• カテゴリ一覧を見る

対話型AI「ChatGPT」とは?クリエイティブな魅力や使い方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ユーザーからのあらゆる質問へ雄弁かつ見事に回答してくれる対話型AI「ChatGPT」は、従来のAIモデルから派生したもので、チャット形式で利用するWeb上のアプリケーションです。2022年11月のリリース当初から注目されていましたが、2023年2月7日には全世界のユーザーが1億人を突破しています。

この記事では「ChatGPT」に注目し、魅力や使い方、気になるリスクについて解説します。

Apple Music

ChatGPTとは?

ChatGPTは、2022年11月末にOpenAI(人工知能やAI分野の研究開発を行う非営利団体)が発表した大型言語モデルと、このモデルを活用したチャットボット(自動会話プログラム)です。

ChatGPTのベースには、同社が開発したGPT-3.5(GPT-3の改良型)シリーズが使われています。

GPT-3.5は、何らかの文章を与えると、その文章の続きを予測するように学習させられているのが特徴です。このGPT-3.5に加え、実際にユーザーが使うことでのやり取りを、RLHF(人間のフィードバックを基にした強化学習)として蓄積される仕組みです。

ChatGPTは、エラーや不適切な事象データを収集することで学習機能による実効的なアップデートが行えるため、ユーザーに対してもChatGPTフィードバックコンテスト(賞金最大500ドル)を開催しています。

人間が特定の分野に興味や関心を持つように、ChatGPTはプログラミング関連の話題に強いことも分かっています。近いうちに、シンプルで定型的なプログラム作りなども行えるようになるかもしれません。

ChatGPTは、自然なレスポンスや使い勝手の良さもあり、日常で人間同士が行うような会話、問いかけにも違和感なく回答します。無機質で定型的な回答ではなく、血の通った人間の担当者とやり取りを行っているようなトーンの回答が得られます。

なお、ChatGPTが蓄積するデータは2021年までのため、2022年度以降に関連した合理的な回答は行えません。対応言語は英語や日本語、中国語やスペイン語などです。2023年2月現在、ChatGPTはテスト段階にあるため、ほとんどの機能が無料で利用できます。

ChatGPTができること

chatgpt

質問回答、情報検索、プログラミング(コード生成・ソースコード解説)、デバッグ(バグの発見)、文章要約や翻訳、ニュアンスの理解、英文添削、人生相談、占い、日付計算、各種作成(スケジュール・レシピ・レポート文章・ブログ・学習ロードマップ・歌詞や名称・パスワード・記事構成・テーマや企画概要・架空小説・日本語や英文の例文リスト・AIアートのプロンプトなど)、ディベートによる論点抽出、口調の変更

また、何か知りたい情報がある時は、検索エンジンにキーワードを入力してヒットしたサイトのページを閲覧していき、1つのサイトで不明点が残れば、また別のサイトを探すでしょう。ChatGPTは、代替の検索エンジン(情報検索)としても注目されているため、ChatGPTを使えば複数のサイトを訪問したのと同等の回答が得られるかもしれません。

※「GPT-3」 (Generative Pretrained Transformer-3)

※「RLHF」(Reinforcement Learning with Human Feedback)

Apple Music

ChatGPTの始め方

ここからは実際にChatGPTを始める流れを解説します。

1.OpenAIのページにアクセス

出典:https://openai.com/blog/chatgpt/

ChatGPTのページの左下にある「TRY ChatGPT」をクリックします。ページは英語表記のため、Chromeの拡張機能(Google Translate)を使って日本語表記に変更するとスムーズに内容を理解できるでしょう。

2.アカウント登録

chatgpt

出典:https://chat.openai.com/auth/login

「TRY ChatGPT」をクリックすると「Log in」「Sigh up」というアイコンが設置されているページに移るため、アカウントを登録するために「Sigh up」をクリックします。メールアドレスもしくはGoogleアカウント、Microsoftアカウントなどのログイン方法を選択し「Continue」、続く画面では名前を入力し「Continue」で進みます。

「コードを送る」の画面が表示されたら、携帯電話の電話番号を入力するとSMSで認証コードが届きます。コードを入力すると利用理由の選択画面になり、回答すればアカウント登録が完了します。なお、表示されるポップアップは「Next」を選択して先に進んでください。

Apple Music

ChatGPTの使い方

次は実際のChatGPTの操作方法を紹介します。流れは大きく3ステップなので、順を追って見ていきましょう。

出典:https://openai.com/blog/chatgpt/

  1. 作成したアカウントでログインを行い、上部の「Try it」をクリック。
  2. ページ下部にあるテキストボックスへ質問を入力。完了したらEnterキーもしくは紙飛行機マークをクリック。
  3. ChatGPTとの対話がスタート。ここから利用が可能となり、AIが質問への回答を提示してくれるようになります。

ChatGPTのリスク、注意点

優れた会話モデルを有するChatGPTですが、今はまだテスト段階であり、利用にはいくつかの注意点があります。主な注意点について見ていきましょう。

サイバー犯罪の脅威

ChatGPTに限らず、AIが悪用されることでサイバー犯罪を助長しているという報告もあります。これは、ChatGPTが悪意あるコード生成やフィッシング攻撃につながりかねない自然言語能力を有しているためです。

データ盗難による個人情報の不正利用、フィッシング、マルウェア、ポットネットなどに関しても、ChatGPTを悪用することで技術力の乏しいサイバー犯罪者を後押しするでしょう。

不正確な回答を生成する問題

ChatGPTの回答が優れているとはいえ、AIの欠点でもある誤った情報の提示や、意図しない回答の生成という大きな問題は解消されていません。虚偽があり不正確な内容であるにもかかわらず、説得力のある回答が生成されてしまうことがあるため、真偽のほどを確かめにくいのです。特に知識を問うような場合、回答には整合性があるだけのでたらめな内容であるというケースも生じています。

ChatGPTは、人間に害を加えかねない事柄を助長するような回答を行わないようにプログラムされています。しかし、偏った回答をしてしまう確率はゼロではありません。むやみに回答を信用せず、得られた回答が事実かフェイクであるかの最終判断は、やはり人間が行わなければならないでしょう。

どれほどAI技術が進歩しても、今後のサイバー犯罪へどのような影響を与えるかは不透明です。そのため、末端のユーザー自身がリスクを自覚し、できる限りの予防策を講じる姿勢が必要とされます。便利なAI技術を使いこなす方法を調べるとともに、適切なセキュリティ対策にも理解を深めるよう努めましょう。

Apple Music

編集後記

今回は多くの分野で注目されているChatGPTについて、主な特徴や利用開始までの流れ、注意点を解説しました。

何か分からないことがあれば自分で調べていた方も、ChatGPTで問いかけた方が速やかに回答が得られるというレビューもあります。今後の潜在的な価値の創出に向け、ChatGPTをこれからも注視していきたいところです。

ChatGPTのようなチャットボットの浸透に伴い一般ユーザーの知見が広がり、できることが増えると同時に、犯罪関連の「できること」も拡大してしまうのも事実です。今後ますますユーザーは自らの防衛措置・倫理観も高めていかなければなりません。

AIアートがコンテストで優勝。AIは芸術を変えるのか?

3D都市モデルPLATEAU(プラトー)とは?メリットやユースケースなどを徹底解説!

 

 

 

 





2023.02.21