Dispo(ディスポ)とは?「今」を楽しむ、新世代写真SNSの特徴や使い方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

次世代写真SNSアプリ「Dispo(ディスポ)」がネットを中心に話題になっています。

Instagramのように使用する招待制の写真SNSで、現在はβ版が配信されており、利用可能人数の上限である1万人を超えてしまったことで現在は招待を受けても利用することができなくなっています。

シリコンバレーや米国のテクノロジー業界を中心に驚異的な速さでバズり、日本でも2月に入りベンチャー界隈を中心に話題になっています。

Dispo(ディスポ)とは?

https://www.instagram.com/davidsdisposable/

アプリ名であるDispo(ディスポ)とはDisposableの略で「使い捨て」という意味です。Disposable Camera=使い捨てカメラ/インスタントカメラから着想を得た写真SNSアプリです。

Dispo(ディスポ)は、1,800万人のチャンネル登録者数と77億回総再生数(2020年9月時点)を誇る人気YouTuber、David・Doblik(デイヴイッド・ドブリック)の会社が発表したプロダクト。

DavidのDispo専用Instagramアカウント開設を皮切りに、このアプリはたちまちネット上で話題になり、2020年1月にローンチ。現在は100万ダウンロードを超え、Appleストアでは人気ランキングトップにも入りました。

日本でのユーザーが激増?

2月14日以降、一気にユーザーが増えたことでβ版の利用可能上限数1万人を超え、現在は招待を受けてもアプリ利用ができなくなっています

Dispoの公式ツイートを見るに、日本のユーザーが一気に増えたことが要因かと言われています。

約4.2億円を調達

David・Doblikはアプリのローンチと同時に会社を設立。友人のキャピタリストやエンジニア、デザイナー、アーティストらを集め、2020年10月初旬には約4.2億円の資金調達にも成功。今後はアプリをより良くアップデートしていくとしています。

DispoはZ世代を中心に瞬く間に広がりを見せ、インフルエンサーが仲間を集めてプロダクトを開発し、会社をおこすという現代風の起業スタイルも注目を集めました。

Dispo(ディスポ)の特徴

写真は翌朝9時に見れる

Dispoはその名の通り、Disposable Camera=使い捨てカメラから着想を得ています。

Dispoが従来のSNSと一線を画しているところは「すぐに写真を見れない」ところ。Dispoで撮影した写真は翌朝の9時にならなければ見ることができません。

撮影できる写真も使い捨てカメラのように、狭いファインダー部分を覗いて撮影。フラッシュが強くたかれたようなレトロでエモい雰囲気の写真が撮影できます。

ロールがつくれる

Dispoの面白い機能のひとつが「ロール」です。例えば「お気にいりカフェ」「夜の街」など、テーマごとにカメラロールを作り、写真を入れていくことができます。

親しい人だけのプライベートなロールや、公的に誰でも自由に参加できるロールなど、思い出をみんなで共有することができます。ロールの中で多くの写真をアップした人はランキングで表示されます。

招待枠は20人

Dispoは招待制の写真SNSで、招待枠は1人20人です

記事公開時点では利用可能人数の上限を上回り、新たな参加ができなくなっています。

「今」を楽しむ写真SNSアプリ

Dispoは「映え」や「他人からの評価」を気にするのではなく「今を楽しむこと」を目的に開発されたアプリです。

「上手く撮影しよう」「綺麗に撮影しよう」という概念ではなく、その瞬間を大らかに楽しめるチルさが次世代写真SNSとしてZ世代を中心に受け入れられているようです。

SNSに疲れてしまった…という方も、Dispoならハマってしまうかも?今後どのように成長していくのか、注目の新世代SNSアプリです。





2021.02.20