DJI Air 2Sの決め手は伝送機能?!高性能ドローンを詳細レビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DJIが2021年4月に発売した5.4K動画対応の新型ドローン「DJI Air 2S」。前モデルのMavic Air 2よりカメラや飛行性能が大幅に向上されました。

本記事ではドローンレースチームJAPRADAR様に撮影等のご協力いただき「DJI Air 2S」をレビューします。この記事が、DJI Air 2Sの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

JAPRADARとは

『JAPRADAR』はメディアでも活躍中の、中学生プロドローンレーサー「上関風雅選手」が所属するドローンレーシングチームです。ドローンレースだけではなく、ドローンレース用のバッテリーやフレームなどの商品開発・販売やドローンを使った空撮などの事業も展開しています。

日本発のブランドとして今最も注目されているドローンレース・フリースタイル空撮など、 パイロットの技術と鍛錬の末に巻き起こる感動と楽しさを世界に発信していくことを目的として活動を行っています。

前モデルMavic Air 2との違いは?

まずは前モデルMavic Airr 2とDJI Air 2Sの違いをスペック表にまとめました。

カメラ性能が進化

カメラセンサーのサイズが1/2インチから1インチに進化しました。

ピクセルサイズは2.4μmと大きくなり、非常に鮮明な写真や動画を撮影できるようになりました。さらに、5.4K/30fpsおよび4K/60fpsの動画を最大ビットレート150Mbpsで撮影が可能となりました。

後述比較をしますが、静止画の最大解像度は20MPと前モデルより下がりましたが、DJI Air 2Sの方がセンサーが大きくなったため、画質が低下することなく性能は向上しています。

伝送システムが進化

伝送システムはOcuSync 2.0から、O3(OcuSync 3.0)に進化しました。JAPRADAR上関監督と話をする中で、ドローンオペレータ視点でのDJI Air 2Sの一番の進化ポイントは、この伝送システムにあると伺いました。

O3はDJI FPVにも搭載されている伝送システムですが、通信の方式が変わったことでよりスムーズに、より安心して撮影ができるようになりました。

伝送システムによる変化は大きく、Air2とAir 2Sの絶対的な違いであると言えます。操縦者からすると、映像伝送に遅延があり被写体がカクカクしてしまうと思い通りの撮影ができません。遅延が無くスムーズに動いてくれた方が圧倒的に撮影しやすいです。」(上関監督)

目視街飛行をする際に「映像伝送のスピード」はとても重要な要素です。ここがスムーズであればあるほど、安全で直感的な操作が可能になります。

フォーカストラックモードが進化

フォーカストラックモード(被写体追尾機能)が「ActiveTrack 3.0」から「ActiveTrack 4.0」に進化しました。実際にこちらのモードで撮影してみましたが、天候が不安定だったこともあり、今回は撮影を中断しました。

撮影中は実際にドローンが被写体を認識し、追尾撮影をしてくれましたが、安全だと思い込み手放しで楽しむというには少し危険であると感じました。

周りに危険要素の無い、広大な土地で撮影する際は問題なく楽しむことができると思います。障害物がある場所でのドローンの自律飛行においては、今後のDJIのテクノロジー開発に期待を込めたいです。

新機能 マスターショットが追加

DJI Air 2Sの新機能であるマスターショットで撮影をしました。この機能は、ドローンが自動で飛行経路を計画し、近距離/ランドスケープ/ポートレートの3種類から映像撮影モードを自動選択し空撮を開始するものです。

撮影後はDJI FlyアプリでBGMをつけたり加工することが可能で、撮影した映像をすぐにSNSで共有することができます。

DJI Air 2S 画質はどう変わった?

DJI Air 2Sで5K撮影をしてみました。微細な箇所までくっきりと撮影できています。

Mavic Air 2 の映像と比較してみると、より目に映った映像そのままに撮影できています。映像伝送が速くなったことから、DJI Air 2Sの方がよりスムーズな空撮を可能にしています。

DJI Care Refreshに対応

水没、衝突、機体紛失などをカバーする包括的な保証プラン「DJI Care Refresh」。「DJI Air 2S」でも利用が可能。

DJI Care Refresh(1年版)は1年間に最大2回まで特別価格で製品交換ができ、内1回を飛行紛失保証として利用できます。(2年版は、2年間に最大3回までの本体交換サービスの内2回が飛行紛失保証利用可)

その他専用テクニカルサポート、無料の往復配送料などのサービス特典も含まれ、2 年版のプランでは通常 1 年間のメーカー保証を 2 年間まで延長するサービスも適用。

「DJI Air 2S Fly More コンボ」には、DJI Care Refresh (1 年版)が付属されていますが、2年版を選択することはできません。製品のアクティベート時に、DJI Care Refresh が自動的に製品と紐付けされます。 

<関連記事>

・DJIがCare Refreshに新特典「飛行紛失保証」を追加!

同梱品は?

DJI Air 2S スタンダード版

DJI Air 2S、送信機、バッテリー1個、必要なケーブルや部品一式などが含まれています。

DJI Air 2S Fly more コンボ

スタンダード版の同梱品に加え、バッテリー二個、NDフィルター、充電ハブ、ショルダーバッグ、DJI Care Refresh(1年版)が含まれています。

DJI Air 2S 商品仕様

重量 595 g
サイズ 折りたたんだ状態:
180×97×77 mm(長さ×幅×高さ)
展開時:
183×253×77 mm(長さ×幅×高さ)
最大飛行時間(無風) 31分
最大ホバリング時間(無風) 30分
内部ストレージ 8 GB
カメラセンサー 1インチCMOS
有効画素数:20 MP、2.4μm ピクセルサイズ
カメラレンズ FOV:88°
AF、35mm判換算:22 mm
絞り:F2.8
推奨撮影範囲:0.6 m~∞
静止画サイズ 20 MP
5472×3648 (3:2)
5472×3078 (16:9)
静止画モード シングルショット:20 MP
バーストショット:20 MP(連続バースト撮影)
オート露出ブラケット(AEB):20 MP、3/5枚(0.7EVステップ)
タイマー:20 MP、2/3/5/7/10/15/20/30/60 秒
スマートフォト(HDR撮影とハイパーライト含む):20 MP
HDRパノラマ:
垂直 (3×1):3328×8000(幅×高さ)
ワイド (3×3):8000×6144(幅×高さ)
180° (3×7):8192×3500(幅×高さ)
スフィア (3×8+1):8192×4096(幅×高さ)
JPEG/DNG (RAW)
動画解像度 5.4K:5472×3078 @ 24/25/30 fps
4K Ultra HD:3840×2160 @ 24/25/30/48/50/60 fps
2.7K:2688×1512 @ 24/25/30/48/50/60 fps
FHD:1920×1080 @ 24/25/30/48/50/60/120 fps
MP4/MOV (H.264/MPEG-4 AVC、H.265/HEVC)
動画 最大ビットレート 150 Mbps
デジタルズーム 10ビット動画や120fps動画を撮影中は、ズーム撮影できません。
4K/30fps:4倍、2.7K/60fps:4倍、2.7K/30fps:6倍
1080p/60fps:6倍、1080p/30fps:8倍
ジンバル スタビライズ機構 3軸 (チルト、ロール、パン)
伝送システム O3
4アンテナ 2T4R
最大伝送距離 12 km(FCC)、8 km(CE)
8 km(SRRC)、8 km (MIC(日本))

 

 





2021.06.10