クリスマスプレゼントにおすすめ!DJI最新ガジェット5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


クリスマスももう目前!この時期、楽しみなのがクリスマスプレゼントです。今回の記事ではコンシューマー向けドローンやカメラ、ロボット製品の開発を行っていることで有名なDJIのおすすめ製品をピックアップ!クリスマスにプレゼントすれば、年末年始のお休みが何十倍も楽しくなる、高性能ガジェットをご紹介します。

人気No.1ドローン
DJI Mavic Mini

今年の11月に発売されたばかりのDJIの最新カメラ付きドローン【DJI Mavic Mini】

「これまでドローンに縁がなかった人にも気軽に使える」がコンセプトのこのドローンは、コンパクトなビジュアルに搭載されたハイクオリティーな性能が発売と同時にたちまち話題になりました。

キャンプやアウトドア好きの方からも人気のドローン。今まで興味はあったけどなかなか手を出しづらい…と思っていた人でもMavic Miniなら安心の操作性の良さと扱いやすさです。Mavic Miniは200gに満たない199gのため、航空法では「模型飛行機」に分類されます。そのため、多くの国や地域でドローンの機体情報を登録する事なく気軽に飛行させることができます。

非常にコンパクトながら、高いカメラ性能を搭載しているのが人気の秘密です。Mavic AirやMavic 2 Zoomと同じサイズの1/2.3インチCMOSセンサーを搭載しているため、最大で1200万画素の写真撮影と、2.7K動画に対応しています。さらに3軸モーター搭載のジンバルで、ブレの無い美しいカメラ撮影を実現。

どんな人にもおすすめできる、非常に扱いやすい空撮ドローン。誰にプレゼントしても喜んでもらえること間違いなしの、2019年大本命のカメラ付きドローンです。

▼DJI Mavic Miniの詳細はコチラ

お洒落なVlogを撮るなら!
Osmo Pocket

DJI史上最小の3軸スタビライザーを搭載した、4K撮影ができる高性能でコンパクトなハンディカメラです。手のひらサイズでポケットやバッグからさっと取り出すことができるため、いつでもどこでも、撮りたい瞬間に撮影することができます。DJI Mimoアプリを使用すれば、クリエイティブな自動撮影・編集が簡単にでき、SNS投稿にぴったり!

大人気youTuberやVlogerがこのOsmoPocketを使用して動画撮影する姿を続々と公開。パワー級のインフルエンス力を持つ動画配信者からも信頼を得ている小型カメラとあって、発売から1年が経った今でも引き続きDJIの人気商品として注目されています。

手の中にしっかりと収まるサイズ感なのに4K撮影ができるため、圧倒的な高クオリティで写真や映像を撮影できます。OsmoPocketさえあれば、大きなカメラは必要ないのでは?と思うくらい、一眼レフと見劣りしない美しい静止画や映像撮影が可能です。

通常のカメラでモーションラプス撮影をするには他に必要な機材を揃えたりと、費用も手間もかかりますが、OsmoPocketなら1台でモーションラプス機能を取り入れた魅力的な映像を簡単に撮影することができます。

また、片手で撮影→編集→アップまでがすぐにできるため、OsmoPocketさえあれば美しい映像を、簡単にSNSなどに投稿することができます。年末年始の旅行で重宝すること間違いなしです!

▼DJI Osmo Pocketの詳細はコチラ

30fpsHD映像が撮影できる
DJI Osmo Action

自撮りディスプレイ付きアクションカメラ『Osmo Action』HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影機能が搭載されており、この機能を使用すれば、明るい場所は白飛びしづらく、暗い場所は黒つぶれしにくい、高画質な映像撮影が可能です。

水深11mまで潜ることができる防水機能も搭載しているため、海などでのレジャーシーンでも使用できます

Osmo Actionは4K動画撮影に加え、8倍スローモーションなどのエフェクトも楽しむことができます。4K撮中に手ぶれ補正機能を使用できるため気になるブレをすぐに修正できます。

OsmoActionの最大のポイントが自撮り用のデュアルディスプレイが埋め込まれているところ本体前面に1.4インチのディスプレイを搭載していて、カメラアングルを確認しながらの自撮り撮影ができます。

自撮りでの動画撮影や、ビデオブログなどの撮影で重宝するアクションカメラどの世代の方にも喜ばれること間違いなしのおすすめガジェットです。

▼DJI Osmo Actio0nの詳細はコチラ

4Kで空撮をしたいなら
DJI Mavic Air

DJIの折りたたみ式ドローンMAVIC AIRは、コートのポケットにも楽に入る驚きのコンパクトさです。折りたたんだ時はわずか16cmと、女性の手のひらにも収まるサイズ。機体の重量も430gと、リュックやカバンに入れて気軽に持ち運ぶことができます。キャンプやアウトドア好きの方へのプレゼントにぴったりのドローンです

手のひらに収まるコンパクトさにも関わらず、4K撮影ができるのがMAVIC  AIRの最大の魅力です

3軸ジンバル搭載でブレの少ない美しい映像を撮影することができます。また「スマートキャプチャー」機能を使用すればジェスチャーでドローンを操作することができます。ハンドジェスチャーで感覚的にドローン操作をできるため、初心者の方でも簡単に美しい撮影をすることができます。

距離感の調整もできて、単独やグループでのセルフィ―撮影も可能。直感的に操作できるから、大切な思い出や記録を美しい映像や写真で残すことができます。

MAVIC AIRの動画撮影のインテリジェント機能にはロケット/ドローニー/サークル/ヘリックス(螺旋)/アステロイド(小惑星)/ブーメランと、6種類のクイックショットも搭載。構図を考えなくても、タップ一つでプロのような映像を仕上げることが可能です。

▼DJI Mavic Airの詳細はコチラ

プログラミングを楽しく学べる
RoboMaster S1

今年の夏に発売されたばかりの地上走行ロボット「RoboMaster S1」。これは世界規模のロボット大会から生まれた、バトルゲームからプログラミングを学べる、DJIが初めて発表した教育型ロボットです。発売から想像以上の反響があり、秋頃まで売り切れ状態が続いていました。

このRoboMasterはプログラミング可能な部品が45個、AIと連携する部品が6個あり、低遅延のFPV(一人称視点)での操作が可能というモンスタースペック。専用のゲル弾を打ち出す砲身を備えバトルモードが楽しめるので、おもちゃ的な要素もありつつも、ロボット教育の入り口として用意された「スマートハードウェア」として位置づけられる存在です。

ロボット同士でたたかうバトルモードも搭載。対戦相手の本体を認識し、プログラムに基づいて独自の操作を実行することが可能です。更に高度な動きをさせたい場合は、Scratch 3.0やPython上でのコーディングを通じて、独自の機能をプログラミングできます。

持ち主のプログラミング次第でそれぞれが違う動きをするため、ゲーム感覚で、楽しみながらプログラミングを学ぶことができます。

▼RoboMaster S1の詳細はコチラ

編集後記

今回の記事ではクリスマスプレゼントにおすすめなDJI製品5選をご紹介しました!年末年始のお休みが100パーセント楽しくなる最新ガジェットばかり。この冬は子供から大人まで一緒に楽しめるDJI製品で、家族やお友達と充実した冬休みをお過ごしください。

★クリスマスプレゼントを選ぶなら★




2019.12.22