中国の空飛ぶタクシーEhangがテスト飛行に成功 アメリカでの運用に向け一歩前進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

中国企業のEhang(イーハン)は、アメリカにて初となる空飛ぶタクシーの飛行テストを実施しました。同社の空飛ぶタクシーは、都市部の渋滞を緩和するのに役立つことが期待されています。

2人乗りの空飛ぶタクシー  

中国広州を拠点とするEhangが開発する空飛ぶタクシー「Ehang 216」は2人を乗せて、最高時速約130kmで飛行することができます。またドローンのように垂直に離陸/着陸ができるので飛行場が必要なく、狭い都市部での新しい交通手段としての利用が期待されています。

さらに自動運転技術を用いることで、パイロットが必要ないのも特徴。これにより、乗客を運ぶだけでなく、貨物を運搬するといった用途も想定されているのです。

飛行性能は実証済み

Ehangは中国にてすでに空飛ぶタクシーのテスト飛行を繰り返しており、さらに同国の広州では都市交通としての採用も発表されています。また、ヨーロッパでもテスト飛行を実施済みです。

そして今回、アメリカのノースカロライナ州にて実施されたテスト飛行では、試験場にて5分間の飛行に成功。招かれた関係者の中には、州知事のロイ・クーパー氏も含まれています。アメリカではFAA(連邦航空局)からの飛行許可を取得しており、今後はそのテストの規模を拡大する予定です。

今後は世界に展開へ

EhangはすでにアメリカのNASDAQへも上場しており、今後本格的に資金を集め、世界中でのサービス提供を目指しています。さらに機体を販売することで、他社による空飛ぶタクシーサービスの展開も後押しする予定なのです。

文/塚本直樹




2020.01.24