Mavic-Air-dji-store

爽快&ド迫力!ロケット打ち上げシーンのドローン空撮映像がスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

砂漠で打ち上げられた自作ロケットの空撮

出典(Source):GoPro: Experimental Rockets to 30,000 Feet、以下同じ

ド迫力の自作ロケット発射シーン

最高速度マッハ2.5で高度9000メートルまで飛ぶ自作ロケット。もっとも大きいものでは約15メートルにもなるという、本格的な機体が次々と打ち上げられる様子を地上と空から収めた迫力の映像がYouTubeで公開中されています。発射台の間近に置いたGoProの映像や、発射の瞬間を上空から見られるドローン空撮など、見ごたえタップリのシーンをスタイリッシュに編集した動画は必見です!

GoPro: Experimental Rockets to 30,000 Feet – YouTube

 GoPro & ドローンが捉えたハイクオリティな映像

今回の映像にまとめられているのは『スペース・ポート・アメリカ・カップ』という大会。世界中から自作ロケットやモデルロケット愛好家や研究者、学生が集まるイベントです。

自作ロケット愛好家の集合写真

開催地はアメリカのニューメキシコ州にある砂漠。人がいない広大な土地があるからこそ、ロケットの打ち上げが可能になるというわけです。

自作ロケットの打ち上げ大会の会場はニューメキシコ

自作のロケットを射場に担いで持ち込む参加者たち。

自作ロケットを運ぶ参加者

発射台にセットされるロケット。

発射台にセットされる自作ロケット

こちらは比較的小さいロケットですが、エンジニアはフェイス・プロテクターや手袋を装着していることから、シリアスな作業であることがうかがえます。火薬や燃料を取り扱うので慎重にならざるを得ない様です。

発射を待つ自作ロケット

会場の様子をドローンで空撮するとこんな感じ。

自作ロケット打ち上げ大会の会場の空撮

物見やぐらのようなテントがあり、ここから発射をコントロールしているようです。

展望台から自作ロケットの発射を見守る人々

発射を待つ3台のロケット。

発射を待つ3台のロケット

打ち上げの直前、エンジンに火が入ります。

エンジンに点火された自作ロケット

「FIRE(ファイア)」と書かれているのが発射ボタンです。

自作ロケットの発射ボタン

発射の瞬間を上から見ると、地面の砂ぼこりの勢いでエンジンのパワーがよくわかります。

自作ロケット打ち上げの瞬間を上からみた様子

発射台の間近で撮影した映像。

自作ロケットが煙を巻き上げながら空に飛び立つ様子のクローズアップ

自作ロケットを離れた場所から空撮した様子は以下の通り。

ドローン空撮で見る自作ロケット打ち上げの瞬間

ものすごい勢いでロケットが飛んで行きます。

ドローン空撮で見る自作ロケット打ち上げの瞬間、少しロケットの高度が上がった所

ロケットに装着したGoProが捉えた映像。

自作ロケットに取り付けられたGoProで撮影した映像、離陸直後

凄まじい加速で、一瞬のうちに地面が遠ざかります。

自作ロケットに取り付けられたGoProで撮影した映像、高度が上がった状態

太陽をバックに大空へ向かうロケット。

離れた場所から空撮された映像を見ると、このイベントのスケールの大きさがまざまざと感じられます。

遠くから見た自作ロケット発射の瞬間

ロケットが次々と打ち上げられる様は迫力じゅうぶん。

空撮でみる自作ロケット打ち上げの様子

発射後、ロケットの一部はパラシュートを開いて地上に戻ってきます。

パラシュートを開いて落下する自作ロケットの一部

編集後記

打ち上げ以外のシーンを含む2017のイベントの様子を収めた映像は以下でご覧いただけます。

2017 Spaceport America Cup – YouTube

なお、次回の『スペース・ポート・アメリカ・カップ』は2018年の6月19〜23日にかけて開催予定とのことです。

『Osmo Pocket 』登場!


<Osmo Pocket>

3軸ジンバル登載、4K動画が撮れる小型手持ちカメラ!


» DJI Osmo Pockeを公式ストアでチェック!


DJI Osmo Pocket



<コチラも注目!>


» DJI Mavic 2シリーズをDJI公式ストアでチェック!



» Osmo Mobile 2をDJI公式ストアでチェック!


» Mavic AirをDJI公式ストアでチェック!


» Phantom 4 Pro V2をDJI公式ストアでチェック!


公式DJIストアをチェック!