DJI FPVを楽しもう!ドローンレースチーム監督に、魅力を直撃取材!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DJIより2021年3月2日に発売された新型FPVドローン『DJI FPV』。

FPV初心者の方でも、FPV操縦を比較的簡単に楽しむことができる、DJI史上初の統合型FPVドローンです。

本記事ではドローンレースチームJAPRADAR様に撮影等のご協力いただき「DJI FPV」をレビューします。DJI FPVの魅力についてもお話を伺いましたので、ご購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

JAPRADARとは

『JAPRADAR』はメディアでも活躍中の、中学生プロドローンレーサー「上関風雅選手」が所属するドローンレーシングチームです。ドローンレースだけではなく、ドローンレース用のバッテリーやフレームなどの商品開発・販売やドローンを使った空撮などの事業も展開しています。

日本発のブランドとして今最も注目されているドローンレース・フリースタイル空撮など、 パイロットの技術と鍛錬の末に巻き起こる感動と楽しさを世界に発信していくことを目的として活動を行っています。

DJI FPVとは?

DJI FPVコンボ(機体・FPVゴーグル・コントローラー)

「FPV」とは「First Person View(一人称視点)」の略です。ドローンに高性能カメラを搭載し、FPVゴーグルに映像を伝送、操縦者はゴーグルの映像を見ながら鳥の様な視点でドローンを操縦することができます。

なかなか初心者は手を出しづらいFPV操縦でしたが、『DJI FPV』は初心者の方でも比較的簡単にFPV操縦を楽しむことができると、発売と同時に話題のドローンとなりました。
2.3インチCMOSセンサーの1200万画素カメラをドローンに搭載し、低遅延で高解像度なドローン映像を伝送できる、DJI独自のO3伝送技術を搭載しています。

別売りのオプションでモーションコントローラーも登場。片手の動きだけで機体を操作できるため、ドローン初心者の方でも簡単に操作することができます。(※操作性が非常に良く、取り扱いには十分注意が必要です。後ほどレビュー記載。)

従来のFPVドローンはレーサー自身が組み立てを行っていましたが、この『DJI FPV』は初めからシステムが構築されているため、初心者には取り扱いが難しいとされていたFPVドローンのハードルを下げることにも成功しています。

販売価格は以下のとおりです。

  • DJI FPV コンボ:154,000円(税込)
  • DJI FPV Fly Moreキット:33,000円(税込)
  • モーションコントローラー:17,600円(税込)

DJI FPVを操縦しよう

DJI FPVを飛ばします。飛行の際の注意点として、DJI FPVを屋外でゴーグルを装着し操縦する場合、航空法における目視外飛行に該当します。そのため、飛行の際は国土交通省に飛行申請を行い、飛行の許可・承認を取得したのち飛行させましょう。

ホバリングも非常に安定しており、フライトモードもN(ノーマル)モード、M(マニュアル)モード、S(スポーツ)モードと自らのスキルに合わせて選択することが可能です。

S(スポーツ)モードでは、最大速度15m/sという高速スピードを楽しむことができ、M(マニュアル)モードではマイクロドローンのような、ゆっくりと動きながらの撮影も可能です。

M/S/Nモード

「初心者でも直感的にFPV操縦をできるところがDJI FPVの大きな魅力です。簡単すぎて怖くなるほどで、DJIの持つ技術力の高さが、ここまでFPV操縦のハードルを下げることを可能にしたと思います。」(上関監督)

また、DJI FPV Goggles V2をいくつか持っていれば、写真の様にFPV映像を複数人で楽しむことも可能です。

4K/60fpsの撮影に対応しており、FPVドローンでありながらも他のDJI製品に劣らない空撮映像が撮影できるところも、DJI FPVの特筆すべきポイントです。

また従来のFPVドローンは全てマニュアル操作で、ずっと指先で調節をしなければドローンが墜落してしまうなどの恐れがありました。DJI FPVはN(ノーマル)モードであれば、自動でホバリングしてくれるなど、DJIならではの安定性能も大きなポイントです。

またジンバルが搭載されているため、従来のFPVドローンでは不可能であった、飛行しながらカメラの方向を自由に変えることもできます。

「DJIの機体だからこそ実現できる飛行安定性と、アクロバットで自由な飛行性能を兼ね備える、FPVドローンの決定版ですね。」(上関監督)

DJI FPVの楽しみ方は様々

今回、最も驚いたのがDJIモーションコントローラーの操作性です。高度なテクニックなどは必要なく、まるでゲーム機のように感覚的にドローンを操縦することができます。

あまりにも操作感度が良いので、慣れるまでは経験者の方に補助をしてもらいながら操作することをおすすめします。

また、DJI フライトシミュレーターでFPV操縦の飛行練習をすることもできます。リアルで臨場感あるシミュレーターは、ドローンを飛ばせない日でもお家の中で操縦練習が可能です。

DJI FPVを楽しむ前に

DJI FPVは従来のFPV操縦に必須であった「アマチュア無線技士」の資格は不要です。電波法免許は他のDJIドローンと同様、不要であるところもFPV操縦のハードルを下げた大きな要因です。

