、安全な距離を保ちながら、HD画像や4K動画を撮影することができ、高解像度カメラセンサーは32倍デジタルズームと16倍サーマルズームに対応しています。オペレーターは、ドローン空撮だからこそ実現できる詳細な点検を実行することができます。

cmレベルでの正確性を誇る測位システム

DJI Mavic 2 Enterprise Advancedには、DJI RTKモジュールを搭載することで、cmレベルの精度を実現。NTRIP(インターネットを介してDGPSデータを配信するためのプロトコル)に対応し、簡易点検も可能です。

オペレーターは最大240個の経由点を作成でき、複雑な環境でも、自動で綿密な点検ミッションを遂行できます。Mavic 2 Enterprise Advancedは1分以内でセットアップし離陸することが可能で、また上昇下降速度が高速化されたため、複雑な作業環境でも効率的に業務を行うことができます。

※RTKモジュールは別売り

モジュラー設計でミッション生産性が向上

Mavic 2 Enterprise Advancedには、下記アクセサリーが同梱されています。

スポットライト (輝度2,400ルーメン)
スピーカー (最大出力音量100デシベル)
ビーコン (4.8 km先からでも目視可能な明るいストロボライトを搭載)
DJI スマート送信機 (5.5インチ1080pの超高輝度ディスプレイを搭載)

価格と販売時期

販売価格:未定
販売時期:2021年4月以降発売予定です

Apple Music





2021.01.09