無料で入れる?DJI無償付帯賠償責任保険を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


『ドローンを人にぶつけて怪我をさせてしまった』『買ったばかりのドローンを壊してしまった』など、ドローンを飛ばしていると思わぬアクシデントを起こす可能性があります。特に、ドローンをぶつけてしまった場合は、機体の大きさや飛行速度、飛行環境などによっては人や建物を傷つけてしまうほどの大事故にも繋がりかねません。

そんな時、賠償責任や機体の修理代などをカバーしてくれる“ドローン保険”に入っておくと、もしものアクシデントの時に心強い味方になってくれます。

DJIドローン購入者は無料の保険に入れる

DJIのドローンを購入された方は、1年間無料の保険に加入できることをご存知でしょうか?

DJIのドローン購入者は『DJI無償付帯賠償責任保険』という保険に1年間無料で加入することができます。この『DJI無償付帯賠償責任保険』について、詳しく解説していきたいと思います。

ドローンの保険プランは2種類ある

『DJI無償付帯賠償責任保険』は『限定利用プラン』と『標準プラン』の2種類があります。ここからは2つのプランの違いについて解説していきます。

限定利用プランとは

対象個人(※法人や個人事業主は対象外)
支払限度額1億円(対人事故+対物事故)
免責金額0円
示談交渉サービスあり
補償期間登録完了から1年間

限定利用プランは、個人を対象とした保険です。もし、購入したドローンでリースサービスなどを行いたいとお考えの個人事業主様や法人企業様は対象外となるので注意が必要です。

ドローンが人や建物にぶつかってしまった際のドローンの対人事故・対物事故を最大1億円まで保障してくれます。また、保険適用の際の自己負担金額は0円。加えて、示談となった場合も保険会社が被害者との示談交渉をしてくれます。

しかし、この限定利用プランはドローンで撮影した映像をYouTubeなどのSNSにアップするのであれば、適用されません。『限定利用プラン』は個人向けの保険プランであるため、ドローンのビジネス利用は適用外。

撮影した映像をインターネットにアップする行為は保険会社ではビジネス利用と見なされるため、利益が発生していなかったとしても該当します。ドローンで撮影した映像をSNSなどにアップしたいとお考えの方は次のプランに加入することをオススメします。

標準プランとは

対象個人事業主/法人
支払い限度額対人事故1億円/対物事故5,000万円
免責金額5万円
示談交渉サービスあり
補償期間登録完了から1年間

『標準プラン』は個人事業主と法人を対象とした保険です。対人事故は1億円、対物事故は5,000万円まで補償してくれます。

こちらのプランでは保険を適用する際の免責額は5万円となっており、こちらは自己負担になります。しかし『限定利用プラン』とは異なり、こちらの保険では撮影した映像をYouTubeなどのSNSにアップしても保険が適用されます。

個人利用の方でも、撮影した映像をSNSにアップしたいとお考えの方は、こちらの『限定プラン』に加入しましょう。

DJI無償付帯賠償責任保険の加入方法

ここからは『DJI無償付帯賠償責任保険』の加入方法を解説していきます。

①シリアル番号を確認する

DJIのドローンには、それぞれ製品番号(シリアル番号/SN)があります。

14桁の英数字からなるもので、書いてある場所は機種によって異なりますが、多くは本体のバッテリーを入れる場所の付近にあります。DJIのドローンは下記の表のような法則でシリアルナンバーが割り振られています。

Mavic 2 Pro「163」始まりの14桁の英数字
Mavic 2 Zoom「0M6」始まりの14桁の英数字
Mavic Air「0K1」始まりの14桁の英数字
Mavic Pro/Platinum「08Q」始まりの14桁の英数字
Tello「0TQ」始まりの14桁の英数字
Spark「0AS」始まりの14桁の英数字
Phantom 4「07D」始まりの14桁の英数字
Phantom 4 Pro「0AX」もしくは189始まりの14桁の英数字
INSPIRE 2「09Y」始まりの14桁の英数字

②エアロエントリーのサイトにアクセスする

製品番号を確認したら『DJI無償付帯賠償責任保険』を提供している、エアロエントリー株式会社のサイトにアクセスしましょう。

下にスクロールしていくと『DJI無償付帯賠償責任保険』の登録画面が。

プランを選び、必要事項を登録しましょう。完了画面が表示されれば『DJI無償付帯賠償責任保険』の加入手続きは終了です。入力内容に誤りや不備が合った際には確認作業としてメールや電話が来る場合があります。

2年目からの保険はどうする?

今回ご紹介したDJIの無料で加入できるドローン保険『DJI無償付帯賠償責任保険』は、1年間のみ有効です。2年目以降は有料のプランでエアロエントリ、または他社のドローン保険に加入しましょう。

また、今回ご紹介した『DJI無償付帯賠償責任保険』は対人・対物の事故の際に適用される保険であり、ドローン本体が故障した際の補償を求めるのであれば、ドローン本体にかける機体保険への加入が必要です。

ドローン保険に関する記事は下記リンクからご覧いただけます。

【おすすめドローン保険】エアロエントリーDJI【個人・法人】

編集後記

もしもの時に心強い味方になってくれるドローン保険。DJI製品であれば、無料で対人・対物の補償をしてくれるので、DJIのドローンを購入された方は必ず加入することをオススメします。ドローンで撮影した映像をインターネットにアップされたい方は、加入プランのみご注意をお願いいたします。




2020.04.21