しかし、屋外でゴーグルを装着しDJI FPVを飛行する場合は目視外飛行許可・承認申請は必須。国土交通省の許可承認を取得してから飛行させるようにしましょう。

また審査に時間を要する場合もあるため、飛行開始予定日の10開庁日前〜それ以上、できる限り余裕を持って申請するようにしましょう。飛行申請は郵送とオンラインの二通りあります。

郵送で申請する場合

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書(様式)〔word形式〕

word書類をダウンロードし、必要事項を記入、国土交通省の申請窓口に郵送しましょう。審査完了後の許可証の郵送を希望する場合は返信用封筒を用意し、普通郵便分の切手と簡易書留分を貼り、郵送しましょう

申請書を作成する際のチェックリストは下記リンクです。

申請書の作成要領及びチェックリスト

オンライン申請する場合

オンライン申請サービスDIPSを利用しましょう。サイトにログイン後の申請手順は下記リンクを参考に進めてください。

DJI FPVの目視外飛行申請におけるQ&A

同時リリースのDJIモーションコントローラー

片手の動きだけで『DJI FPV』を制御できる画期的なモーションコントローラー。こちらは別売のアクセサリーです。

重量 167 g
動作周波数 2.400~2.4835 GHz、5.725~5.850 GHz (日本:2.4GHz帯のみ)
最大動画伝送距離(電波干渉および障害物のない環境) 10 km (FCC)、6 km (CE/SRRC/MIC(日本))
出力(EIRP) 2.4 GHz: ≤28.5 dBm (FCC)、≤20 dBm(CE/SRRC/MIC(日本))
5.8 GHz: ≤31.5 dBm (FCC)≤19 dBm (SRRC), ≤14 dBm (CE)
動作環境温度 -10°C ~ 40℃
バッテリー駆動時間 5時間
互換性 DJI FPV ドローン

 

同梱品は?

DJI FPV コンボの同梱品は以下のとおり

・DJI FPV x1
・DJI FPV インテリジェント フライトバッテリー x1
・DJI FPV プロペラ×4
・DJI FPV ジンバル プロテクター x1
・DJI FPV トップシェル x1
・DJI FPV 送信機 2 x1
・DJI FPV コントロールスティック(予備) x 2(ペア)
・DJI FPV Goggles V2 x1
・DJI FPV Goggles  (デュアルバンド) x 4
・DJI FPV Goggles バッテリー x1
・DJI FPV Goggles 電源ケーブル (USB-C) x1
・DJI FPV Goggles ヘッドバンド x1
・DJI FPV Goggles フォームバッド x1
・DJI FPV AC 電源アダプター x1
・DJI FPV AC 電源ケーブル x1
・USB-C データケーブル x1
・USB-C OTG ケーブル x1

どこで買える?

2021年3月2日より発売を開始しています。ご購入はDJI公式ストアVIVA DRONE STOREで!

DJI FPV 商品仕様

機体

■サイズ
255×312×127 mm(プロペラあり)
178×232×127 mm(プロペラなし)

■重量
約795 g

■最大上昇速度
Mモード:無制限
Sモード:15 m/s
Nモード:8 m/s

■最大下降速度
Mモード:無制限
Sモード:10 m/s
Nモード:5 m/s

■最大速度
140 km/h、Mモード:39 m/s (中国本土では27 m/s)
Sモード:27 m/s
Nモード:15 m/s

■最大加速度
2秒で0 km/hから100 km/hに到達(理想的な条件下で、Mモードで飛行中の場合)

■最大飛行時間
20分(無風で40 km/hの速度で飛行時に測定)

■最大ホバリング時間
約16分(無風環境下で飛行時に測定)

■最大飛行距離
16.8 km(無風環境下で飛行時に測定)

■最大風圧抵抗
39〜49 km/h

■対応SDカード
microSD(最大256GB)

■最大飛行距離
16.8 km(無風環境下で飛行時に測定)

カメラ

■センサー
1/2.3インチCMOS有効画素数:1200万画素

■レンズ
FOV: 150°
35 mm判換算:14.66 mm
絞り:F2.8
フォーカスモード:固定焦点
フォーカス範囲:0.6m〜∞

■最大静止画サイズ
3840×2160

■動画解像度
4K:3840×2160 @ 50/60fps
FHD:1920×1080 @ 50/60/100/120fps

■動画 最大ビットレート
120 Mbps

ジンバル

■機械的可動範囲
チルト:-65° ~ 70°

■操作可能範囲
チルト:-50° ~ 58°

■スタビライズ機構
単軸(チルト)、電子式ロール軸

■最大操作速度
60°/秒

■電子式ロール軸
利用可能(機体の傾きが10°以内の時、映像を安定化)

動画伝送

■動作周波数
2.400〜2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可)

■ライブビューモード
低遅延モード:810p/120fps ≤ 28ms
高品質モード:810p/60fps ≤ 40ms

■動画 最大ビットレート
50 Mbps

■伝送範囲
10 km (FCC)、6 km (CE)、6 km (SRRC)、6 km (MIC(日本))

 

 





2021.06.16